“私”と生きる |「インナーチャイルド・ワークショップ(後期日程)」ご参加「お仲間さん」のご感想

秋コース、ご参加「お仲間さん」の、生の声をお届けします。

「お仲間さん」の時間が、素敵なほうへと、刻々変化しています。
あなた様の時間にも、素敵なことが、たくさん起こりますように。


画像
私は、誰かにあたたかく包み込んでもらうことを欲しているんだと感じました。
私は、理解できない苦しみから逃れたくて、一生懸命努力してきた。
正しい(と言われている)考え、清い考えをかき集めて、必死でそれをやり続けた。
でもそれこそが、私の感覚を狂わせ、痛みを否認し、偽りの自分をつくるという、ますます苦しい状況に、私を追いやっていた。
私は親とも人とも、違ってていい。
違う気持ちや考えをもっていいし、無理に同じになろうとしなくていい。

私は、誰かのためには生きない。
私のために、生きる。
ようやくスタート地点に立った感じがします。
だけど、今までの歩みがあったからこその、今だと思う。

ここからが大変だけど、ようやく確かに現実を変えることに力を注げるんだとも思えます。
私は誰よりも自分の正直さと勇気を信じているから、それらをもって進めばきっと大丈夫。そう思える自分がいます。



たくさんの、温かな「お仲間さん」と一緒に、集っています。
ぜひ、ONSA WORKSHOP の場でお会いしましょう。

ONSA