Stage 1 | 春の基礎学習

画像

・「いわゆる『共依存』とは、具体的に言うと、どういう現象なのか」
 克服してゆくために、絶対に欠かせない基本知識を、徹底的に学ぶ会です

・「共依存」とは、他人のめんどうを見ているうちに、
 自分の人生が作れないまま、時間だけが過ぎてゆく現象です
・そのままでは未来が見えないので、脱出のための基礎知識を学びます

| ONSA WORKSHOP(対面式)
春の基礎学習 [ステージ・難易度]
Stage.1[圧倒的基本]

[ご参加順位・ご参加資格]
【なし】
どなたでも、ご参加いただけます
ONSA WORKSHOP がお初めての方でも、
ご参加になれます

画像
この数年、自分がやってきたことはけっしてむだじゃないと思っています。
その整理をするポイントに、この勉強会があったことを幸運に思います。
様々な問題の根っこが、ここ(自分がないこと)にあると、感じた。

他人の評価を気にして、他人の評価で生きていること。
他人に渡されたかもしれない責任感。
他人がよいとする生き方、行動。

これらに「本当?」と時々でも、疑問を持ちながら、生活してみよう。
参加してよかった、これが今の気持ちです。

新しい視点がもらえました。ひとりじゃきっと分からなかったです。
ひとりになるのはもう十分。
自分のボタンのかけ違いにも気付けたし、それを選び直した大事な時間でもあった。

「どう生きればいいのか」……内的感覚が、わからない

「人生の初期が、大きな混乱とともに、スタートしてしまった」
すると、副産物として、「どう生きればいいかわからない」という症状が発生します。

健康な人生イメージが、描けなくなります。
これは、おかしいことではなく、この問題に巻き込まれた場合、普通に起こる現象です。


そのため、本講座では、こんがらがっている糸を、知識でほどいてゆきます。

「『生きる』とは、つまるところ、何をすることなのか」
本講座では、健康な人生イメージを、言葉で定義し、確認してゆきます。

「自分の人生に、どんな可能性が許されているのか」
その可能性を、人生の中で「現実にしてゆく」ことが、人生「回復」の作業となるためです。



「どの順番で、何をすればいいのか」
地図であり道を、はっきりさせてゆきます。

刻々重ねてゆく、人生「回復」という作業に、必要なステップやプロセス。
あるいは、これから起こるであろうことへの、下知識の準備。

「回復」作業の土台となる、欠かせない基礎知識を、ひとつずつ確認してゆくコース。
いちばんの基礎となる知識の確認と、下準備のための会です。


「どの順番で、何をすればいいのか」を、明らかに

人生「回復」作業にとって、重要な基礎用語と概念を整理してゆきます。

「愛着」(形成がないことの意味)
「コントロール」
「共依存/相互依存」......。

基礎用語がわからない・理解があいまいだと、その後のすべての知識の理解が、あいまいになってゆきます。
そのため本コースでは、知っておきたい知識や、欠かせない基礎概念を、ひとつずつ確認してゆきます。



画像

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
その体験から、実際に回復(リカバー)した者が主催となりますため、実践的な内容が特徴です。

「その状況も気持ちも多分、"体験して" "知っている"」
詳しい来歴等は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。