『夢かな手帳2018』シリーズ | 時間を愛する、手帳を愛する。2018年も、変わらず大切に

あらためまして、こんにちは
藤沢優月です。

どんな時間をお過ごしですか?

夏です。
そして、もうすぐ、正真正銘の夏休みが。
ひと足先に、学校の夏休みは始まり、街は混雑しはじめていますね。


そんな、光のピークの時間。
ちょっと、モノローグ(独白)的なことをお許しください。

私ですが、本当に、本当に、時間が好きなのです。
愛してます。

……なぜ?


文節区切りの線


たとえば、すごく単純なことなのだけれど……。

誰でも、自分なりの「アキレス腱」って、ありますよね。

私は、著者という仕事を開始して、さまざまな人に会うようになってから、いっそう、実感として知ってきたのですが……。
どんなに、「立派そう」に見える人でも、自分なりのアキレス腱を持たない人は、いない。


もちろん、コトの大小はあり、そして、人の悩みは決して、天秤に乗せて比べられない。
どちらが大きいとか、どちらのほうが重要とか、言えない。

それは、言葉をかえれば、こういう意味だと思う。
あなたのお悩みは、決して軽々しくはなくて、あなたの人生にとって、とても重要なテーマだということ。

そんな誰もが、自分なりのアキレス腱を抱きながら、今日も時間を送っている。
悔しい思いや、こだわってこだわって、どうしても抜けられないところ。
あきらめられないこと、悔やんでいること……。



文節区切りの線


そんな、あなたご自身のテーマ。
それに、あなたは延々と縛られている必要がない。
自由になれる。

キーワードは、時間。

時間をかけて、人生を愛おしむように大切にすると、「アキレス腱」は変えられる。


しかも、
「ダメだから、変える」
とか
「こんなんじゃいけないので、もっとちゃんとしなくては」
と、否定からはじまるのではなく、自分を癒す。

自分を理解ごとに、自分に対して、深い思いやりが持ててくる。
すると、世界が違って見えてくる。

それとシンクロするように、現実が、よくなる。
……安心して、笑顔で生きられるって、大切なことでしょ?



文節区切りの線


その資源として、とても貴重なものが、時間。
しかも、全員に無料で与えらえていて、どんな逆境からでも、逆転できる資源になる。

だから、私は時間が好き。
とても、愛している。


なぜなら、逆転できる資源が、
「これこれ、こういう額のお金がないと、人生をよくできないよ」
とか、
「立派な学歴や肩書き、過去や家族を持っていないと、よい人生は送れないよ」
なら、とても残酷でしょ?


そうではなく、時間は、空気と同じ。
誰にでも、平等にある。
 
そして、無料。
しかも、工夫次第で、なんとでもなる。



文節区切りの線


そんな、可能性いっぱいの「時間」。
そんな時間と、大切につきあうツールであるからこそ、私は手帳が大好き。

2018年も、時間を越える知恵と、インスピレーションをぎゅぎゅっと込めて、『夢かな手帳』シリーズを送り出しますね。



ちなみに、『夢かな手帳』シリーズの、第2回打ち合わせのもようです。
これは、まだ浅い春のこと。
編集者、デザイナーと私で、作戦会議中。

そして、作戦会議にはなぜかいつも、パクチーの影です。


| パクチーの刺激は、グッドアイディアのもと。

まだ、夏のピーク。
そして、2018年の足音が、少しずつ聞こえてきました。

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。