DQ-08 |「『時間の365日シミュレーション』合宿 [初回参加 NG]」| テーマ

| テーマ

「『時間の365日シミュレーション』合宿」

「無理だ」から、「できる」へ。望む生き方への段差を、乗り越えてゆく。
「本気で実現に動く」準備合宿[初回参加 NG]です。

画像

| テーマ概要

第8回目のテーマは、「『時間の365日シミュレーション』合宿」。
1年の手持ち時間の、正確な計算。
一度、体験してみる価値がある、時間の技術です。


「ざる会計」ならぬ、「ざる時間計画」とは、さよならの回。

「望みをかなえている人は、なぜ、望みがかなえられるのか」
それは、「望みをかなえるための時間」の計算が、合っているからです。

[ MESSAGE & POINT ]

1日や、1週間の時間のうち、「正味」で使える時間。
小さな規模の時間の感覚は、体験的に、何となくわかります。

たとえば、こんなふうです。
1週間のうち、自分のために使える時間は、週末のここ。
3月や4月、12月は忙しい......というふうに。

-
でも、いわばこれは、「体感での、経験としての理解」。
それで成功しているなら構いませんが、時間の計算が合わないなら、考え直す必要が。

時間の「ざる会計」では、「望んでいる人生」が、いつまでも遠いままになってしまうから。

-
「時間の365日シミュレーション」は、1年の時間を、特殊な表を使って、正確に計算してゆく方法。
この技術は、一度、体験してみる価値があります。

「1年のうち、実際に使える時間は、こんなにも少ない」
「事実、ここにしか、時間のチャンスがない」

自分の時間の真実が、目で見て、肌感覚として理解できてきます。

理解できると、向き合い方の意識が、変化してきます。
「このチャンスしかないなら、チャレンジしてやる」
計画遂行に、がぜん、真剣味が増してくるのです。


[ご留意]すでにコースをお取りいただき、基礎的な訓練が完了している方だけがご参加いただける、強化合宿形式でお届けします。



| テーマ詳細

"まずは、やってみる"(1クラス目)| テーマ詳細

習得するテーマの内容

レジュメにしたがって、ワークを組み立ててゆきます。

[ 主な習得テーマ ]

[ テーマ1 ]
・事前課題を見ながらの、振り返りと確認
・「時間の365日シミュレーション」に関するレクチャー一般
【実践】事前課題を見ながら、レクチャー内容を反芻
【実践】手を動かす。「時間の365日シミュレーション」実践

[ テーマ2 ]
・「時間の365日シミュレーション」による、個人目標の優先順位づけ
【実践】スケジュール帳への、個人目標の反映・修正
【実践】個人目標の優先順位をもとに、まずは2週間、実践する

[ ご留意 ]上記はあくまで、大きな流れのご説明例となります。
ワークショップの時間は「ライブ」となりますため、必ずしも、上記の流れ通りになるとは限りません。その上で、お客様に、時々のベストをご提供いたします。あわせましてご了承ください。

| クリックで別ページ拡大表示

"練習してものにする"(2クラス目)| テーマ詳細

習得するテーマの内容

2クラス目は、同じテーマの内容を、実践・実戦レベルに落としてゆきます。

[ 主な習得テーマ ]

[ テーマ1 ]
【実践】2週間の実践内容のシェア
・「時間の365日シミュレーション」に関するレクチャー復習
【実践】2週間の実践内容のフィードバック
【実践】「時間の365日シミュレーション」の再実践・修正

[ テーマ2 ]
・「時間の365日シミュレーション」による、個人目標の修正
【実践】スケジュール帳への、個人目標の反映・修正
【実践】個人目標の優先順位をもとに、さらに2週間、実践する

[ ご留意 ]上記はあくまで、大きな流れのご説明例となります。
ワークショップの時間は「ライブ」となりますため、必ずしも、上記の流れ通りになるとは限りません。その上で、お客様に、時々のベストをご提供いたします。あわせましてご了承ください。

「知識として、『わかった』だけで、終わらせない」
手を動かしながら、行動・実践レベルに落とし込んでゆく回。新しい習慣を、日常の一部として、定着させることが目標です。


| クリックで別ページ拡大表示

| 申込