05 | 3つのステップで、「人生をとりもどす」




気づくことは、いつでも、脱出の一歩目

前のページの「人生をとりあげられた子」に「当てはまる」ほうの表を見て、

「あっ……」
「これは、私だ」


そんな姿に、出会ったでしょうか。

もしそうなら、すごくいい出会いでした。


なんとか、しなくてはいけない

というのも、ここを検索するということは、あなたは、困っていらっしゃるのかも。
もしそうなら、「とてもいいサイン」。

なぜなら、「なんとかなるから」です。



いえ。
それどころか、「なんとかしないといけません」。

ですが、「なんとかすること」で、「なんとかなってゆきます」から、大丈夫です。


あなたの人生の時間・エネルギーを、守る

今まで、他人のために費やしてきた、あなたの時間とエネルギー。
おそらく、今も、そうでしょう。

それが、そのまんま、他人に向いたまま……。
そのままで、時間だけが進んでゆくなら、どうなる?

年齢が上がるにつれ、普通は、「これが私」というような、人生が積み重なってゆきます。
ところが、あなたの時間やエネルギーが、「あなた以外」に向いていたら?


人生が進んでいっても、「あなたの人生」は、すっからかん。
心もすっからかんで、キャリアや人生設計も、すっからかん。

人生が、もっと進んでゆくにつれて、お金や将来の守りも、すっからかんになるかもしれない。
それどころか、あなたにとって、負担になる人ばかりが、増えてゆくかもしれない。


……冗談ではない話に、なってゆきますよね。


「これ以上は無理」は、よいサイン

だから、「よいサイン」です。

「これは、まずいかも」という、もやもやとしたノック。
これ以上、がんばれないこと。

それは、
「自分の人生を、とりもどしてゆく」
その、真剣な一歩目に、なるからです。


「これ以上は無理」は、方向転換のチャンス

私たち「人生をとりあげられた子」の場合、相当追い詰められないと、方向転換という選択肢に、至れません。

なぜなら、「がんばれてしまうから」。



だから、これ以上、がんばれなくなる。
それは、実は、よいことなのです。


それは、
「あなたが、あなたのために、生きはじめる」
その、ぜっこうのチャンスだから。



「いちばん暗い時は、いちばん光に近い時」
こんなことが言われるのは、まさに、こういうことなのでしょう。


ONSA WORKSHOP で、取り組んでいる3つ

では、何をするのか。
言葉を変えれば、ONSA WORKSHOP では、何にそんなに、真剣に取り組んでいるのか。

3つのことに、ついてです。

1 自分にいったい、何が起こったのか、気づいてゆく
2 自分の人生を、とりもどしてゆく
3 自分の人生を、主体的に作ってゆく

この3つに、時間をかけて、取り組んでいます。

なぜなら、これがまさに、
「とりあげられた人生を、とりもどしてゆく」
ということだから。


「がんばり」のかけ先を、変えてゆく

大丈夫。
体験者だからこそ、なんの躊躇もなく、こう言います。

いままで、そのがんばりで「生き抜いてきた」あなたになら、できる。
ぜんぜん、遅くない。


その、「がんばり」。

本当には、価値を理解しない人たちによって、軽率に消費されてきた、その「がんばり」。
その「がんばり」のかけ先を、ぜんぜん信じられない「誰か」から、「自分」に、変えてあげる。

それだけで、奇跡が起こります。

自分の人生を、とりもどしてゆける。
生き直してゆける。

そんな、奇跡です。



| 同じテーマの最新記事を見る