03 | ライフステージ別に、このような経験は、ありますか?



アラームが、小さく鳴るような感覚が、あったかもしれない

「自分の人生は、自分で決める」

このことは、言葉では、聞いたことがある。
でも、それがどんなことか、実感では、わからない。

そんな中でも、
「確かなことは、わからないけれど」
「何かが、とてもおかしい感じがする」
とりわけ、こんなふうに感じるタイミングが、人生には、いくつかあります。

「人生を、とりあげられた」人にとっては、アラームが鳴るような体験。
あるいは、一種、ドアがノックされるような体験です。

どれも多分、とても、小さな音でした。
なぜなら、物心ついてから、ずっとそうであったなら、違和感には、とても気づきづらいからです。


折々に、小さな違和感の感覚が、あったかもしれない。
でも、ずっとそうであったなら、違和感に、とても気づきづらかったかもしれない。



目に見えづらい、節目節目の違和感

今から分け合う知識を、あなたが実感として、「生きた」ことがあるなら……。
そのことを、具体的に言葉で説明されれば、
「あっ!」
と、気づけるはずです。


でも、その時でさえ、
「人生なんて、こんなもの」
「他の人だって、口にはしないけれど、似たようなものだろう」

こんなふうに、自動的に考えて、違和感を飲み込んだかもしれません。

あるいは、
「私が、至らないからだ」
「私に、何かが欠けているから、こうなっているのだ」

こんなふうに、ひたすら自分のせいにして、折々の違和感を、「がんばり」で乗り切ってきたかもしれません。

これから挙げるような違和感を、我慢とがんばりで、乗り切ってきたかもしれない。

「人生をとりあげられた」人には、どんなことが起こっていた、可能性があるのか。
それでは、ライフステージ別に、見てみましょうか。



「人生をとりあげられた」人に起こる、ライフステージ別の違和感

画像 学生の頃 |

「生きづらい」と、感じていた。
自分は、他の人たちとは、何かが違うと感じていた。

過呼吸やアトピー、摂食障害(表にはわからない)など、身体症状に苦しんでいる/苦しんだかもしれない。

高校生ぐらいになると、ふと、
「もしかしたら、自分の家は、他の家とは、少し違うかもしれない」
と、感じたかもしれない。
でも、そんなことは言えないので、恥じて、隠したかもしれない。
何ごとも起こっていないかのように、あなたのがんばりで、カバーしたかもしれない。
画像 就職活動の頃 |

進路が、決められなかったかもしれない。
(実際には「決めて」も、主体的に「決めた」という感覚では、ないかもしれない)

周りがなぜ、あんなに進路を選んだり、決めたりできるのか、わからない。
なぜ、自分に合っていることがわかるのか、わからない。

なんとなく、周りの意見に合わせるようにして、進路を決めたかもしれない。
そして、あまり好きでもないことを、「がんばって」しまったかもしれない。
画像 交際で |

相手の側から、交際を示されたから、交際をスタートしたかもしれない。
相手から求められたら、「断る」という発想が、なかったかもしれない。

相手から、いったん好意や意思を、抱かれたら。
自分の側に、「断る」という選択肢が、考えられないかもしれない。

世間から見れば、「なんで、そんなことに、がまんしているの?」という、つらい交際になっているかもしれない。

自分ががんばるとか、尽くすとか、我慢する以外の交際を、現実として想像できない。
画像 仕事の中で |

責任感に、あふれているかもしれない。
いつも、「がまん」や「がんばり」を、引き受けているかもしれない。

周りの人の尻拭いや、失敗した仕事を、引き受けているかもしれない。
それが「当たりまえ」とすら思い、誇りにすら、感じているかもしれない。

先回りして気づいて、手を回して、
「すごいね、気がきくね」
と言われる、立ち位置かもしれない。

皮肉にも、それゆえ、延々状況が変わらず、疲れ切っているかもしれない。
どうやって、その循環から脱したらいいか、わからない。
もはやこれが、自分の個性や性格なのかと、思い込んでいるかもしれない。
画像 結婚や出産で |

出産を経験した時、なんとも言えない気持ちに、なったかもしれない。
素晴らしいことのはずなのに、説明できない違和感……もやっとする感じが、あったかもしれない。

子育てというものを、どうしたらいいのか、わからない。
自分が子どもの頃に経験したものと、とてつもなく違うものかもしれないと、感じたかもしれない。

出産の際に、「実家を頼る・実母を頼る」という概念が、理解できなかったかもしれない。
そんなことをしたら、自分の方が、とてつもない面倒を、背負いこむことになってしまう。
画像 子育ての中で |

「がんばって」子育てをしているのに、なぜか、子どもが荒れるかもしれない。
荒れたり、反抗したり、引きこもったり、いわゆる「問題行動」を取りはじめたかもしれない。
それなのに、父親(夫)が、非協力的かもしれない。

今までは、「夫や子ども、周りが幸せでさえあれば、自分さえ我慢しておけばいい」。
そんなふうに考えて、自分をないがしろにしていたかもしれない。

でも、なぜか、それが成立しなくなってしまったかもしれない。
大変に、なりすぎてしまったかもしれない。



「とにかく怖い」 この、気づきづらい感覚

これら表面上の現象に加えて、もっと気づきづらい、基調低音のようなものがあります。

その基調低音は、物心ついてから、ずっと土台に流れていたかもしれない。
それゆえ、あなたは今も、気づいていらっしゃらないかもしれません。

それは、こんな感覚です。


「怖い」

言い知れない、恐怖の感覚です。


でも、この感覚が「普通」で育ってきたら、それが「普通ではない」ことに、気づけない。

それゆえ、こうやって、言葉にして、確認しています。
なぜなら、言葉にして確認しないと、起こっていることに、気づくことができないのです。



「当たりまえ」すぎて、気づきづらい状態が、あるかもしれない

「怖い」。
とにかく、怖い。

それゆえ、こんな感覚が、あるかもしれません。
重ねてこの感覚も、言葉で確認されないと、気づくことができないかもしれません。


人が怖い。特に、強圧的な人が怖い。びくびくしていると思う。

俗に言う、「緊張が強い」。
物心ついた時から、こうだった。
リラックスが、わからない。

内心では、人を信用していないかもしれない。
人を信じるということが、わからない。

生きる目的が、わからない。
人生が、怖い。


「私なんて、幸せになる価値があるように、思えない」
「人の手を借りてまで、生きている価値があるのか、よくわからない」

「『自分の人生』という感覚が、わからない」



生き抜くために頼ったのは、「がまん」と「がんばり」

こうやって、人生の節目節目も超えて、ずっと続いている感覚。

いったい、なにが原因で、どうやったら、なんとかなるのか。
因果関係の見当も、つかないかもしれません。



でも、がんばって、人生を生きてきた。
節目節目にいつも頼ったのは、「がまん」と「がんばり」です。

内面の違和感をがまんして、表面上で、がんばる。
本心を押し殺して、「演技」をして、その場を乗り越える。
でも、その連続が、どこまでいったら終わるのか、わからない。


「楽しい」という感覚も、わからない。
駆り立てられているのは、基調低音の、恐怖の感覚です。

でも、日々は続いてゆく。
だから、生きている……。

あなたは、もしかしたら、こんな感覚で、日々を送られているかもしれません。
そしてこれは、「人生をとりあげられた」人独特の、感覚です。



……恐ろしくなってきましたか?
でも、安心してください。

この、辛い感覚からは、自由になれます。
だから、このまま先に進んで、もっと情報を見てみましょうか。

大丈夫。解決可能ですから、この記事を書いて、あなたと共有しています。

この感覚からは、自由になることができる。
だからこそ、先を見てみましょう。