2019.06-09月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(3)コース3/STEP.3(後期日程)」えむらむクラス

タイトルはじまり目印

Y. W. さん(30代/愛知県よりご参加) えむらむクラス


タイトル下の線


わたしへ

3ヵ月間、ほんとうにおつかれさま。
私にとって、ひとつの大きな区切りとなる、このクラス。
無事に3ヵ月間、歩き通すことができて、本当によかった。

仕事で忙しかったり、心身が追いつかなかったりして、なかなか投稿できないときもあったけど、毎週毎週、コツコツ、『未来日記』で私と対話してくれたこと。

ほんとに、よくやったよ。
ありがとう。


文節区切りの線


このクラスで私がいちばん強く感じたのは「知る」と「できる」は、ちがうっていうこと。

このクラスで、私は新しいことをまたたくさん学んだ。
それはとっても微細なレベルのことで…。

観察するにしても、すごく意識が必要だった。
どういうこと? わからない…というものも、たくさんあったよね。


でも、課題があって、問いがあって、それをもって過ごす日常では、いろんなことを感じ取れた。
「私はここが弱い」「あ、また自動的にこのモードにハマっている」もたくさんたくさん、見つけたね。


文節区切りの線


まだ出てくるのか!! という、過去のクセ、未練、気持ちのからまり…。
本当に…尽きることがない。

でも、それでも、それを私は「なかったこと」にしなかった。
しんどくて、ふてくされることもあっても、それでも「あぁ、私は今こうなんだな」「ここが残っているんだね」、何度も何度も確認した。

それは「私のため」だ。
決して「私を責めるため」じゃない。


私の現在地はどこ?
私の今は、どうなってるの?

それを、いろんな角度から何度も確認したよね。
その気づきが、すぐには解決できなくても、私の次に、きっと役立つよ。

全部、ムダじゃないし、ムダになんかしない。
どれも、今の私が今の精一杯で感じて、気づいて、私のために確認してきたことだから。


文節区切りの線


そして…そうやって「知る」ことで気づけることが増えた一方で「私自身(私のナカミ、価値観)が変わらないと、変わらないんだな」と実感することが、このクラスでは多かった。

すごく濃くて力のある知識も、そこにかけあわさる私が「1」のままでは「×1」で、知識以上には、ならない。
知識は、すごく必要だし、すごく助けてくれる。
でもどんなにすごい知識を、質/量ともに得ていったってそれを「使う」私が力を発揮しなくちゃ、十分じゃないんだ。

後半の週の課題は、それが顕著に現れた。
アタマではわかる、「こうしたい」もある。
でも、私の行動が伴わない…。

それで私は悲しかったり、落ち込んだりも、した。


でも、今はそれでいいんだ。
「今の私は、このくらいできなくて困っている」ということ、その「現在位置」を私は知ることができたから。

それでまずは、よくやったね。
よくごまかさず、できたフリもせず、正直に自分を認めたね。
そのことを、うんとほめよう。
私のために。


文節区切りの線


そして「できない」ことには必ず「理由」がある。
それを聞かずに「できない私はダメだ」って、自分を責めてばかりだったね。

そりゃ、元気も気力もなくなるよね。
ごめんね。


私がする必要があったのは、私がつまづいてる「透明な石」はなに?
それを感じたり、私と丁寧に対話することだったね。

これから、それをするよ。
つまずきを取ってあげる方が、「力技でなんとかしろ」よりうんと現実的で、私のためになるよね。


文節区切りの線


私にとって、ひとつの区切りであり、目標でもあった、このクラス。
ここまで経験できたからこそ、わかること。

それは、高度なことを学べば、うまくいく。
…「そんなことはない」という、現実だ。


上だからいい、学びの量が増えた。
…ではない。
課題や知識を「私が、私の人生で、実際にいかす」。
それこそが、このワークショップの核なんだ。

勉強ではなく、ワークショップ(体験型学習)。
それさえできるなら、どのクラスでもいい。

大切なのは、今の自分を知って、何が必要なのかを考えて、私のために用意してあげること。
それにつきるね。


文節区切りの線


私の面倒は、私以外、誰もみれません。
(助けやサポートは、ありがたく借りるけれど。)

だからこそ、私こそが、私のためになる最大限のことをしてあげられる。

ずっと、他人に尽くすことを第一とし、他人重心で生きてきた私には、まったくなかった世界観。

でもそれを、私は自分で言えるようになったんだね。
それを何度も思い出して、私の足場にしていこう。


文節区切りの線


Web. WORKSHOP って、毎週毎週、課題に取り組むことだけでも精一杯で、
つい、日常生活の「一部」のように思ってしまうけど、実は「私の人生をつくる、生き直す」っていう壮大なことを日々、やってるんだよね。

だからこそ「受ければそれで全部変わる」なんて、ありえない。
だって「一人の人間の一生」につながってることだよ!

この場所で、学んだことをもとに回復し、「私だけの人生」をつくってゆく。

だから、「私」の力が本当に大事で、それがなくっちゃ、本当の幸せなんて、得られないんだ。


「生きる」って当たり前だけど、ほんとに難しくて、これまでの私が全部出る。
小手先でそれっぽいこととか、すごそうなことをしたって付け焼き刃に過ぎない。

今までの私はごまかしの連続で、なんとか苦境を乗り越えてきたつもりだったけど、人生そのものにおいて、ごまかしはきかないんだよね。
ごまかしたって、そこに私由来の幸せはないから。


文節区切りの線


いろいろ、大事なことを学べなかった私にとって、人生って、むずかしい。
でも、だからこそ、こういう場所があることが、本当にありがたい。

ここがなかったら私は…と思うと、心底ゾッとする。

だから私は、これからもコツコツ、でもしっかりと歩き続ける。
もう誰かのための人生なんて、まっぴらだから。


まだまだ、道のりは長いだろう。
でもこうやって、気づきや知識を咀嚼すればするほど、あとは「私」のオリジナルや個性を発揮してゆくゾーンにもなっていくから、なんだか楽しそうな予感もするんだ。

「私、これができるようになった!」をこえて「私は、こんな私を生きられるようになった!」

そんな喜びに出会いたいって思う。
これからもいっしょに頑張ろう。


優月さん、スタッフのみなさん、支えてくれたみなさん
ありがとうございました!!



| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
その体験から、実際に回復(リカバー)した者が主催となりますため、実践的な内容となっております。

あなたの、その状況も気持ちも多分、"体験して" "知っている"。
安心してお越しいただけましたら、嬉しく思っております。

詳しい来歴等は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。