2020.04-07月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.2(前期日程)」ろーとろっせるクラス

画像

「コース2」のテーマは「いわゆる『家族問題』」です。
本 PAY FORWARD(ご参加者のご感想)は、最終週の課題としてお取り組みいただく、締めくくりのワークです。
PAY FORWARD 中には、ワークショップで学んだ専門用語が登場する場合がございます。

タイトルはじまり目印

T. M. さん(40代以上/東京都よりご参加) ろーとろっせるクラス


タイトル下の線


3か月間、本当にお疲れさまでした。

「共依存だった(回復中)私にとって、仕事とは何であったのか」
をとにかく掘り下げた3か月でした。

コロナ禍の影響で3か月のうち2か月が休暇だったので、のんびりとした期間だったと思っていましたが、振り返ってみると、自分が感じていた以上に深く掘り下げていました。


文節区切りの線


自分の感情やニーズ、考え方の悪い癖について、動体視力もついてきた。

日常で嫌な感情や焦りを感じたとき、
「あ、子どもの私が『もっと私を認めてほしい』と叫んでいる」
とわかるようになってきた。

そして、過去と今を切り離すべく、自分を落ち着かせるための行動をとるようになってきた。


文節区切りの線


たった3か月。されど3か月。
毎週出していただく課題を読み、考え、感じて、表現する。

課題をやっているときは、自分の日常が進んでいるようには感じられないけれど、3か月間の自分の投稿をまとめてみると、コツコツとした歩みの威力を感じます。

その地道な時間があったからこそ、今、自分が歩いている世界での挑戦がとても楽しく感じられます。
このコツコツとした時間を手放さないように、これからも自分を知っていく作業を続けたいと思います。





タイトルはじまり目印

T. S. さん(40代以上/長野県よりご参加) ろーとろっせるクラス


タイトル下の線


3ヶ月、お疲れ様。

この3ヶ月、世の中は信じられない程に変わったね。
繰り返されるはずの日常が非日常になり、そして日常に戻ったように流れているけれど、本当は、もう以前の日常ではない。
そう感じるね。

本当はこういうことがこころの中でも起こっている。
だけど今ままでは、安心を手放したくなくって、ちょっと変わったことも認めず、自分で自分を押し戻していた。

でもそれはもうできないんだね。


文節区切りの線


今回のコースでは、より詳しく、共依存について知った。
そして、それが、今の生活、今の時間の中でどうなっているのかも。

私は、私自身を縛り続ける自分に驚いたよ。
そして自分の最も嫌なものが自分の中にもあって、それを自分のよりどころにしていることにも気づいた。
今までごめんね。

自分の中では、変わりたいといいながら、私自身は自分の変化や成長を決して認めようとはしなかった。
だから学び続けいているふりをして、進んでいるふりをして、留まり続けた。


でも、それは苦しいでしょう? 悲しいでしょう?
今こそ、あなたが歩いてきたからこそ気づけること、自分に対して感じることがたくさんあるね。

麻痺が少なくなってきている分、感じることにいちいち立ち止まってしまう。
でももうそれを見て見ぬ振りはできないのが私たちなんだ。


文節区切りの線


依るところがない不安を感じているね。
でもそれは手放したということ。

今まで、かりそめでもいいと思って握っていたものを。

何もないよりは、頼るものがあった方がいい、誰もいないよりも、依存できる人、依存してくる人がいたほうがいいと思って手放さないでいたものを。
あなたは手放した。


それが間違っているのか、正しいのかは誰にもわからない。
そもそも何が正しいのか、何が正しくないのか、という問いが、その軸が本当は幻だった。

あなたが如何に生きたいか、何を大切に思うのか、何を楽しみたいのかで決めていいんだ。
今どう感じているのかで決めていいんだ。

それが誰かに間違っていると言われても、世間的に全く理解されなくても、それでいいんだ。
あなたが決めること、あなたが選択することが、あなたを形づくる。
だから自分の選択を尊いと思うのです。


文節区切りの線


それを決めることは、今のあなたにとって不安なことかもしれないけれど、一つ一つ確かめて行こう。
今ここにある現実を。

今ここにいるあなたと私をたくさん知りたいのです。
いつも大切に思っているよ。

そしてあなたがどんな選択をしようと、私はあなたと共にあるのです。
それが変わらないこと。

いつもありがとう。これからもよろしく。



| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「元・体験者」「回復者」が主催しているワークショップ。
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」のテーマから、実際に回復(リカバー)した者が主催する、実践的な内容。
すでに、長い開催歴があります。

詳しい来歴は、「私たちの想い | 運営者情報」でもお読みいただけます。