2019.04-07月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(3)コース3/STEP.1(後期日程)」ぱーるクラス

画像

「コース3/STEP.1(後期日程)」のテーマは「望む人生を、具体的にイメージしてゆく」です。
本 PAY FORWARD(ご参加者のご感想)は、最終週の課題としてお取り組みいただく、締めくくりのワークです。
PAY FORWARD 中には、ワークショップで学んだ専門用語が登場する場合がございます。

タイトルはじまり目印

Y. T. さん(30代/島根県よりご参加) ぱーるクラス


タイトル下の線


このコースは、初めてではないけれど、やっぱり難しかった。
私は、まだまだ知らないことがたくさんある。

それに、「私は知らない」ということすら、知らなかった。
私の知っている世界だけが「世界だ」と思っていた。
冷静に考えれば、そんなことはないのに、とても恐ろしいこと。


文節区切りの線


漠然としか分からなかった、「働く」こと、「お金」のことを根っこから見てみて、私は今まで、なんて外側の情報を鵜呑みにして、信じ込んでいたのだろう、と思った。

「働く」ことも「お金」のことも、自分で根っこから見つめ直してみることなく、ただ「よく分からないから、怖い」でフリーズしたままだった。
そして、「働く」ことも「お金」のことも、他人をあてにしていた。

でもそれは、何となくうすうす感じていたけれど、蓋をしていたことだった。
それがまた、グラグラして不安で、うまくいかない現実を作り出していた。
もうそんなのはたくさんだ。

他人をあてにするのではなく、自分の内側の力を鍛えたい。
当たり前と思っていることを根っこからひとつひとつ学び直すこと。
私にとっては、これからも必要なことだと改めて思う。


文節区切りの線


そして、私のことをもっと知っていきたい。
私のことを知らなければ、私の人生を生きることはできない。
そんな大事なことを、私は、本当の意味では知らなかった。

社会に生きることは、自分をなくして、周りに合わせていくことだと思っていた。
全然そんな必要はなかったんだ。


ゴリゴリに固まっていた、私の世界。
ほどいていって、柔らかさを取り戻したい。

今回もありがとうございました。



| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「元・体験者」「回復者」が主催しているワークショップ。
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」のテーマから、実際に回復(リカバー)した者が主催する、実践的な内容。
すでに、長い開催歴があります。

詳しい来歴は、「私たちの想い | 運営者情報」でもお読みいただけます。