02 | 自己紹介 -「権威を盲信するな。自分の目で確かめろ」と習った

<< 続きです >>


1本前の記事からの、続きです。

1本前の記事に、私のルーツを書きました。
まとめると要するに、私は原体験から、こんなことを学びました。


・権威は、嘘をつくことがある
・周りの大人は、権威に盲従することがある

・表面上のふるまいに、ころっと騙される大人もいる
・権威に盲目にへつらい、子どもを見捨てる大人もいる



逆に、こんなことも学びました。



・権威であるかどうかではなく、その人を「人間として」見て、
 信じられるかどうかを決める大人もいる

・自分が信じるものを、自分のアンテナで、決める大人もいる

・それは、子どもにとっては、普通のこと
 でも、大人になると、それがわからなくなる人もいる

・あるいは、大切なことが、ずっとわかっている大人もいる



あらためまして、私は今、出版というジャンルで生きていて、幸せに思っています。
なぜなら私が、「どこの誰であるか」で判断する人はいなくて、ここは純粋に、実力勝負の世界。

評価されるのは、「言っていることが信頼できるか」だけ。
権威や影響力は、関係がない。


そうではなく、あなたと本を介して、直接関わりが持てている。
あなたは、気に入らなければ、「買わない」という行為をするだけ。

このシンプルさが、すごく気に入っているところです。


だから、そういうご縁のあなたと一緒に、私が得た宝物を、分けたいです。
重要なことですよ。


「権威を、疑うこともまた、覚える」
「目をひらいて、事実だけを見る」
「自分の心を、信じる」



このことです。

文節区切りの線


そして、あなたと分かち合いたいのは、主に2つのこと。
その「2つ」とは、具体的に言うなら、これです。


[1]
権威の “言っていること” ではなく、事実を見る。
「資料」「データ」「原典」を、自分の目で、確かめてゆく。

[2]
自分の権利は、自分で守ってゆく。
「誰かが、何とかしてくれるだろう」と、
受け身で “誰か” に人生を委ねていては、絶対にいけない。



この2つ、人生にとって、非常に重要なことだと思う。
場合によっては、安全性のみならず、命に関わることになる

だから、分け合えて嬉しいです。


それでは、一緒にスタートしましょうか。
一緒に、命を守るための勉強をしてゆこう。

<< 続く >>