“私”と生きる |「感情ワークショップ」ご参加「お仲間さん」のご感想

夏コース、ご参加「お仲間さん」の、生の声をお届けします。

今年も、この季節がまいりました。
6月7月にワークショップ・クラスが行われます、ONSA WORKSHOP(対面式)夏開催のお知らせです。

そんな中本日は、ONSA WORKSHOP(対面式)「感情ワークショップ」のご参加者様のご感想の一部を、お届けします。

画像
私の心が強く感じてること。
私の心の奥底でずっと思ってること。

「どうしたらいいかわからない」

私はずっと困惑と混乱の中にいることに気づきました。
私はずっと苦しかったです。
だって自分が何を望んでどこに行き、どうなりたいのか、さっぱり分からなくなってしまったから。
今までずいぶん感情を否定してきたから、感情を味方にして生きる生き方は慣れなくて、ちょっと怖いとも感じます。
でも不思議な安定感があります。
自然と自分の道が見えてくる予感がします。
思いっきり笑って泣いて、心から生きているという実感を、私は味わいたいです。
そして、その権利が私に十分あるのだということを教えていただいて、とても感謝しています。
「名づけることで、感情が形になる」という言葉が印象に残っています。
もやもやして何を感じているか分からないうちは解決できないけれど、感情が何か分かれば解決できるものに変わる。

私は、私の人生のかじ取りを自分で出来るようになりたいです。

うまく言葉にできない、心の「もやっ」「ぐるぐる」と向き合っている、ONSA WORKSHOP。
実は、「共依存」という見えない習慣と、向き合っています。

厳しくて緊張に満ちた人生から、温かくてホッとする人生へと、時間を変えるために......。

たくさんの、温かな「お仲間さん」と一緒に、集っています。
もしよければ、あなた様もぜひ、ワークショップの場でお会いしましょう。

ONSA