『夢かな手帳2018』シリーズ |『夢をかなえる人の手帳』の書誌情報も、OPENです!

こんにちは、藤沢優月です。

1本前の記事では、『夢かな手帳』のかわいい妹版、『夢をスタートする人の手帳』の情報を、ご覧いただきました。
フフフ。
かわいいですね。

では、ということで、16年目の真打ち登場。
2018年度の『夢をかなえる人の手帳』は、どうなっているかな?


| 『夢かな手帳2018』青バージョンの表紙。藤沢の Mac 上から


| 紙出力で見ると、こんな感じでした。蝶々が、輝く満月に向かって飛んでゆきます


| イメージは「月の鏡」だそう


| 赤バージョンはなんと、候補が2つ!


| 微妙に違う、華やかさ。


| 藤沢 PC 上から見ると、こんな感じ。


| どちらの候補も、素敵です。


結論から申しますと、安定感ばつぐんで、お届けしております。

『夢かな手帳』も、おかげさまで、16年目。
長いことお使いいただいているユーザ様の使用感をリスペクトして、基本線は堅持です。

慣れたものって、やっぱり使いやすいし、愛着がありますよね。
それは、長年慣れ親しんだモノがなくなって、不自由を感じてみて、はじめて分かるような感覚。


 『夢をかなえる人の手帳2018』書誌ページへジャンプ
  * 別タブで OPENします
  * amazon での予約もスタートしております!

この「慣れ親しんだ感じ」をあてにして、『夢かな手帳』を、慣れたペースメーカーとして。そうやって、心地よい1年を組み立ててゆかれるユーザ様が、いっぱいいらっしゃる。

そのため、いいところは残し、私の考えのあるところは反映して、穏やかな変化で作りました。

表紙は、こんな感じになりました。
じゃん。


| おお、そっちが来たか!

おお、こっちが来たか! と思われる方もいらっしゃるかも。
このブログをご覧くださった皆さまは、どちらに来てほしかったですか?


ちなみに、プチニュースです。

シールが刷新しています!
ガリガリ使いたい人のために、面積を大きくして、シール数を増やしました。



| 面積も大きく。そして、ぷちぷちの数が、大幅増!

ニュースは、まだまだあります。
引き続き一緒に、このシーズンを楽しみましょうね!

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。
| 情報、こちらから受け取れます