Stage 2 |「感情ワークショップ」

| 「『感じる』こと = 本音の意見」

本音の感情を、あなた自身が肯定することで、
安心して、生きられるようになります。

| ONSA WORKSHOP(対面式)
感情ワークショップ

[テーマ]
「感情」について理解することで、今まで見えなかった、さまざまなレベルの「本音」を、理解してゆきます。
[効果]
「感情」という言語を取り戻すことで、現実的なレベルで、人生を軌道修正してゆくことができます。
画像

| 本コースの目標

・Coming Soon

| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


自分がいかに空虚やあきらめ、怒り、不安で毎日いっぱいだったかを知りました。
感情を持つことはいけない事。幼稚。
人前で泣くなんて恥ずかしい。
怒りを覚えると、人と争うことになる。
私は争いが嫌いだから、怒りを覚えなければいい。

今思えば、感情をコントロールしようと必死だったのだと思います。
感情はたくさんの事を教えてくれます。
感情を無視しようと、抑えようと、無かったことにしようとした事が、そもそもの原因だったように思います。
感情を出すこと、怒りを感じることですら、悪いことではないということ。
私がずっと小さいときから感じていた、無気力な気持ちは、色々な感情を抑え込んでいたために生じていた感情だということ。
色々なことに納得がいきました。
「感情ワークショップ」を受ける前の自分には戻れないほど、今回勉強したことは、これからの人生を生きていくのに大きな力になると確信しています。

1 |
「感情を感じること = 自分に正直に、あなたの本音で、人生を決めてゆくこと」
この「芯」が、いかに大切なことかを確認します


「感情」は、人生の羅針盤


「感情が分からないことは、人生を、決めてゆけないこと」
衝撃的な事実ですが、現実的な事実でもあります。


なぜなら、このようなことが言えます。

自分に正直に、人生を決めてゆく代わりに、他人の意見・おすすめによって、「自分の」人生を決めてゆくと……。
人生が、いつのまにか、違和感だらけになります。


気づけば、苦しさを覚える人間関係や、選択を誤ったと感じる交際・交遊・職業選択で、いっぱいになっているかもしれません。


「感情」を羅針盤に、人生を再生してゆく


自分の感情を尊重することは、自分を尊重することです。
なぜなら、あなたが「感じること」が、あなたが、「選択したいこと」だからです。


そのため、本コースでは、「感情」というものの仕組みを、知識として学びます。
正直な感情にもとづいて、生きたい人生に戻ってゆく、一歩目とします。


2 |
「感情」についての、基本的な知識を理解します


「がまんする」という方法は、非生産的で、未来につながらない


感情をとりあつかうためには、2つの方法があります。
1つ目は、世間の大多数が、信じている方法です。

感情に振り回され、お互いに
「勝った/負けた」
「上/下」
「正しい/間違っている」
こんなパワーゲーム(押したり引いたりの力くらべゲーム)や、マウンティングを、繰り広げることです。




私たちの多くは、親や周りの大人から「仕方がない、それが処世術だ」と教えられました。
そのため、感情……特にネガティブな感情と折り合ってゆくためには、「がまんするしか方法がない」と信じ切っているかもしれません。


「感情サイン」を使って、選択を整理してゆける


本ワークショップでは、「感情サイン」について学びます。
感情サイン」の基礎を学ぶと、あなたが「今ここ」で感じている感情に、自覚的になれるからです。




感情サイン」に自覚的になると、
「何を、選択したくないのか」
「何なら、選択してもよいのか」
感情を通じて、自身の選択肢に、自覚的になることができます。


不健康な関係に巻き込まれないよう、必要に応じて、安全な距離を取る選択も、できるようになってきます。
適切に自分を守ることが、できるようになってくるのです。

年度テーマのご案内
[設定のあるコースに限る]

偶数年 | 年度テーマ
“感情サイン” を学び、何が起こっているか理解する
奇数年 | 年度テーマ
“感情サイン” を学び、現実の出来事とつなげてゆく
画像

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「元・体験者」「回復者」が主催しているワークショップ。
いわゆる「機能不全家族問題」「共依存」のテーマから、実際に回復(リカバー)した者が主催する、実践的な内容。
すでに、長い開催歴があります。

詳しい来歴は、「私たちの想い | 運営者情報」でもお読みいただけます。