2020.04-07月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(3)コース3/STEP.1(前期日程)」りべらばいすクラス

画像

「コース3」のテーマは「夢をかなえる、夢を生きる。」です。
本 PAY FORWARD(ご参加者のご感想)は、最終週の課題としてお取り組みいただく、締めくくりのワークです。
PAY FORWARD 中には、ワークショップで学んだ専門用語が登場する場合がございます。

タイトルはじまり目印

H. S. さん(30代/大阪府よりご参加) りべらばいすクラス


タイトル下の線


Sちゃん(自分)へ

12週間お疲れさまでした。
WORK を始めた4月からたったの12週間で、世界も家のなかもめまぐるしく変化してしまいましたね。

そのなかで、私だけが変化についていけなくて、私だけが変化できていない、進んでいないと、いつもながらの自分に厳しいSちゃんは、嘆いているね。

でも、この目まぐるしい変化のなかで生きているだけでも十分にスゴいことだと思うよ。
しかも、少しでも新しいことに取り組もうとしたことは、「できた、できていない」に関わらず、とても勇敢ですばらしいことだとも思う。


文節区切りの線


今回の WORK 中に、私は新しいことに TRY する恐さに向き合わず、世界やまわりの状況のせいにして、TRY しないことを自分に許してしまっていることに気づいた。
また、TRY しなければ、失敗せずにすんで、傷つかずにすむ、完ぺきでいられるという幻想を抱いていることにも気づいた。


また、穴があったら入りたいぐらいの恥ずかしい失敗を思いだすことは、今の私には寝込むほどしんどくて、キャパオーバーであることが WORK に TRY してみて分かった。
また、それらが私のパンドラの箱で、向き合える日が来たら、今抱えている生きづらさが少しでもやわらいで、今より軽やかに人生を楽しく生きらられるかもしれないな、と思いました。



| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「元・体験者」「回復者」が主催しているワークショップ。
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」のテーマから、実際に回復(リカバー)した者が主催する、実践的な内容。
すでに、長い開催歴があります。

詳しい来歴は、「私たちの想い | 運営者情報」でもお読みいただけます。