第8回「『心』と『身体』の勉強会」にご参加の皆さま、おつかれさまでした

こんにちは、ONSA です。
過日コース終了の「PAY FORWARD(ご参加者のご感想)」を、ご紹介させてください。


ご参加「お仲間さん」の皆さま、本当におつかれさまでした。

ぎゅっと濃縮された、集中の時。
そんな時間の中からやってきた、気づきに満ちたメッセージを、お届けいたします。


画像

作ると人生が豊かになる人間関係のためには、「自分が自分を肯定している」ことが必要。

「自分はNOで相手はOK」ではいけない。
つまり、互いにOKという土台によって「相互依存」が成り立つのかもしれないと、自然とイメージがつながった。

これから目指していくのは、そのようなあたたかいつながりのほうが良い。
このことがとても自分に迫ってくるように感じた。
「共依存状態で生きることは、1%もおすすめできない」
このことを私は、改めて教えてもらった。

私が、私を搾取する人と関わっている間、私は自分のことを考える機会も持てないし、自己肯定だってできない。
つねに「お前の考えはおかしい」「わがままを言うな」「他人のために動け、働け」ということを強いられるから。


振り返れば、私はそれに気づかず、何十年と他人のために自分の時間やエネルギー、心を使い続けてきた。
それで目が覚めて、離れてみれば、私が尽くし続けてきた人たちが、私のために何かを返してくれることなんてなかった。

ただ私のとった行動に対し、眉をひそめただけ。

私は、誠意を尽くして奉仕した他人に、あっさりポイ捨てされたのだ。
残ったのは、ボロボロに傷んだ私の心と身体だけだった。
私は、私自身が思考の放棄をしているという自覚のないままに思考を放棄してきていたという事実にショックを受けました。
私は、思考放棄をしている。
その現実、現状を受け入れることは、私にとってとても苦痛だ。
できれば見ずに、いいことだけを考えて楽しく生きたい。

でも、直面しないことでひとときいい夢が見られても、結果として私を危険な目に合わせてしまったら?
結局、私は私を苦しい状況に追い込んでしまう。

だから苦しくても、しんどくても、私は「思考放棄」という私の現実に、まず直面する。
時間がかかっても逃げずに、咀嚼してゆく。
この世の、裏づけされている事実。
これを受け止める心の筋力を、私は持っていたいし、鍛えていきたい。

だってそれは全て、自分に関わりのあることだから。
命の問題だから。


「お仲間さん」の輝きは、少し未来の、あなたの姿かもしれません。
気になったらぜひ、ワークショップの扉を、ノックしてみてくださいね。


そして、これをお読みの、すべての方の時間が、素晴らしいものとなりますように。
すべての人生が、温かなものとなりますようにと、お祈りいたします。

ONSA

| ONSA(弊社)の各種ワークショップをご受講中の皆さまへ
皆さまの人生の時間を、共に大切にしながら歩ませていただくために、各種情報の読み込みや精査、新規の情報づくりに、より多くの時間を投下しております。
非常に時間を要する作業のため、公式ブログでのメッセージの頻度は、頻回でなくなっております。

その上で、いつでも「今ここ」のベストを考えながら、共に伴走しております。
安心してワークをお進めいただけましたら、幸いに思っております。
| ONSA(弊社)のワークショップが気になるお客様へ
ようこそ、ONSA へ。
「望む人生を作ってゆく」が気になる場合は、ぜひ、コースへのエントリーをお待ちしております。
ただいま受け持っているプログラムで、全員が全霊を尽くしております。そのため、受け身のままお待ちいただいても、弊社のほうではお手助けができず、あなた様の大切な時間ばかりが、過ぎてしまうこととなるかと思います。

重ねまして、気になることがございましたら、一度プログラムへお越しください。
お待ちしております。