『夢かな手帳2018』シリーズ | 『夢かな手帳2018(red)』版の表紙は、ぜいたく進行中。

こんにちは、藤沢優月です。

『夢かな手帳』シリーズの、ニュース頻発の季節になりましたね。

しみじみ、1年はあっという間。
1日ずつを愛おしみながら、時間とつきあう大切さが、胸に迫る季節となりました。

そんな中本日は、『夢をかなえる人の手帳2018(red)』の表紙画像を、お届けします。

まいどながら、美しいです。

そして、事件発生中です。
何が事件かと申しますと、……ご覧ください。




| ん?


| あれ?


分かりましたか?

ちょっと、もう一度見てみよう。


| おっ?


| どうしたどうした?


そうです。
ぜいたくなことに、候補が2つあるのです!

利光さんが、候補を2点、わざわざ描いてくださいました。
「歴史ある『夢かな手帳』ですから、絶対によいものにしたいですよね」
と。

……ぜいたく作業!
そして、本当に感謝。


ちなみに、これをご覧の皆さまは、どちらが好き?
どっちが表紙になってくれたら、嬉しいですか?


もう、両面印刷にして欲しいですよね(笑)。



さあ。
ただいま、『夢かな手帳2018』の方は、こんな感じで進行中です。

red 版が1点、blue 版が1点。
red 版の表紙画像は、すでに決まっているよう。

どちらが来るのか、楽しみですね。
いずれにせよ、夢のように素敵な画でお目にかかれるのは、確実な感じとなりました。



そして……もう1点。
『夢をスタートする人の手帳』のご報告の件が、残っております。
こちらは、どんな感じになった?


キーワードは、これ。
「2018年は『改編の年』」。
次の記事を、お楽しみに!


お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。