“わかった。できた” | ONSA WORKSHOP(対面式)春開催「だいだい会」。ご参加「お仲間さん」のご感想[6]

春だいだい会、ご参加「お仲間さん」の、生の声をお届けします。

1年のスタートにぴったりの、ワークショップがはじまります。
3月にワークショップ・クラス(「だいだい会」)が行われます、ONSA WORKSHOP(対面式)春開催のお知らせです。
そんな中本日は、ONSA WORKSHOP(対面式)「春の大準備&大勉強会」通称「春のだいだい会」の、ご参加者のご感想をお届けいたします。

画像
自分の持っているもの・持っていないものを「見える化」して、全体像を俯瞰できた。
客観的に、自分と自分の時間を見つめ直すことが出来た。
いつもは目の前の課題に必死で、中々長いスパンで考えることが出来ないから、貴重な機会だったんじゃないだろうか?
共依存について詳しく教えていただくことで、自分が何であるのか、私の母親が何であったかがとてもよくわかり整理できました。
「だからか!」と私の過去に起きたことの謎に、パズルのピースがはまっていきました。
気付くたびに荷物は降ろされるようで、どんどん軽くなっていきます。
私がこれからの方向として見ているのは、「基本」「基礎」「土台」です。
それさえちゃんとできれば私の人生ほとんど「良い」のではないかと思うくらい。
それだけでも十分幸せな人生が送れるんではないかと思ったのです。
私は、これだけのことを自分の意志でやってきたんだ、という
誇りや自信を得ることができました。

たくさんの、温かな「お仲間さん」と一緒に、お待ちしております。
ワークショップの場で、お会いしましょう。

ONSA

新刊 & 大定番 好評発売中 |
| 情報、こちらから受け取れます