予習&復習 | 冬の大勉強 & 大準備会[ だいだい会 ][基礎編]

[本コースの目的]
・いわゆる「共依存」とは、他人のめんどうを見ているうちに、
 自分の人生が作れないまま、時間だけが過ぎてゆく現象です
・ですが私たちは、人と関係を作らないと、現実として、生きてゆけません

・「それではなぜ、何の目的で、人は人と関係を作るのか」
・「共依存」という、人間関係の混乱現象を解決するため、
 人間関係の、いちばん基礎の部分を、生物学的土台から学んでゆきます

| ONSA WORKSHOP(対面式)
冬の大勉強 & 大準備会
[だいだい会][基礎編]

[ご参加順位・ご参加資格]
【なし】
どなたでも、ご参加いただけます
ONSA WORKSHOP がお初めての方でも、
ご参加になれます


[ステージ・難易度]
Stage.1[圧倒的基本]
画像

| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)


仕組みを根源から知ることは、心にもとても優しいことだと思った。
ほんとに心が「YES, YES, YES!」の連続でした。

もちろん、その優しさの中には悲しさや失ってきた時間も含んでるけれど、それでも、わたしは受け入れるほうを選びます。
それが一番納得できるから。
「わかる」ことで、私のぼんやりとした感じが、はっきりとした言葉になりました。
テキスト通りのことが自身に起こっている、運命とかそういう曖昧な話ではなくて、現実問題の手順通り、仕組み通りのことが起こっているだけでした。
今までのなんとなく知っている、知識がある、その部分にしっかりと名前がついた感じ。
名前がついたということは正体がわかる、ということ。

私がしっかり刻み込まないといけないのは、誰かの話をしているのではなく、私の話だということ。
何度でも思い出そう。
私が生きているんだということ。
自分の足で、ひとりで立つことを、諦めない。
現実的な課題解決の仕方を身につけたい。
私は、「自己嫌悪」せずに、課題を解決するスキルを身につけたい。

心理学の知識の力を借りることで、謎に光を当ててゆきます

人間関係の混乱を、棚卸ししてゆく

いわゆる「人間関係」に、正解はありません。
同時にですが、いわゆる「機能不全家族問題」に巻き込まれた人の「人間関係」には、似たような混乱が見られます。


「なぜ、いつもいつも、同じような人間関係に、つかまってしまうの?」
「登場人物は、いつも違う。でも、同じ脚本の、繰り返し再生に見える」
「違うのは、登場人物だけ。パターンは、同じだ」


根っこから、ていねいに理解してゆく

いわゆる「共依存」。
この症状は、「機能不全家族問題」から、必然的に派生する症状となります。
人間関係への依存や嗜癖を、特徴としています。



ところで、生きている以上、人間関係を持たないわけにはゆきません。
それゆえ「共依存」とは、ある種、いちばん解決しづらい嗜癖(くせ)の状態と言えます。


「共依存」関係が、現実に仕上がる仕組みを、理解します

いわゆる「共依存」関係には、一定のパターンがあります。
それゆえ、パターンを理解しなければ、出ることもできません。



「そもそもなぜ、人は、人間関係を築いてゆくのか」
「どのような人間関係が、健康な人間関係なのか」
「どの種類が、不健全な人間関係と判断できるのか」


人生「回復」作業の中で、言葉にして確認する必要がある点は、いくつもあります。
定義を確認し、名前を与え、「見える化」しなければ、把握することもできません。

そのため、リストや表を併用しつつ、人間関係の仕組みを「見える化」します。
そうすることで、いわゆる「共依存」者の弱点である「人間関係」のポイントを、目で見てわかりやすく、確認することができるからです。



一般的な質問の時間を、たくさん設けています

質疑応答の時間を設けてあります

ONSA WORKSHOP の、各テーマのコース中では、一般的な質問をお受けする時間がありません。
それゆえ本コースでは、一般的な質疑応答の時間を、たくさん設けてあります。

特に本コースは、ONSA WORKSHOP が、まったく初めてという方も、ご参加になれるコース。
質問したいことも、多岐にわたるかもしれません。


聞けなかった不安や気持ちを、言葉にする

初めて人生「回復」に触れる方も、「共依存」という単語に触れる場合も……。
いわゆる人生「回復」作業の渦中は、一人で抱え込みがちになり、わからないことだらけであり、不安でいっぱいになります。

あるいは、
「今取り組んでいることで、合っているのだろうか」
「独りよがりで、自己流になっているのではないか」
このような気持ちで、揺れがちになります。

そのような不安を、抱えたままでいるのではなく、言葉にして共有する。
ひとつずつ不安を解消し、疑問を解決しながら、共に進んでゆく時間とします。


ご参加順位(あり・なし)等と、ご参加に際しての留意点


ONSA WORKSHOP に、ご参加をご検討されている方も含めまして、すべてのお客様に、ご参加いただけるコースとなっております。

その上で、ONSA WORKSHOP の以下のコースをお取りいただいておりますと、理解が楽になります。
本コースは、ご参加条件を設けておりませんが、念のため、ご案内を申し上げます。