『夢かな手帳2020』シリーズ | テスト継続中。紙のコンディション、良好です

こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。


2020年度の『夢かな手帳』では、紙種類が変わります。
(紙の、在庫切れのため)

これは、話題として共有中。
「つかみほん(束見本)」というやつを作っていただいて、テストしてみました。

→ 『夢かな手帳2020』シリーズ | 紙、紙紙、紙問題。「つかみほん」って、なによ。


この、「つかみほん(束見本)」テスト。
著者(藤沢)の手元では、依然、自己責任テストが続いております。

だって、……紙は、重要な問題じゃないですか。




| 束見本といえば、こいつです。


ご安心ください。
著者的には、選択した紙は、ばつぐんにオッケーです。




| ……なにこれ。


富士山柄の、1冊のノート。

「それが?」
という感じですよね。

ですがこれ、実は、束見本。
『夢かな手帳2020』の、本番の装丁と、同じ条件です。



| 束見本です。下の文字、見えますか?


そうなのです。

やっぱり、紙に致命傷があってはいけない。
そうならないためには、実際に使って、テストです。



| 日記ふうに使って、テスト。見せられないが、文字で埋まり中。


著者責任で、日々、使っていますが……。

紙めくり、紙すべり。
ある程度のインクで書いても、裏うつりのなさ。

どれをとっても、すごくいい感じ。
著者的には、ただいま、快適です。



これは、安心して、おすすめできます。
ということで、まずは、ご報告を。


文節区切りの線


先ほど私の元には、
「シールの見本が、できましたよ」
とご連絡が。

ふふ。
早く、デザイン関係を、お見せしたいです。……2020年度も、素敵ですよ。

それでは、また!

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。
「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
本記事をまとめてご覧になりたい方のために、特設ページもございます |
- 「手帳」特設サイト内
 「ゆめかなニュース」
| 情報、こちらから受け取れます