“私”と生きる |「ONSA トラウマケア・セッション」ご参加「お仲間さん」のご感想

秋コース、ご参加「お仲間さん」の、生の声をお届けします。

夏の季節の向こうに、まだ見えぬ秋が、確実に待ち構えております。
そんな中、9月10月にワークショップ・クラスが行われます、ONSA WORKSHOP(対面式)秋開催のお知らせを申し上げます。
そんな中本日は、このセッションを受けることをひとつの目標にして、下準備を重ねていらっしゃる皆さまが多いコースのご紹介。
時間の大きな転換点、ONSA WORKSHOP(対面式)「ONSA トラウマケア・セッション」ご参加者様のご感想の一部をお届けします。

画像
なんだか、とても不思議な感じです。
そんなことを思う日が来るなんて想像もしていませんでした。とても楽になりました。軽いというか。
後ろ髪を引っ張られないような感じです。
ほんとうは、元から単なる過去の経験であって、手放してよかったものなのだけれども、なぜか自分で握りしめていたもの、大事に大事に、今の私につながらせていたもの、そういうものを本来の場所(過去)にちゃんと置いて来られた、そんな感じです。
私が私を守っている、そう感じられるようになりました。
これは、私にとってとても大きい変化です。
私が私と共にいる、そんな感覚があります。
よくわからない、気持ちの底がヒリヒリするような感覚にとらわれて、私が変化することを阻んでいたように感じます。今はそのヒリヒリする感覚は覚えているけど、もう痛みは感じなくて、現実的な対処をすれば良いのだ、と、ごみが落ちていたら拾って捨てる、くらいの意識になっています。

憑き物が落ちた、というか。
なんでこんなに変わっちゃったんでしょう。

たくさんの、温かな「お仲間さん」と一緒に、お待ちしております。
ワークショップの場で、お会いしましょう。

ONSA

| 情報、こちらから受け取れます