2017.01-02月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(0)コース0/STEP.1」けんたうるすクラス

タイトルはじまり目印

N. G. さん(20代/群馬県よりご参加) けんたうるすクラス


タイトル下の線


手帳はぐしゃぐしゃになってしまった。
疲れて予定の立て直しができなくなってしまった。

日記は自分でもハッキリ自覚していないぞっとするパターンをあぶりだしてくれた。
自分いじめはなかなか治らないみたい。

でも、時間が、予定がぐしゃぐしゃでも、そんな中で自分なりに頑張って対処しようとしていた。
他人に接するように、自分にも優しい言葉を使った手紙を書いたり。

今はまだ、自分を好きになることはなかなか出来ないけど、私はいつだってその時なりに努力をしているんだなと思った。
4週間お疲れ様です。
いろんなことが自覚できたね。
辛いことを思いだしたり、キャパオーバーになったり、いろいろと大変でしたね。

私を守ってあげられるのは私。
これからも一番そばで見ていますよ。
自分自身と仲直りをして、無理せず進んでいけたらいいですね。





タイトルはじまり目印

M. H. さん(30代/富山県よりご参加) けんたうるすクラス


タイトル下の線


数年前に ONSA WORKSHOP(対面式)に参加したことはあったのですが、Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)のコースには初めての参加でした。

なかなか、毎日ログインして投稿したり、期日を守っての課題提出が出来ず、自分と向き合う時間の取り方の難しさを感じました。
それでも(睡眠不足で朦朧としながら書いた文章であっても)以前に比べ、自分の思いや身の上の出来事を正直に書けるようになっている自分に驚きました。
何も変わらず数年が過ぎたように思っていましたが、変化は常に起こっているのだと気付く事が出来ました。

また、今回、同じクラスの方の投稿を読ませていただくとこで、生まれも育ちも今の状況も違う人達が、同じように、なぜが息苦しい、何とかしたい、と思っている事を知る事ができ、煮詰まった状態が少し落ち着きました。

一人で迷子になっているわけでは無いのだから、「少しずつでも諦めずに進んでいこう」という思いがわききました。
ありがとうございます。



| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
その体験から、実際に回復(リカバー)した者が主催となりますため、実践的な内容となっております。

あなたの、その状況も気持ちも多分、"体験して" "知っている"。
安心してお越しいただけましたら、嬉しく思っております。

詳しい来歴等は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。