サポートをさがす | ONSA のサポートを利用する[1]

| 「再訓練」を提供しています。
「体系的な知識の学習」と「自分を語ること」、「新しい習慣の練習」の、すべてをふくみます。

| はじめに


「本当のところ、私に、何が起こったのか」
自分を知ってゆく、お手伝いをします。

本を読んで知識をつける、「自助グループ」に通う、カウンセリングやセラピーを受ける……。
困難の中から、人生を「回復」させてゆくためには、さまざまな方法があります。

そんな中、ONSA(弊社)で提供しているサービスは、以下図中の「ONSA 担当領域のイメージ」と書いてある部分。
かいつまんで申しますと、「再訓練」です。


そして、この「再訓練」という言葉には、以下のすべてを含みます。

– 体系的な知識の学習
– 安全な場で、自分を語ること
– 新しい習慣の練習

知識を学び、そこからひるがえって、ご自身の体験を語る。
そうすると、たくさんの気づきがあります。

「本当にところ、私に、何が起こったのか」
そのことを、自分自身で、正確に理解することができるようになってきます。

理解できれば、それでは今度は、どうしてあげればよいのか、方針が立てられます。
「古くて、役に立たないばかりか、破壊的な習慣」
今度はそれを、建設的で健康で、幸せを作るのに役立つ習慣に、置き直してあげることができます。

「自分を知ること」
それは、自分の人生を、取り戻してゆくことです。


説明図4

[ 元体験者・現主催者からひとこと ]

体験者まっただ中だったころの主催者は、回復作業を、こんなふうに考えていました。
「なにか、新しい方程式を覚えれば、解決するのだろうか」
「それなら、どんな難しいことだとしても、覚えよう」
と。
この感覚に、心当たりがあるでしょうか。……おそらく、あるでしょう。

私たちは、ピーンとアンテナを張り巡らし、言葉にならない「空気」を読んで、その場その場でうまく立ち回り、なんとか生き残ってきました。
がんばること、我慢をすることは、大得意です。

ところが、目論見はここにきて、大きく外れました。
それどころか、(当事者であった私にとっては)奇想天外なほうへと、話が進んでゆきました。
それは、今までの人生には、なかった方向性。
必要なのは、
「自分を知ること」
「自分を語ること」
と言われたのです。

それまでの人生と、真反対のことを求められました。
それまでは、「自分を殺す」「自分を秘める/隠す」の連続。
自分を語ったところで、誰かが興味を持ってくれそうにも、ありませんでした。あるいは、自分を主張したところで、かえって痛い目にあうだけでした。
それが、体験者・当事者としての、私の置かれていた空気感。
ですが、いわゆる「回復作業」では、さらなる我慢を強いられるのではなく、真逆のことを求められるのです。
とても当惑したことを、よく覚えています。

でも、考えてみれば、当たりまえですよね。
自分すら、自分のことがよくわからないのに、他人が、わかるわけがない。
自分ですら、全体像がよくわかっていないものを、説明できもしません。

当事者としての、私に必要だったこと。
それはまず、自分に何が起こったのかの、全体像を把握することでした。
それには当然、「必要な知識の勉強」と「自分に興味を持つこと」、「安全な場で自分の体験を語ること」が、とても必要でした。


自分のことを知る「練習」を、重ねてゆきます。

説明図3

「自分を知ること」
この、たったひとことのシンプルな事柄は、たくさんのプロセスや要素で構成されています。


ボタンをポンと押せば、印刷されてきた何かが、出てくるわけでもありません。
あるいは、誰か超人的な力を持った人が、教えてくれるわけでもありません。

私たちは、自分に起こったこと……そして、その下に埋もれている本当の自分自身を、一歩ずつ、知ってゆく必要があります。
長丁場です。

それゆえ、工夫が必要です。
そのため、これらを ONSA WORKSHOP(対面式)、ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)等、コースごとにテーマを定め、ご提供しています。



[ 元体験者・現主催者からひとこと]

別のコーナーにもお書きしましたが、主催者がいわゆる「回復」作業をスタートしたのは、大学生のころ。本格スタートとしては、きわめて異例で、早期のスタートだったと思われます。
やがて、ライフステージの変化により、社会人になると……。忙しさや、時間のなさの桁が、異次元になってゆきます。
「これは、ある程度の強制力がないと、無理」
そんなふうに、自然と感じるようになりました。

とはいえ、主催者が学生のライフステージの頃も、「回復」作業には、ある程度の強制力を持たせていました。
しかも、皆で、自主的にです。
その頃はもちろん、ONSA WORKSHOP のような組織もサービスも、見つけることができませんでした。そのため、「自助グループ」や勉強会で出会った、同じ志を持つ仲間たちと、互いに自主的に声をかけ合い、まずは集まる。そうやって「ひとりじゃないよ」をして、勉強を重ねたり、情報を交換したり、進捗を報告しあったりしていました。
「このままでは、じわじわと、生きてゆけなくなる」
「『浦島太郎』の、『茹でガエル』になってしまう」
集う誰もが、そんな切迫感を持っていたからです。

生きているだけで、日々の忙しさに、どんどん流されてゆきます。
そして、それは普通です。誰の意思が、弱いからでもありません。
代わりに、工夫が必要です。ある程度の強制力の上に、自分を乗せてしまうことも、よい意味で必要。
これは、主催者自身の実体験による、率直な意見です。

| 社会生活が送れていて、基本的に健康な方がご参加いただけます


自分を取り戻すために、学びたい方のための場です

ONSA WORKSHOP には、基本的な社会生活が送れていて、基本的に健康な方が、ご参加いただけます。

この場合の「基本的な社会生活」とは、社会人・会社人であることのみをさしません。
主婦の方、子育て中の方、学生の方、休職中の方、休養中の方も含まれます。

また、現在医療機関、ならびにそれに準ずる機関で治療中の方も、医師・カウンセラー・セラピストに許可をもらった上で、ご参加いただくことも可能です。
その際は、お客様の安全のため、必ず「事前に」弊社まで、状況のご相談をお願い申し上げております。

いわゆる「鬱病」「鬱症状」「不安障害」「パニック障害」などの方々が、医療機関のサポートのもと、多くご参加でいらっしゃいます。
医療機関との連絡連携のもと、「機能不全家族問題」からの、人生の「回復」のために、ワークショップに取り組まれていらっしゃる皆さまを、多々お受け入れしております。

言葉を変えて、別方向からも、ご説明を申し上げます。
心療内科や精神科の、定期的・頻繁な受診までは必要ないものの、以下のような主訴の方に、多々ご参加いただいております。

| 多い主訴
– 生きづらい
– 何が起こっているのか、わからない。そして、何が起こっているか知りたい

– 問題が、原家族(=生まれの家族)の環境にあることは、わかっている
そのため、自分の人生を回復したい

– もっと生きやすくなる、新しい習慣や考え方を、学びたい
– 単発・気まぐれにではなく、継続的に学びたい

– 一人では、まだ習慣管理ができない。
そのため、同じ目的を持った仲間と一緒に学びたい
再訓練したい

1年の計画が立てやすく、また、プログラムの順序や期間が、はっきりしている。
それゆえ、回復計画自体が、立てやすい。


このような理由で、ONSA WORKSHOP は、ご好評をいただいております。


個別具体的なご相談は、医療機関・カウンセリングやセラピーをお探しください

ワークショップとは、「体験的学習」の意味となります。
言葉を返しますと、治療やカウンセリング・医療的な判断は、ご提供いたしておりません。

そのため、いわゆる精神疾患を抱えた方、それに準ずる症状・障害をお持ちの方のお受け入れは、いたしておりません次第でございます。


うち、お問い合わせをいただく主要なものは、以下となります。
以下の症状を主要とするものは、医療的な判断も必要となります理由で、専門外とさせていただいております。

– 発達障害、ならびに「大人の発達障害」
(国および自治体の「手帳」の基準に達しない、
ごくごく軽度の発達障害も含む)

– いわゆる「パーソナリティ障害」
– 統合失調症ならびに、統合失調症の陰性症状
統合失調質型障害

– 双極性障害
– その他、医療的判断が必要な精神疾患・障害

このようなお立場にいらっしゃる皆さまは、専門的な手助けが必要となります。
ご自身の安全のため、専門の医療機関にお出かけいただけますよう、お願いを申し上げます。


また、コースに取り組まれている中で、念のための検査、医療機関による専門的なケアー・カウンセリングが必要と感じた場合は、ご本人にその旨をお伝えさせていただいております

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「元・体験者」「回復者」が主催しているワークショップ。
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」のテーマから、実際に回復(リカバー)した者が主催する、実践的な内容。
すでに、長い開催歴があります。

詳しい来歴は、「私たちの想い | 運営者情報」でもお読みいただけます。