04 | 「人生をとりあげられた」人の該当する、具体的な症状



「人生をとりあげられた」人の具体的な症状を、見てみる

言葉で確かめて、知識を補ってゆくことは、とても重要です。
言葉を使って、確認してゆくからこそ、「これだ!」と、気づけるからです。

なぜなら、当事者であった私も、
「確かに、とてつもなく苦しい。でも、苦しくてもがんばっていることの、何がいけないの?」
「現実がなんとか回っているのに、問題でもあるの?」
と感じていました。

(思い出しましたか? これを書いている私も、当事者なのです。それゆえ、こんなに詳しく、感覚を知っています)

後からお伝えしますが、そのまま放置しておくと、「問題大あり」になります。
そのため私は、今これを書いて、あなたと情報を共有しています。


この「問題大あり」状態、放っておくと、最終的に、相当厄介なことになります。

ですが、放っておかず、必要な対策を立てるならば、解決可能です。
しかも、「生き方の問題」でも、ありません。


そのため、知識をつけるために、「人生をとりあげられた」人について、もっと具体的に見てみましょうか。



「人生をとりあげられた」人の、具体的な症状リスト

具体的であるということは、とても重要です。
リストにしてみて、当てはまるなら、気づけるからです。

それでは、もっと理解を深めるために、見てみましょうか。
以下が、「人生をとりあげられた」人にあてはまる、具体的な症状リストです。


あなたは、どれぐらい、あてはまりますか?


「人生をとりあげられた」人の、具体的な症状リスト |

[1]
物理的あるいは精神的な意味で、家族やパートナーとべったりだと、苦しくなる。

[2]
人との適切な距離感が、感覚として理解できる。だから、距離感が混乱している時に、苦しくなる。
人と近づきすぎると、苦しくなる。

[3]
他人の力を借りずに、弱音を吐かず、一人でやり遂げる。
実際は、誰よりも優秀に成し遂げる。
でも、苦しい。

[4]
他人のぶんまで抱え込んでしまい、言い出せなくなって、苦しくなる。
見越して、先読みして完璧に達成して、もっと頼まれて、抱え込んでしまう。
発達し過ぎた責任感で、用事をパンパンに抱え込んでいることが、苦しみの原因のひとつ。

[5]
人に頼らなくとも、おそらく、そこそこ自立して、生きてゆける。
ところが、つい反射的に、人の顔色をうかがってしまう。
精神的に、他人に引きずられたり、影響を受けすぎてしまう状態が、とめられない。

[6]
年齢に応じたライフステージということが、どこか理解できている。
それゆえ、焦りの感覚が、とてもある。

外側は、年齢に応じたライフステージに至っている。
たとえば、学校に在学中とか、就職活動中、会社で部下がいる、結婚して子がいるなど。

でも、どんなライフステージの時でも、自分が「成熟していない」という感覚がある。
自分が今いる年齢相応の、外側の基準に達しているにもかかわらず、内面との乖離がある。


よく似ているけれど、「人生をとりあげられた」人とは異なる症状もある

ちなみに、よく似ていますが、少し違う症状があります。
もし、このような感覚なら、本ページ末のリンクへどうぞ。


苦しむ気持ちは、同じ。
そして、解決するために、いろいろな方法があります。適切な方法に巡り会うことが、いちばん重要です。

以下は、似ていますが、いわゆる「人生をとりあげられた」人ではない症状です。

似ているけれど、「人生をとりあげられた」人ではない症状[1] |

[1]
物理的あるいは精神的な意味で、家族や友達、恋人とべったりで、離れられない。

[2]
人との適切な距離感が、理解できない。
人と離れると、心細くなる。

[3]
他人の力を借りないと、何かが全うできない。
それが、苦しい。
学生時代も、その時々で誰かに手伝ってもらいながら、課題をクリアしてきた。
社会に出てからも、誰かに手伝ってもらったり、指示してもらわないと、仕事や日常生活が進められない。

逆に、誰かに指示してもらったり、マニュアルのある仕事は、上手にできる傾向がある。
(たとえば、40代まで「マニュアルありき」「指示ありき」の仕事を、担当しているなど)

[4]
人に頼らないと、現実が立ちゆかない。
どこかに行けない。手続きができない。お金の管理ができない。
旅行に行ったり、出かけたりするのが、予測困難でいろいろ怖い。

[5]
年齢に応じたライフステージということが、実感として、今一歩理解できない。
あるいは、年齢に応じたライフステージに、至れていない。
(* あなたがまだ、学生である場合は、イメージしづらいかもしれません。その場合は、ひとつ後の表も、参考にしてください)

[6]
相応の年齢に至っているにもかかわらず、老後を含む、将来のことを「具体的に」考えていない。
不安は覚えるが、行動レベルに、移れていない。

あるいは、どうやって生き抜いてゆくかの戦略を、うまくイメージできない。
焦りはあるが、実際の行動を変えさせるほどの焦りではない。

本当のところの実感としては、ものごとの大きさが、理解できていない。
それゆえ、行動がともなっていないという、事実がある。

さらに、見てみましょう。
重ねて、この場合は、「人生をとりあげられた」人の症状ではないです。


これらは、「人生をとりあげられた」人の症状ではない

似ているけれど、「人生をとりあげられた」人の症状ではない[2] |

[1]
「やろう」とは思うのだが、実際には、「できていない」ことが多い。

[2]
「自分なりに『できるだろう!』と想定している」レベルと、実際に「できる」レベルとのあいだに、大きな差があるようだ。

[3]
自分の中の考えや意見と、「現実」の間の想定が、かけ離れていることが多い。

[4]
学校生活の中、その後社会生活の中で、人に実際に手助けを受けたり、助けてもらうことを中心にして、その時々の課題をクリアしてきた。

[5]
自分自身の力で、適切に決められない。
つい、人の考えに、依存してしまう。
いつまでたっても、自分で決めたことがなぜか、想定とかけ離れてしまう。

[6]
時間管理、金銭管理、身の回りの管理、家事などが苦手。
がんばろうとチャレンジしても、現実として、うまくできないことが多い。
学生の場合は、提出物などを、忘れがちになってしまう。

[7]
年齢を重ねても、年齢相応の「外側」(仕事や収入など)が、ともないにくい。
学生の場合は、授業やテストなどに、ついてゆけないことがある。
あるいは、特定の科目のみ、極端についてゆけない科目がある。

[8]
いろいろなことに対して、
「それが、自分宛に言われていることだ」
「自分も当事者なのだ」
という意識が、薄いか、無い。
当事者として、ものごとを自覚できないことが多い。あるいは、そう言われる。

[9]
「空気が、読めないね」
「空気を読んで」
と、他者から言われることが多い。
あるいは、そう感じることが多い。

空気を読んでいるつもりでも、実際は空気……「非言語コミュニケーション」が、読み切れていないことが、結果的に多い。
それゆえ、いつも「気づくと、トラブルの中にいる」という状態になる。

[10]
後から考えるとわかるのだが、なぜか同じ間違いを、何度も繰り返す傾向がある。
しかも、その間違いに突入する最初に、「同じ間違いに突入しようとしている」と、気づくことができない。



「人生をとりあげられた」人でない場合は、以下のリンクへどうぞ

上に当てはまる場合は、いわゆる「人生をとりあげられた」人の症状ではありませんので、以下のリンクへどうぞ。
別ページで、解説がひらきます。

ケアーにつながる[1]|「あなたの幸せは、あなたにしか守れない」 これが、いちばん大切な土台


苦しむ気持ちは、同じ。

解決するためには、いろいろな方法があります。
そして、適切な方法に巡り会うことが、いちばん重要です。


そして、あなたが「人生をとりあげられた」人であった場合……。
その症状に、あてはまった場合は、さらに情報を見てみましょう。

どうすれば、この苦しさから、脱することができるのか。
もっともっと、知識を共有してゆきます。


苦しみから脱するために、さらに、知識を共有してゆきます。