2018.09-12月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(2)コース2/STEP.2(後期日程)」こくらんクラス

タイトルはじまり目印

M. Y. さん(30代/長野県よりご参加) こくらんクラス


タイトル下の線


時間の使い方も上手になってきて、共依存的なものを見抜く動体視力もついてきて、そろそろ行動を変えていきたい! という気持ちになりこのクラスを始めました。

いざ、始めてみると、まだまだ過去について自分自身について色々と見えてなかったことが出てきました。
もう悲しみ抜いたと思っていたけれど、まだ悲しさや悔しさが出てきました。

そして、今までの行動のベースと新しい行動のベースが違い過ぎて、頭で理解するのが精一杯です。


文節区切りの線


これはまだまだ回復の道のりは長いなぁと思いました。
でも、ここまで何年もかけてゆっくり歩いてきました。

もう一度このクラスを取って、もう少し理解を深めて自分のものにして、これからもゆっくりゆっくり先に進んでいきたいと思います。





タイトルはじまり目印

A. K. さん(30代/静岡県よりご参加) こくらんクラス


タイトル下の線


今回もなかなか大変な道のりでした。
新しい習慣について学び、過去について振り返って今にどう結びついているかを見て、本当に私にとって大事なことをやっていると感じたけれど、課題についていくのでいっぱいいっぱいでした。


文節区切りの線


こんなにも健康的な考え方と共依存の考えが違うのか、とショックを受けたり、「現実」と「できる」の差がかなりあることに気付いたりする一方で、以前より人とのペースの違いに焦らなくなってきたことや、自分なりに少し前進できたかなと思えることもありました。

最初のころに比べて、失敗してしまった → だめだ、と投げ出して終わるのではなく、どうしたいかや、いい面も少しずつ練習して見つけられるようになっているのは、良かったです。


自分がどうしたくて、何が問題だと思っているか。
今の状態と過去がどう関係しているか。

今回改めて他人重心の考え方が自分で思っていたよりも根深いことに気付いたけれど、自分のことに集中するのが大事だとさらに感じました。


文節区切りの線


今の私にとって、時間のこと、自分についてもっと深く見ていくこと、自分を認めること、新しい習慣を身につけていくこと、実際に少しずつ練習していくこと、とやることは山積みだと思っています。

道のりが思っていたよりかかりそうだとわかったけれど、最初の何がおかしいのか、どうしたらよいのかまるで分らない状態からは確実に進んでいる。
自分の時間とエネルギーの使い方をもっと考えて、大事に使っていきたいです。

このコースでご一緒した方、ONSA のスタッフの皆さん、優月さん、3か月間ありがとうございました。



| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
その体験から、実際に回復(リカバー)した者が主催となりますため、実践的な内容となっております。

あなたの、その状況も気持ちも多分、"体験して" "知っている"。
安心してお越しいただけましたら、嬉しく思っております。

詳しい来歴等は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。