『夢かな手帳2017』シリーズ | 時間も、なかば。願いを書き続けていますか?

おはようございます、藤沢優月です。

どんな5月をお過ごしでしょうか。
晴れと雨が、めまぐるしく変わる頃。ものすごい勢いで、季節が移り変わってゆきますね。

画像

ところで、『夢かな手帳2017』シリーズに、15周年記念としてつけた、「時間の地図」。
こんな感じの、かわいい紙です。

画像

この「時間の地図」ですが、不思議なことが起こっています。
こんなお話を、ちょくちょく教えていただくのです。

「ただ、書くだけにしている」
「それなのに、けっこうかなう!」

……と。

そうそう、そうなのです。
書くだけで、けっこうかないます。

でもこれは、トンデモの類いではなくて、人の意識の問題。

意識は、まるで「てこの力」。
小さな動力でも、大きく波及してゆきます。
本当に小さなことでも、意識し続けることには、とても力がある。



私たちは日々、怒濤のように過ぎてゆく時間の中に、生きているでしょう?

さまざまなニュース。
すべきこと。
身の回りを整えるための、あれやこれや……。

こういったことにまぎれているうちに、
「こう生きたい!」
「こんな方向に、時間を進めたい!」
こんな決心は、ぼやんと曖昧になってしまう。


だからこそ、たとえば、時々きちんと思い出せるだけでも、ぜんぜん違う。
大きなことよりも、小刻みな方向確認の、積み重ね。
その方が、人生の航海は、時間のずれが少ないですね。


「ああ、私が行きたいのは、こっちの方向だった!」
そんなことが、時々思い出せるだけでも。時間の舵取りの精度が、がぜん上がってくる。


2017年の時間も、夏が見えてきました。
「もう、こんな時期か!」
と、愕然としたら。
ぜひ「時間の地図」を取り出して、書き込んでみてくださいね。

あなたの人生計画には、あなたご自身が幸せになることが、絶対に含まれている。
あなたにとってそれは、最重要ミッションに違いありませんから。


お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。