2019.09-12月開催 「ONSA Web. WORKSHOP(3)コース3/STEP.2(後期日程)」らめらたクラス

画像

「コース3」のテーマは「夢を生きる」です。
本 PAY FORWARD(ご参加者のご感想)は、最終週の課題としてお取り組みいただく、締めくくりのワークです。
PAY FORWARD 中には、ワークショップで学んだ専門用語が登場する場合がございます。

タイトルはじまり目印

M. T. さん(40代以上/岐阜県よりご参加) らめらたクラス


タイトル下の線


わたしへ

まずはおつかれさまでした。
いろいろなことを体験し、また感じて、気づいた3か月でしたね。
最後の最後に、滑っていたことに気づいてショックだったけど、どこかホッとしたね。

ここからまた始めましょうね。


文節区切りの線


このコースに参加している間は夢中でしがみついて気づいていませんでしたが、かなり無理をしていたように思います。
「のぞいてみる」が「早く生きなおしをして追いつかなくちゃ」になっていました。

せっかくの新しい知識が「自分のため」というよりは、「現実でいかにちゃんとして見えるか」「早く、健康な人に追いつきたい」ためのものになっていたような気がします。

書くのも「イタタ…」ですが、コースの前半の方がよっぽど「でーん」と構えていました。落ち着いているというか。
その頃に比べると、今もまだ空回りというか、焦っているような感じがします。


文節区切りの線


背伸びをしての参加となりましたが、このコースを体験できたことはとても良かったと思います。
健康な人たちが長い間かかって、どうやって大人になっていくのか。
それを学んだことは大きかったです。

と、言いつつ「そんなに時間をかけて大人になるんだったら、そりゃあ焦っても、どんなに巻いてもどうにかなるものじゃないよね」と、頭で理解はしながらも、無意識にどうにかしようと思っていたようです…。

いつのまにか「健康な人になること」が目標になっていたようです。


文節区切りの線


トホホ…。
と、思う気持ちもありますが、このコースで色々なことにチャレンジできたことは良かったです。
苦手意識のあった「ライフサークル」「12年カレンダー」「年間表」など。
課題を通してチャレンジしたら、意外と楽しかったことも新しい発見でした。


「自分はどうしたいのか」「自分はどういう人なのか」をねじ曲げず、自分の味方になっていきたいと思います。

ありがとうございました。



| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「元・体験者」「回復者」が主催しているワークショップ。
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」のテーマから、実際に回復(リカバー)した者が主催する、実践的な内容。
すでに、長い開催歴があります。

詳しい来歴は、「私たちの想い | 運営者情報」でもお読みいただけます。