“私”と生きる |「時間のためのちいさなワークショップ」ご参加「お仲間さん」のご感想

秋コース、ご参加「お仲間さん」の、生の声をお届けします。

夏の季節の向こうに、まだ見えぬ秋が、確実に待ち構えております。
そんな中、9月10月にワークショップ・クラスが行われます、ONSA WORKSHOP(対面式)秋開催のお知らせを申し上げます。
そんな中本日は、不動の入門コース・これを受けなければはじまらない、ONSA WORKSHOP(対面式)「時間のためのちいさなワークショップ」のご紹介。
実際にご参加をいただいた皆様の、ご感想の一部をお届けします。

画像
自分の一番の夢を大切にするのは、こんなにも力強い。
頼もしいなあと思います。
いろんな事をしなくても、一つの事から、どんどん広がっていく。
ひとつ見つけたら、またひとつ。
自分の時間が、はじめて立体的に見えました。
やったことは、『夢かな手帳』にも書かれていること。
でも、ワークショップで、いろんなことを感じながら「した」こと、
それが私にとって、すっごく大きく、意味のあることでした。

これ、体感しておいた方が絶対にいいと思います。
頭でなく、心と体で「自分の時間がどうなっているか」がわかることは
何にも勝る武器になるんだなって、思いました。
「出来ないものは出来ないよ。」と、手帳に言われているようで。
自分にムチを打つのではなく、自分を守るためのものになった感じがしました。
わかりやすいので、手帳を何度も開けて、確認するようになりました。
私は、「誰の100点」をとるような行動をするんじゃなくて
「私の中の100点」に近づくには、どうしたらいいかな? って考えて
それで行動すればいいんだ。
自分の時間をどう過ごすかは、わたしの人生への、わたしの責任だ。
そして、わたしの時間をどうするかは、わたしが決めることができる。
今までのものを手放して、本当の自分になること。とても怖いです。
でも、ワクワクしてきました。
深い深い場所に隠れていた「ワクワクの扉」を一緒に探してくださった藤沢さん、そして、その扉を「バーン!!」と安心して開けることが出来る温かい空間を作ってくださったクラスのみなさん、いつも陰で支えてくださっているスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

たくさんの、温かな「お仲間さん」と一緒に、お待ちしております。
ワークショップの場で、お会いしましょう。

ONSA

| 情報、こちらから受け取れます