01 | 「子ども時代をとりあげられた」という、気づきづらい症状

文節区切りの線

こんにちは、ようこそ


こんにちは
ONSA WORKSHOP の主催者、藤沢優月(ゆづき)と申します。
「時間」と「心」をテーマとする、書籍の著者でもあります。

ようこそ、本ページにお越しくださいました。
何らかのご縁で、この場でお会いできて、嬉しく思っています。


この場所で、ご縁がいただけて、とても嬉しいです。


どんなきっかけだったでしょうか

どんなきっかけで、この場に、たどりつかれましたか?


検索キーワードで引いたら、たどり着かれたでしょうか。

あるいは、出版書籍をたどって、きてくださったでしょうか。
書籍では、『夢をかなえる人の手帳』シリーズをたどってくださる方が、多くいらっしゃいます。


ここに来る人は、答えをさがしている。そして、見つけている。


本当に、ようこそ

いずれにせよ、本当にようこそ。
このページを見つけてくださり、嬉しいです。

なぜなら、私もまた、お伝えしたいことがあるからです。
それは、あなたの幸せにとって、重要な情報かもしれません。



あなたに、お伝えしたいことがあります。
もしかしたら、あなたにとって、重要な情報になるかもしれません。


こんな感覚が、あるとしたら……。きっと、正しい場所にいます


あたなが、探しているかもしれない、何らかの「答え」。
あるいは、ヒント。
キーワード。

その感覚に迫り、共有することができるように、こんな質問をさせてください。


こんな気持ちに、心当たりはありませんか?

突然ですが、こんな気持ちに、心当たりはありませんか?


責任感が強いと思う。
周りにも、「まじめだ」「しっかりしている」と言われる。
約束や納期も守る。遅れない。

「まだまだ」「不十分」という感覚がある。
どれだけがんばっても、この感覚が、なくならない。

自分はまだまだ、「がんばり」が足りないのでは。
弱音を吐いたり、助けを求めるのは、「甘えではないか」という思いがある。

人に頼れない。
とりわけ、家族や実家など、"親しい" 人に頼るという感覚が、わからない。

他人の目線が、とても気になってしまう。
「きちんと、できているだろうか」
しじゅう、自身を厳しくチェックしてしまう。

「〜する資格があるとは思えない」
たとえば、「助けてもらう資格がない」。
「他にもっと、優先すべき人がいる」から、自分はいつも後回しになる。



このうち、4つや5つではなく、「おおよそ全部」が当てはまる方......。
ぜひ ONSA WORKSHOP に、お越しになってみませんか?


正直、ひとつかふたつなら、誰でも当てはまるでしょう。
でも、「おおよそ全部」なら、一致率としては、すごい確率だと思いませんか?

もはや、"運命" という言葉を使ってよいほどの、一致の確率。
その一致率は、「ONSA WORKSHOP が、その "謎" の答えを知っている」ということを、示しているかもしれません。



その謎には、答えがあるかもしれない。


この生き苦しさは、なくなるかもしれない。解決するかもしれない

あなたはおそらく、しっかり者で、責任感も強いでしょう。
事実、たくさんの人から、信頼されているはずです。


でも、不思議なことが起こっているかもしれません。


「自分自身が、認められない」
「どうして、自分を認められないのか、わからない」
「どれだけ努力を重ねても、自己卑下・自己否定の・他者優先の悪循環が、解消できない」



その、生き苦しさの原因や、理由……。
ONSA WORKSHOP コースを通じ、解消することができるかもしれません。


その不可解さは、解決するかもしれない。


物心ついた時から、ずっとあった、重い感覚。
あまりに当たりまえ過ぎて、ある意味「慣れてしまった」緊張感や、報われなさの感覚……。

それが、「解決できる」「なくなる」と考えたら、ホッとしませんか?


あなたは、一人ではないかもしれない

大きな希望があります。
たくさんの「お仲間さん」が、すでに、人生コースを幸福なほうへと、切りひらいています

そこから、出られるかもしれないのです。



しかも、
「こんなこと、誰にも言えない」
「言ったって、わかってもらえるわけがない」
言葉では、うまく説明できない違和感……不可解な苦しさ。

それを抱えていたのは、あなた一人では、なかったかもしれません。


その不可解さや、重さ。

同じことの、ぐるぐる繰り返しの、苦しいサイクル。
そこから、出られるかもしれない。


「子ども時代をとりあげられた」共通の経験を、持っているかもしれません


「この、苦しい現象は、何なのだろう?」
「何が、起こっているのだろう?」


これから、この謎であり、問いについて、詳しく見てゆきます。


キーワードは、「子ども時代をとりあげられた」

「子ども時代をとりあげられた」
これが、重要なキーワード。



このキーワードが、どういうことをあらわすのか。
一緒に、見てゆきましょうか。


謎の一端を、一緒に、見てゆきましょう。

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「元・体験者」「回復者」が主催しているワークショップ。
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」のテーマから、実際に回復(リカバー)した者が主催する、実践的な内容。
すでに、長い開催歴があります。

詳しい来歴は、「私たちの想い | 運営者情報」でもお読みいただけます。