はじめてご訪問の “お仲間さん” へ – ようこそ。時間習慣を整えることは、自分を整えること

画像


こんにちは、本ページへようこそ。
本ワークショップ主催者の、藤沢優月と申します。



「望むような人生が、本当に、生きられたら」
突然ですが、こんなふうに思い巡らすことは、ありませんか?


でも、すぐに、日々の現実が襲ってきます。

「現実は、仕事や日々のことで、手いっぱい」
「それなりに責任があり、放り出すことは、できない」
「この忙しさの中、どこからどうやって、手をつけたら……」

本ワークショップには、このようなお悩みの「お仲間さん」が、集っています。

文節区切りの線


あなたも、同じお立場かもしれません。
本ワークショップに集っている「お仲間さん」は、以下のような層の方々です。

年代的には、20代後半から40代までの、働き盛りの女性たち。
職業的にも、援助職や現場職といった、実用のお仕事の方々。
日々の仕事でせいいっぱい、週末は電池切れというほど、毎日、とても忙しそうです。


時間なんて、いくらあっても、足りないぐらい。
でも、それを理由に、自分にとっての「何か」を、諦めたくない。


もし、かなうなら……。
「自分らしい人生を、生きてみたい」


文節区切りの線


結論から言うと、できます。
ポイントは、「学ぶこと」と「適切な方向への努力」、そして「時間の整理整頓」です。


時間は、魔術です。


たとえば、スケジュール帳を使い、日々の予定や時間習慣と、向き合う練習。
目標を、はっきりさせる練習。


計画を見直し、必要以上に抱え込むのを、やめる練習。

優先順位の低いものは、あきらめる。
自分にとって、いちばん高い優先順位から、行動に移してゆく練習……。


どれも、目標が具体的です。
だからこそ、現実を、具体的に変えてゆけます。



あるいは、こんな目標の “お仲間さん” もいらっしゃいます。

「自分らしい人生を生きたいのは、やまやま」
「でも、具体的に、うまくアウトプットできない」
「だから、どんな人生を送りたいか、まずは自分が知りたい」


文節区切りの線


「自分を磨いて、望む人生を、実現したい」
同じ志の “お仲間さん” と共有する時間も、熱量にあふれていて、楽しい。

一人では、続かなかった努力。
でも、同じ熱意の人たちに接すると、不思議と、力が出てきます。



あなたの中に眠っている、夢や望み。
おそらく、意味があって、眠っているのかもしれません。

それなら、練習と改善で、夢を「磨く」。



”夢みたいなこと” を、胸に秘めておくのは、もう、やめます。

なぜなら、「夢想」や「白昼夢」の状態を続けること。
それは、進みたいのに進ませず、いたずらに、自分を傷つけるだけだから。


その代わり、ひとつひとつの行動は、小さくてもいい。
現実の努力で、夢を具体的な形として、アウトプットしてゆきます。

努力家のあなたになら、きっと、できると思います。



コース全2回すべてに参加しなくとも、「まずは、やってみる」1日から、参加が可能です。
それでは、温かで熱量のある “お仲間さん” と一緒に、Dream Quest WORKSHOP でお待ちしています。


藤沢 優月
文筆業
Dream Quest WORKSHOP 主催
“手帳を使うことで、現実的なやり方で、人生を大きく変えた人”