03 | 人は、みんな違う。そして全員が、自分の命に権利を有する

<< 続きです >>


あらためまして、話を進めてゆきます。

この場所には、通常何もなければ、書籍を中心としたご縁の皆さまが、集ってくださいます。
そして、弊社のワークショップにご参加の「お仲間さん」が、集います。


ワークショップの「お仲間さん」は、共に学んでいるので、いろいろわかっている。
ですが、それ以外の方のために、とてもベーシックなところから、話をはじめてゆこう。

ものすごく手前のところから、話をはじめます。
少しだけ根気よく、お付き合いくださいね。





じゃん。
この表、知っていますか?

これは、いわゆる、この世界の分布をあらわす表のひとつ。
人の IQ と、その分布をさしています。


画像
「World Wide IQ Test」より図を引用)


「なんで今、IQ の話?」と思うかもしれません。
でも、後々わりと重要になってくる情報ですので、ここで明示しておきます。


言いたいことが何かと言えば、これです。
世の中は、実に、いろいろな人がいるということ。

そして、ここが重要ポイントなのですが、
「いろいろな人がいて」
「当然、人(命)に、上下はない」

ということ。


「IQ の上下」は、「人(命)の上下」では、ない

考えることが得意な人も、ゆっくりペースの人も、人としての重みは同じ。
命の重みは、同じ。



「何を今さら」というぐらい、当たりまえのこと。
すみません、今さら感があって。

ですが、理解の重要なポイントですので、慎重に、言葉で確認しておきたいです。


私たちは、この世界を、全員で分け合っている。

100人いれば、100とおりの主張がある。
3000人いれば、3000とおりの考えがある。

この世とは、そういう場所。
そして、それで完全。



誰かと意見が同じでなくともいいし、むしろ、同じでないことの方が、普通。
だから、誰か特定の人の意見を、他人に「強要」することは、そもそも、おかしいこと


文節区切りの線


でも、こういうこともまた、起こり得ます。

私のように、長いこと家庭の中で、
「お前は、こうではなくてはならない」
「お前は、こう生きるべき」
と強要されて育つと、「全員違って、みんないい」は、宝物に感じる。



そして、今はといえば、このことは、非常に重要な価値に変わっているという認識です。

「そうか、私は私でいていい、自由があるのだな」
「私には、自分らしく生きる権利もあるのだな」
「それが、私の命に与えられた、当然の権利なのだな」

と。


ひるがえって、あなたも同じ。
あなたが、ゆっくり考えるタイプでも、スパコンみたいに切れ味のある頭脳のタイプでも、これが真実。

上のグラフの、どのポイントに、あなたの座標点があっても、

「この世界は、全員のもの」
「あなたも、その『全員』に含まれている、大切な人」
「大切な一人であり、大切な命」

これが、事実。






だからこそ、この自由が奪われると、
「何かがおかしい」
と、感じてくると思う。

<< 続きます >>