04 | 境界線 -「自分の権利」と「他人の権利」が、等しく尊重される

<< 続きです >>


「みんな違って、みんないい」
「みんなそれぞれ、『自分の』人生を持っている」

これが、この世界中で、矛盾することなく成り立っている。
それは、すごいことだと思う。


もちろん、問題もある。
そりゃあもう、たくさんあるでしょう。
問題がなければ、警察も消防も、弁護士も裁判所も、刑務所もないでしょうよ。


でも、そんな中、全員にとって重要になる価値観がある。
それは、こういうことだと思う。


・誰もが、自分の権利を保障される
・その代わり、誰もが、他人の権利を踏みにじらない
 他人の権利もまた、尊重され保障される


(だから、他人の権利を踏みにじった時、相応の罰則を受ける)



この、自分と他者のあいだの、大切な「境界線」。
この境界を尊重することで、いろいろありながらも、共にやってゆく。



文節区切りの線


そして、私の親が誤っていたのは、まさにここだと思う。

要するに、権威があることが、問題なのではなかった。
社会的地位が高いことも、問題ではなかったと思う。


そうではなく、こういう「ねじれ」が問題だったと、子の私は思う。


自分が「たくさんの人から認められていて」「地位や名誉を持っている」から、「偉い」「特別」と勘違いしていた



直近の言い方で言えば、いわゆる、自分を「上級国民」と思っていたであろうこと。
直接聞いたことは、もちろんないけれど、そう思っていたことでしょうね……と思います。


もし万一、本当にそう考えていたのだとしたら、なんて傲慢な考えなのだと思います。

そして、子という、いちばん身近で見てきたからこそ、
「その人生はおそらく、幸せではなかった」
「周りから畏敬の念は注がれるが、誰からも、本当には愛されていなかっただろうから」
「温かな親愛の情や、冗談や、笑いを向けられることは、なかっただろうから」
ともまた、言えます。


このことは重ねて、私のただの、個人の思い出話ではありませんからね。
イメージを共有しやすいように、自分の話で説明しているだけであって、今後の文脈に、非常に関係してくる話だと思っています。

<< 続きます >>