2020.07-09月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(0)コース0/STEP.1」まるべりークラス

画像

「コース0」のテーマは「なにが問題なのか、理解する」です。
本 PAY FORWARD(ご参加者のご感想)は、最終週の課題としてお取り組みいただく、締めくくりのワークです。
PAY FORWARD 中には、ワークショップで学んだ専門用語が登場する場合がございます。

タイトルはじまり目印

S. H. さん(30代/宮城県よりご参加) まるべりークラス


タイトル下の線


大切な自分へ

ついに、このまとめの場所へたどりついた。
いまこのときの自分自身を、しっかりと自分の手の中に握りしめよう。


文節区切りの線


「ワークショップ」という扉の存在は知っていたけれど、まさか自分が進むとは思っていなかった。
この場所で、自分と向き合うと決めたこと、ほんとうにすごい勇気。

あのときの一歩があったから今がある。
勇気を出してみた自分がとても誇らしい。
ありがとう。


文節区切りの線


思えば受講前、自分がけっして「元気」とは言えない状態だということを、自分自身が見過ごせなくなっていた。

そのままの自分を自分でよいと思えず、心が弾むという感じから遠ざかり、心から笑えていないということを自覚するようになっていた。
自分がそう感じることは「どうもおかしい」と思うのだけれど、いったい何をどうしたらいいものか、全く見当がつかない。

そんなとき、先を歩くお仲間さんたちの言葉が目に入ってくるように。
ひょっとして、もし何かできることがあるのだとしたら、試してみたい。


そして同時に、すかさず湧き上がってくる、不安や恐怖。

お仲間さんの声はどれも「すてき」で「立派」に見える…。
何かを学ぶ、発見する、ということが、自分にできるのだろうか。

…そうだった。
こんな不安を、言葉にしてみるところから、始まったのだった。
そして、自分との真剣な対話を通して、多くのことに気づくことができた。


文節区切りの線


自分がついやってしまいがちな考え方のパターン、習慣があるとわかった。
自分が感じることに対して、ダメ出しをしたり、裁いたり、否定したり。

そのようなクセが「心のフィルタ」になって、本音を見えづらくしていることもあった。
くり返し練習するうち、直視をしていなかった本音が、だんだんと聞こえるようになってきた。


感じることを抑えたり、否定したくなる気持ちには、きっといろいろな原因がありそう。
これは引き続きじっくりと向き合う必要がありそう、ということも分かった。


文節区切りの線


心理学の知識が、自分を「客観的」に見つめるために役に立つということを学んだ。
たとえば、「感じるままに感じてもよい」というのは、冷静に考えればその通り。

それなのに、できていない。自分に対して「よい」と思えない。
そのことが自分にとって苦しいことなのだと、わかってきた。


様々な原因があり、自分流のやり方がうまくいっていなかった、という面もあるらしい。
「症状」に名前があることを知って納得したことで、どこかホッとしている。
回復可能、と知ることが、さらに歩みを進めるための勇気にもなっている。

「知らなかったことを知った」ということは、何よりの宝物だと思う。
健康的なやり方を、少しずつ身につけていきたい。


文節区切りの線


振り返れば、書き込んできたどれもが、まるごと自分自身。
どれも自分にとってほんもので、大切なもの。

自分自身というのは、なんていとおしい存在なのだろう。
自分の歴史をひもといてみても、よく分かった。


いつでも、一生懸命にやっていたのだった。
それなのに、そんな自分を認めたり、自分を本気で知ろうとすることが、恐ろしいほどに後回しになっていた。

きっとその積み重ねが、自分をどんどん悲しくさせていた。
本当に、ごめんね。


文節区切りの線


どう変化したいか、という問いに応じた自分は、泣きそうな、震える声だったと思う。
けれど、たしかにこの答えが、自分の中に存在しているのを感じる。

「自分が自分であることに堂々としていたい。」
「幸せを感じてもいい、という方向に進んでいきたい。」


文節区切りの線


具体的にどうすればいいだろう、ということは、まだまだぼんやりしていて形が見えない。
きっと、もっとたくさんの練習が必要なのだろう。
でも、方法があるということは少しずつわかってきたので、大丈夫。

慌てなくて、いい。
すぐに劇的に変わろうとしなくていい。

これまでのやり方を身につけるまでに、多くの時間がかかっていて、歴史があるということも、覚えておこう。
自分の足でしっかりと歩いてゆける力を、身につけていこう。

自分が自分の味方になって、自分自身を知ろうとすることを続けながら、自分のペースで、歩いていこう。
自分にいつもどんな言葉をかけているか、注意をはらっておくことも忘れずに。


文節区切りの線


思いがけず、ワーク終盤で自分から出てきた言葉に、自分が勇気づけられた。

「学んでいる最中の、いまこの瞬間も、自分の生きている時間の、大切な一部分。」
無気力(だと思っていた)自分自身が、生きようとしている。

このいとおしい、大切な自分。
命ある自分に、感謝。
これからも、一緒にいようね。



| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「元・体験者」「回復者」が主催しているワークショップ。
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」のテーマから、実際に回復(リカバー)した者が主催する、実践的な内容。
すでに、長い開催歴があります。

詳しい来歴は、「私たちの想い | 運営者情報」でもお読みいただけます。