ONSA WORKSHOP | 第4回「『心』と『身体』の勉強会」、ただいま参加申込受付中

ONSA WORKSHOP(対面式)の補講的存在、「『心』と『身体』の勉強会」。
ただいま、参加申込受付中です。


画像

開催の主旨 |

いわゆる「共依存」とは、別名「調節障害」とも呼ばれます。
何が「健康の範囲」なのか、度合いがよく、わからない。
「他の人のぶんまで、気遣って、責任を負ってしまう」
「すり切れるまで、がんばってしまう」
「我慢の限界まで、我慢してしまう」

結果、仕事や日常生活の中で、選択や行動の結果が、極端になってしまいます。

逆に言えば、これが起こっているとしたら、それは「共依存」のサイン。

「『心』と『身体』の勉強会」では、これらの現象を、理屈で学んでゆきます。


[第4回で扱う内容]

主に、39歳から52歳までのライフステージ。
大まかに言って、この年齢の期間に、周りの環境を通じて学ぶはずの「普通」「健康」を、理屈で学び直します。

ひるがえって今、自分に何が起こっているのかも、理解してゆきます。
以下の「健康な範囲」について、理屈で学んでゆきます |

・いわゆる未来(大きな意味での人生)に対する、「普通」「健康」
・自分自身の、生涯の自立について/自分の人生を守ること
・親子関係(自分の親)の未来に対する考え方の、「普通」「健康」
・親子関係(自分の子)の未来に対する考え方の、「普通」「健康」
(他)


どんな「子ども」も、この「健康の範囲」を、親から学ぶことで後天的に学習します。

かつて、学べなかったこと。
「今、学ぶこと」で、それらは、取り返してゆけます。


-

開催期日・ご参加条件等については、以下概要情報でご確認ください。





たくさんの、温かな「お仲間さん」と一緒に、集っています。
ぜひ、ONSA WORKSHOP の場でお会いしましょう。

ONSA