『夢かな手帳2018』シリーズ | 新しい『夢かな手帳』スタートの時間!

こんにちは、藤沢優月です。

いよいよ、新しい『夢かな手帳』のページが、スタートですね。
正確にいえば、今週月曜日……10月30日から、『夢かな手帳2018』シリーズの新しいページがスタート。

そうして、スケジュール帳が1ページずつ、重なってゆく。
あなたの中の時間が、1年ごとに確実に、厚みを増してゆきます。


11月のはじまり、どんな時間をお過ごしですか?


| 今年も、この季節が来ましたよ!


著者は、と申しますと。
やっておりますよ〜、手帳の移行。

11月。
年末を前にして、いまだかろうじて、時間の流れが穏やかな時期。
この時間を使って、2018年の計画を、じっくり立てているのです。

11月は、いわば、大きな「灯台の時間」のようなものですね。

12月が近づいてくるにつれて、そんな時間なんて、どんどんなくなりますから。


そんな中、手前味噌ですが、手帳カバーにも秘密が。

長きにわたって愛用している手帳カバーを、新しい手帳に着せる時。

「1年という時間、がんばってくれて、ありがとうね」
そして、
「また新たな1年、よろしくね」
という気持ちが、同時に湧いてきます。



私は、革製品が大好きな、革熱病罹患者。
手帳カバーは、自社 ONSA Yukkuri Store の製品を使っています。
(重ねて、手前味噌で恐縮ですが、革の質がいいです!)

『夢かな手帳』シリーズに着せる手帳カバーは、私は立場上、2枚(以上!)持っている。運営している ONSA Yukkuri Store もまた、長いこと続いているので、コツコツ集めてきました。

……念のために申しますと、立場を利用して、タダでもらったりしているわけではないのよ。
私もまた、仕立ててくださる職人さんに敬意を払い、お金を払って、自社の革製品を買っています。


画像
| これも、持っている。「bisonte」シリーズの、「オレンジフラワー」。


画像
| これは、いい革! そして、高価な革。「Italia」シリーズの「ジェントルグレー」。


本当に、革製品が好き。
革をなでなでしたり、一緒に連れて出かけたり。

かたわらには、いつも『夢かな手帳』と、ONSA Yukkuri Store の本革手帳カバー。
1年という時間、手帳とぴったりくっついて……ついでに革製品ともくっついて、時間を送るのが好きなのです。

むふふ。


私の本革手帳カバーは、私が嬉しい時も、涙が出る時も、落ち込んだ時も、いつもの平凡な日常も、ぜんぶの時間を目撃してくれている、いわば「戦友」。
それゆえ、愛着が湧いて湧いて、しかたがない。

ですので、そんな手帳カバーに、
「今年も1年、よろしくね」
「前の1年間、ありがとう!」
と話しかけながら、カバーチェンジするする瞬間は、感無量。


革は、なでなですると、どんどんつやつやになってゆく。
まるで、愛情を素直に受けて、すくすく育ってゆくかのように。


革職人さんが、言っていました。
「革は、皮膚であり、もともと命ですから。だから、優しく触れることに、本能的な心地よさがありますよね」
と。


1年の時間を、満ち足りて過ごしたい。
できるだけ優しい気持ちで、過ごしたい。時間にもまた、支えられたい。

そんな時に、『夢かな手帳』シリーズも、それに合う本革手帳カバーも、私にとっては欠かせないもの。

そんな、1年に一度の、大切な儀式の瞬間を、今年も迎えました。



文節区切りの線


この連休、大きな「灯台の時間」の予定の方は、いらっしゃるでしょうか。
どうぞ、素敵な時間を。

お天気も、上がるもよう。
心が満ち足りる、楽しい時間をお過ごしくださいね。

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。