ONSA WORKSHOP |「5つの前提」

前提[1] ONSA WORKSHOP では「自分を肯定します」
前提[2] ONSA WORKSHOP では「比較から自由になります」
前提[3] ONSA WORKSHOP では「失敗してもオッケーとします」
前提[4] ONSA WORKSHOP では「自分の過去を認めます」
前提[5] ONSA WORKSHOP では「人はみんな only one であると信じています」
ONSA WORKSHOP では、上記「5つの前提」を大切にして、ワークショップを運営しています。

| 前提[1]
ONSA WORKSHOP では「自分を肯定します」

自分を肯定したほうが、うまくゆきます

「減点法」前提の考えは、うまくゆかない

日常世界の中には、私たちを否定する意見が、山ほどあります。

「今のあなたではダメ」
「もっと〜しなくてはいけない」
「まだ不十分だ」
など……。

でも、その考え方……マイナスを挙げて、プラスへ持ってゆこうとする「減点法」前提の考えは、現実的に、役に立つでしょうか。

もしあなたが長年、その考え方をとり続けてきて、いまだ自分に自信が持てなかったり、自分が好きになれなかったとしたら……。
あなたが悪いのではなく、多分、その考え方のほうが、間違っているのでは。


自分を肯定したら、何が起こるだろう

長年続いた状況に、変化をもたらすため。
ONSA WORKSHOP では、いちばんはじめに「自分を肯定します」。

その上で、自分を肯定したなら、どんなすばらしい変化が起こるのかを見てみます。



| 前提[2]
ONSA WORKSHOP では「比較から自由になります」

比較には、きりがない。だから、やめてみます

比較されると、誰でも、苦しくなる

ONSA WORKSHOP では、他人と比べることを放棄します。
比べるなら、他人と比べる代わりに、自分と比べます。

ひとつでも、何かが変化していたり、自分自身にとって意味のある、新しい考えを発見することができたなら。
自分を肯定し、認め、褒めます



他人と比べても、混乱が大きくなるだけ

他人と比べることで、自分の相対位置を理解して、「よくなる」ことに、役立てようとしても……。
比べるべき他人は、次から次へと出現しますから、きりがありません。

もしその考え方で、私たちが、あまりに苦しくなっているとしたら。
多分、その考え方のほうが、間違っているのでは。


比較から自由になったら、何が起こるだろう

ONSA WORKSHOP では、「比較から自由になります」。
その上で、他人と比較するのをやめてみたら、どれだけ速く、すばらしく変化ができるのか、試してみます



| 前提[3]
ONSA WORKSHOP では「失敗してもオッケーとします」

「失敗は、成功にいたるまでの、ステップにすぎない」
そう考えるほうが、現実的です

間違ったら、歩きなおすだけ

「失敗」というのは、
「そのやり方ではうまくいかないから、別のやり方を探そう」
というサイン。


曲がり角を間違ってしまって、どうやら、違う道を通っているらしいこと。
そのことを、誰も、「失敗」とは呼ばない。

行きたい場所に、行くために。
ただ、元の場所まで戻って、もう一度、歩き出すだけです。


失敗しない人など、この世にはいない

同じように、何かがうまくゆかなくて、行き詰まってしまったから、ワークショップに参加することで、元の場所まで戻ってみます。

最初から、パーフェクトに出来ていたら、誰も、元の場所にいったん戻って、「学び・再訓練する」必要はない。
「失敗」しない人は、このワークショップにはおそらく、誰も参加しないでしょう。


「失敗」と呼ばれるものは、成功へのステップにすぎない

ONSA WORKSHOP では、「失敗してもオッケーとします」。
その上で、「失敗」に対する考え方を変えて、自由にチャレンジできれば、どれほど勇敢に、すばらしく変わることができるのか、試してみます。



| 前提[4]
ONSA WORKSHOP では「自分の過去を認めます」

せいいっぱい歩いてきた、過去があるからこそ、
私たちは今、こうやって生きています

生きているという事実。それは、過去の選択が、正しかった証拠

私たちは今まで、その時できる精一杯を、がんばってきました。
それゆえ今、命をもって、生きていることができます


生きているからこそ、さらに自分らしい生き方をさがすために、ここにいます。


過去を肯定したら、何が起こるだろう

ONSA WORKSHOP では、「自分の過去を認めます」。

過去の決断が正しかったからこそ、私たちは今、生きている。
私たちが「今ここ」に存在していることこそ、過去の決断が、その時々せいいっぱいで、適切だった証拠です。

自分を責めたり、自分の過去を否定したり、憎んだりする代わりに。今まで生きてきた自分の勇気や決断……過去を肯定したら、どのように視点が変わるか試してみます。


| 前提[5]
ONSA WORKSHOP では「人はみんな only one であると信じています」

一人一人、みな違う。それは、すばらしいこと

人は、全員違う。それが、あたりまえ

私たちはみな only one の、代わりの効かない、かけがえのない存在です。

たしかに、人を「one of them(大勢の中の一人にすぎない)」と、言う人もいます。
仕事場やバイト先、集団の中といった、人生のある一部分だけを、切り取って考えてみた時。確かに、そう言える場合も、あるかもしれません。

しかし、人生のすべてを考え合わせた時、「私」の代わりができる存在は、一人もいません。


あなたの代わりができる人は、誰もいない

あなたのことが好きな人は、「他の誰かのような人」ではなく、あなたのことが好き。
そして、未来の時間の中で、あなたを待っている人も、「他の誰かのような人」ではなく、あなたのことが好きです。

あなたの代わりは、あなた以外の、誰にもできません。
これが、現実です。



自分の存在を、無条件に肯定したら、何が起こるだろう

このような意味で ONSA WORKSHOP では、「人はみんな only one であると信じています」。

なぜなら、この視点を外れた時。
人の心は不具合をきたし、様々なものごとが、うまくゆかなくなるからです


それらの具体的な症状が、何より、見えない事実を物語っています。
それゆえ、ONSA WORKSHOP では、「人はみんな only one であると信じています」。

「5つの前提」をベースとして、参加者みんなで作ってゆく、安全な場。
ONSA WORKSHOP で、変化変容の時間の旅を、ご一緒しましょう。

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「元・体験者」「回復者」が主催しているワークショップ。
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」のテーマから、実際に回復(リカバー)した者が主催する、実践的な内容。
すでに、長い開催歴があります。

詳しい来歴は、「私たちの想い | 運営者情報」でもお読みいただけます。