03 | ライフステージごとに経験する、理由のわからない違和感

文節区切りの線

もやっとする違和感が、あったかもしれない


あなたがもし、私と同じように、「子ども時代をとりあげられた」人だった場合……。

「何かが、とてもおかしい感じがする」
とりわけ、こんなふうに強く感じるタイミングが、いくつかあります。

それは、人生の節目節目。
大きな変化や、大きな選択を、前にした時です。



警告の感覚に、気づきづらかったかもしれない

「子ども時代をとりあげられた」人にとっては、警告アラームが鳴るような感覚。
あるいは、ドアがノックされるような、ハッとする感覚です。

どれも多分、とても、小さな音でした。


折々に、小さな違和感の感覚が、あったかもしれない。

でも、ずっと、違和感に包まれていた。
だから、警告のかすかな音には、気づきづらかったかもしれない。


節目節目に、違和感があった


今から分け合う知識を、あなたが実感として、「生きた」ことがあるなら……。

その時の “感覚” を、具体的に言葉で説明されれば、
「あっ!」
「知っている」
と、気づけるはずです。


でも、その時でさえ、
「人生なんて、こんなもの」
「他の人だって、口にはしないけれど、似たようなものだろう」

こんなふうに、自動的に考えて、違和感を飲み込んだかもしれません。

あるいは、
「私が、至らないからだ」
「私に、何かが欠けているから、こうなっているのだ」

ひたすら自分のせいにして、折々の違和感を、「がんばり」で乗り切ってきたかもしれません。


これから挙げるような違和感を、「がまん」と「がんばり」で、乗り切ってきたかもしれない。


「子ども時代をとりあげられた」人に起こる、ライフステージ別の違和感


「子ども時代をとりあげられた」人には、どんな違和感が起こっていた可能性があるのか。
それでは、ライフステージ別に、見てみましょうか。

ちなみに、この違和感。
いわゆる “普通の人” が語る、「表面上、似たように見える」悩みの深刻度とは、根本的に異なります。

差別や価値下げ、優劣の問題ではありません。
そうではなく、客観的な事実として、そもそもの絶対的な深刻度……原因の根深さが、圧倒的に異なるのです。


まずは、見てみましょう。
そうすると逆引きして、いわゆる “普通の人” が、決してあなたと同じ深刻度で、悩んでいないことが理解できます。


こんな違和感が、折々にあったかもしれない

画像 学生の頃 |

「生きづらい」と、感じていた。
自分は、他の人たちとは、”何かが違う” と感じていた。

喘息や過呼吸・アトピーなど、身体症状に苦しんだかもしれない。

中学・高校生ぐらいになると、
「もしかしたら自分の家は、他の家とは、違うかもしれない」
と、客観的に理解できたかもしれない。

でも、言っても仕方がないので、隠したかもしれない。
何ごとも起こっていないかのように、平気なふりをしたり、表面を明るくふるまったり、がんばりで、カバーしたかもしれない。
画像 就職活動の頃 |

進路が、決められなかったかもしれない。
(実際には「決めて」も、主体的に「決めた」という感覚では、ないかもしれない)

周りがなぜ、自主的に進路を選んだり、決めたりできるのか、わからない。
なぜ、自分に “合っていること” が、すんなりわかるのか、わからない。

自由に好きなことを選んでいいと、なぜ、考えられるのかがわからない。
その自信や、「自分を大切にする」という感覚が、わからない。

そのため、周りの意見に合わせるようにして、進路を決めたかもしれない。
あるいは、なりゆきで、選んでしまったかもしれない。
画像 交際で |

相手の側から、交際を求められたから、交際をスタートしたかもしれない。

相手から求められたら、「断る」という発想が、なかったかもしれない。
自分の側に、断る権利があるという発想が、ないかもしれない。

好意を示されたら、つきあわないといけないと、信じ込んでいるかもしれない。
あるいは、本当に好きな人は、自分には値しないと信じているかもしれない。

世間から見れば、つらい交際になっているかもしれない。
自分側ががんばるとか、尽くすとか、がまんする以外の交際を、現実として想像できない。
画像 仕事の中で |

責任感に、あふれているかもしれない。

「がまん」と「がんばり」での自転車操業状態が、常態化しているかもしれない。
終業後や休日にまで、仕事があふれ出しているかもしれない。

周りの人の尻拭いを、引き受けているかもしれない。
そうすることが「当たりまえ」とすら、感じているかもしれない。

先回りして気づいて、
「すごいね、気がきくね」
と言われる、立ち位置かもしれない。

どうやって、がんばりと激務の循環から脱したらいいか、わからない。
「背負いすぎは、おかしいことなのだ」という発想自体がないか、薄いかもしれない。
画像 結婚や出産で |

結婚は、社会的に「すべきもの」なので、結婚したかもしれない。
その時に、ちょうど交際していたからという理由で、その相手との結婚を決めたかもしれない。

出産を経験した時、なんとも言えない気持ちになったかもしれない。
素晴らしいことのはずなのに、説明できない違和感……もやっとする感じが、あったかもしれない。

出産の際に、「実家を頼る・実母を頼る」という概念が、理解できなかったかもしれない。
そんなことをしたら、自分の方が、とてつもない面倒を、背負いこむことになってしまうから。
画像 子育ての中で |

自身が子どもの頃に経験したものと、いわゆる「普通の」子育ては、とてつもなく違うものだと、感じたかもしれない。

「夫や子ども、周りが幸せであれば、自分さえ我慢しておけばいい」
そんなふうに、自分をないがしろにしていたかもしれない。
そのことにも、無意識かもしれない。


「とにかく怖い」 この、説明しづらい感覚


これら表面上な現象に加えて、とても気づきづらい、基調低音のようなものがあります。
それは、こんな感覚です。

「怖い」。
とにかく、怖い。



この感覚も、あまりにも日常化しています。
そのため、あらためて言葉で説明されないと、自覚して、気づかないかもしれません。



生き抜くために頼ったのは、「がまん」と「がんばり」


あなたは、もしかしたら、こんな感覚で、日々を送られているかもしれません。

それでも、がんばって、人生を生きてきた。
節目節目に頼ったのは、「がまん」と「がんばり」です。

これが、「子ども時代をとりあげられた」人の、独特の感覚です。


……わかる?

わかりすぎて、恐ろしくなってきましたか?
でも、安心してください。


この感覚からは、自由になれる

この、とても辛い感覚からは、自由になれます。

大丈夫。
解決可能ですから、この記事を書いて、あなたと共有しています。


正直、この状態を抱えて日々を生きるのは、とてもしんどい。

たとえるなら、しじゅう、見張られている感覚。あるいは、正体不明の何かに、縛られているような感覚です。
なれるものなら、この感覚から、自由になりたいですよね。



この感覚からは、自由になることができる。
だからこそ、先を見てみよう。

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「元・体験者」「回復者」が主催しているワークショップ。
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」のテーマから、実際に回復(リカバー)した者が主催する、実践的な内容。
すでに、長い開催歴があります。

詳しい来歴は、「私たちの想い | 運営者情報」でもお読みいただけます。