『夢かな手帳2020』シリーズ | 「あなたの夢」は、「あなたの人生」の基準となるもの

「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

す、すみません。
ちょっと、くつろがせてください。

『夢かな手帳2020』の公式発売日から、約2週間……。
やっと、すこしホッとしております。



| くつろぐ時は、しょっぱいポリポリが、必須だね


| 葱味は、神。台湾人に、心からのシンパシー


いやいや。
余談ですが、台湾の皆さまの葱好きは、半端ないですよ。
ちなみに私、勝つ自信、ありますけど。

台湾の皆さまに、「あんたの葱好きは、どうかしてる」と言わしめるほどの、地味な葱好き。
台湾は、葱クラッカーとか葱餅とか、葱フレーバーが普通に売っていて、おいしいんです。

文節区切りの線


そんな中、『夢かな手帳』時事ネタです。
「『夢かな手帳』公式メールマガジン」の登録数が、増えています。

みんな。
夢を、かなえるわよ。




| ようこそ。そして、一緒に夢をかなえるわよ


なぜ、こんなに多くの人が、夢に憧れるのか。
夢を無視しようと思っても、そうは、ゆかないのか。

それは、夢というものが、実はとても現実的なものであり、人生を引っ張ってくれるものだから。


「あなたの人生」に、「あなたの夢」が、ないということ。

(「あなたの」というところが、まさに、ポイント)

それは、人生を進めてゆく方向が、手探りになってしまうということ。

言い換えれば、気づかないまま、誰かの都合のままに、「あなたの」人生が、進んでゆくということ。
理由は、自分の人生の方向を示す指針が、ないから。




日々の時間が、「夢をかなえる」とつながっていることって、大事です。


「メールマガジン」経由だから、もちろん、ほんのちょっとのボリューム。

でも、夢の大切さと、少しでも、日々の時間で、つながっていたい。
2020年度は、一緒に「夢をかなえる」で。

それでは、また!

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。
「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
本記事をまとめてご覧になりたい方のために、特設ページもございます |
- 「手帳」特設サイト内
 「ゆめかなニュース」
| 情報、こちらから受け取れます