02 | 「人生をとりもどす」ための講座を、主催しています


「人生をとりもどす」活動を行なっています

ONSA WORKSHOP は、2003年から続く講座です。

テーマは、「人生を、とりもどす」。



なんだか、小説や映画の世界のように、感じるかもしれません。
ですが、本気でなければ、2003年から、のべ370クラス以上も、クラスが開催されていないはずです。

しかも、ONSA WORKSHOP は、「単発」ということはない。
1クラスの1クルーが、約1-3ヶ月もあります。



「とりもどす」のは、「ない」から

何をしているのか。
それは、
「自分の手に、自分の人生を、とりもどす」
この活動です。

「とりもどす」
ということは、
「ない」
という自覚が、あるということですよね。



時間の進みは、成長を強いてくる

もう少し、別の言い方をしてみます。

時間がたつにつれて、人生を
「人に決めてもらう」
「人の言いなり」
では、生きられなくなる。

「自分がない」で、生きられるのは、子どもの頃だけ。
年月の進みが、私たちに、大人になることを強いてきます。


人間の成長のステージが、
「自分の人生を、自分で決めてゆく」
「自分で、人生を切り拓いてゆく」
ことを、自然と、強いてくるのです。


生きることは、成長すること

たいがいの人にとって、この変化は、望むところ。
少し、怖いことではありますが……。

でも、これこそが、「生きる」ということ。

生きることは、成長することです。

学生が、社会人になり、社会人が、親になる。
社会的な責任を、ひとつずつ増やし、喜んで、大人になってゆきます。



「成長すること」を、とても怖く感じる人たちがいる

ところが、これとはまったく、異なる感覚をも持ったまま、同じように「大人になる」人たちがいます。

それが、
「人生をとりあげられた子」
です。



| 同じテーマの最新記事を見る