02 | ONSA WORKSHOP は「人生をとりもどす」ための講座


人生……「生きる時間をとりもどす」活動を行なっています


あらためまして、一緒に見てゆきましょう。

「この現象は、いったい、何なのだろう?」
「何が、起こっているのだろう?」

この答えに、迫ります。

そのために、少し遠いところから、話をスタートさせてください。


けっこう長く、活動しています

あなたが今、ご覧いただいている、このページ。
ONSA WORKSHOP のページですが、このワークショップは、2003年から続いています。

活動の中心テーマは、
「人生を、とりもどす」
「自分と、もっと出会ってゆく」
「温かな居場所に、もどってゆく」
です。



活動の中心テーマは、
「人生を、とりもどす」
「自分と、もっと出会ってゆく」
「温かな居場所に、もどってゆく」


「とりもどす」「出会ってゆく」などと言うと、小説の世界のように、感じるかもしれません。
ですが、フィクションではなく、本気の要望がなければ、2003年から延々、開講されていないはず。

しかも、1クラスのクルー(期間)は、約1-3ヶ月。
たった1日や1週間、パッと何かをするのではなく、じっくり型です。


とても大切なテーマを、扱っている

それが、このような年月や回数、継続している。
何が言いたいかというと、こういうことです。

「とても重要なテーマを、扱っている」と言いたいです。
重要なことを扱っていなければ、これだけ長い期間、必要とする人が、絶えないわけがありません。



「人生を、とりもどす」
「自分と、もっと出会ってゆく」
「温かな居場所に、もどってゆく」
実は、とても重要なテーマを、扱っています。


「とりもどす」のは、「ない」「わからない」から


「人生を、とりもどす」
「自分と、もっと出会ってゆく」
「温かな居場所に、もどってゆく」……。


すると、こんなことが、自動的に言えると思いませんか?


「とりもどす」
「出会ってゆく」
「もどってゆく」
ということは、そもそもですが、

「ない」
「出会っていない」
「わからない」
という感覚が、あるということ。



「ない」「わからない」という感覚がある。
「欠けている」感覚があるから、答えを探している。


みな、共通の感覚がある

ONSA WORKSHOP にご縁をいただく「お仲間さん」はみな、漠然とした感覚をお持ちです。
それはきっと、こういうもの。

「生きるって、そもそも、なんだろう」
「なんのために、生きているのだろう」
そして、
「私の人生って、いったい、なんなのだろう」

しかも、こんな哲学的な問いかけを、子どもの頃から考え続けています。


あなたは、どうでしたか?


「生きるって、なんだろう」
「なんのために、生きているのだろう」
こんなふうに、小さな頃から、考えていましたか?


冷静に考えてみれば、特殊な経験をしたかもしれない


もう少し、別の方向から、見てみましょう。
そうすると、謎の輪郭が、もっと浮かび上がります。


……そもそも、おかしいことが起こっていると、気づけますか?


共通の、特殊体験をしてきたかもしれない

乱暴な言い方でくくりますが、いわゆる “普通の子ども” は、
「なんのために、生きているのだろう」
とは、考えないもの。



いわゆる、普通の子ども。……彼らは、こんなことを考えています。

今日のごはんのことや、おやつのこと。
おねだりしたいもののことや、明日学校で、何をしようかということ。

つまり、食べ物といたずら、欲しいもののことばかりです。


昨日あったことは、明日には、忘れてしまいます。
誰かに怒られても、すぐに忘れます。

文字どおり、「てへっ(忘れる)」です。
理由は、泣いてもわめいても、気にかけ、なぐさめてくれる誰かが、常にいるから。


ひるがえってみましょう。

あなたがもし、そんな子ども時代に、なじみがないとしたら。
あなたは(そして私も)逆引きすれば、「特殊な子ども時代であった」ということになります。



外側の自分と、内側の自分が、一致しない感覚がある


時間軸を、「今」に巻き戻します。
すると、自分の中に、不思議な矛盾を発見するかもしれません。


あなたはおそらく、こういう方でしょう。
……しつこくて、すみません。

職場や社会の中では、責任感があり、がまん強く、しっかりしている。

引き受けた以上は、何がなんでも、達成します。
休日を返上しても、夜中までかかっても、絶対に成し遂げる。


(私も、そうです)

なぜなら、それが「当たりまえ」だから。
いい加減なんて、とんでもない話です。



それなのに、矛盾があるかもしれない

それなのに、不思議な矛盾が、起こっているかもしれない。
それはきっと、こんなものかもしれません。

“何をやっても、十分とは思えない”
“自信がない”


どれだけがんばって、完璧を目指しても、
「まだ何か、足りないのではないか」
この気持ちが、消えたことがない。



漠然とした恐れの感覚、何かが崩れてきそうな感覚。
言い知れない恐怖の感覚……。

こんな感覚が、消えない。


矛盾があります。

日々の「しなければならないこと」や義務は、全うできる。
それなのに、満足感や、「これで安全」「十分」という感覚が、ないのです。

もっと正確に言えば、「これで十分」という感覚が、「わからない」。



義務は、きちんと全うできる。
揉め事は、極力起こさない。避ける。
外側から見れば、形としては、問題のない人生を送っている。

でも、なぜか「これで十分」と思えない。
どうして、心の飢餓感がおさまらないのか、理由もわからない。


あらためて、こう考えてみれば、……おかしいと思いませんか?


「成長すること」「幸せになること」を、怖く感じる


生きることは、成長し続けることです。
しかも、成長するは基本的に、楽しいことです



学生が、社会人になり、社会人が、親になる。
社会的な責任も、ひとつずつ増えるけれど、飛べるハードルもまた、増えてゆく。

人は、喜んで、大人になってゆきます。


ところが、このことが「感覚的に」、まったくわからない。

「楽しい」とか、「楽しくない」とかの問題ではない。
ただ、そうすべきことだから、やっているだけ。

それ以外の答えが、うまく探せません。



生きるのが、とにかく、理由なく “怖い”

「がんばり」と義務は、日々こなしつづける。
そうやって、たくさんの責任を果たすのに、さらに追いかけてくる、義務と責任の嵐。

この感覚が、ずっとああります。



だから、考えない。
考えても仕方がないので、頭の隅に、追いやります。

そして毎日、目のまえのことを、ひたすらがんばる。

これが、
「生きる時間をとりあげられた」
人たちが、刻々生きている感覚です。


あなたは、どうですか?


このような感覚を、抱えていること。
それは、外側からは、うかがいしれません。

周りの誰も、あなたが内側に、この感覚を抱えていることに、気づかないかもしれません。

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「元・体験者」「回復者」が主催しているワークショップ。
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」のテーマから、実際に回復(リカバー)した者が主催する、実践的な内容。
すでに、長い開催歴があります。

詳しい来歴は、「私たちの想い | 運営者情報」でもお読みいただけます。