05 | 命を尊びあい、価値を守ってゆく世界がいい

<< 続きです >>

ここです。これが後ほど、とても大事になってきます。
だから、今のうちに、しつこく確認させてください。


人の命には、「上級」とか「下級」とか、「優」とか「劣」はない。
それはおかしい考えだし、命の意味そのものを帳消しにしてしまう、ねじれた考え。




そうではない。

命の価値は、みな同じ。
上下も優劣もない。



わんこは可愛いし、にゃんこや子どもは、とってもユニーク。
もう、いてくれるだけでいい。
どんな変なことをしても、とにかく、かわいい。

おじいちゃんやおばあちゃんの命は、ものすごくキュートだし、たまに、永遠に死なないんじゃないかと思う。
年月を経てきた笑顔は、最高。


あるいは、命の恵みをいただく時は、昔から祈りを捧げてきた。
釣り人が、魚を尊んで屠り、余すところなくいただくのは、魚の命に敬意をあらわしているから。
太古の昔から、収穫に祈りを捧げてきたのも、同じ理由だと思う。


大切に尊び、価値を守る。
だから、世界が美しく見える。



たとえば、この世界に、あなた一人しかいなくて、星空の美しさを、誰とも共有できない。
そんな時、星空は、同じように美しく見えるのかと、疑問に思う。

(きっとそれは、とても寂しく見えるんじゃないかな)


誰かと分け合いながら、連綿と続いてきた世界。
何度、価値を壊されかけても、みんなで価値を、守り続けてきた。

だから、世界はこうある方が、私はやっぱりいい。






でも、世界をこう考えてもいない人たちも、きっといる。

この世界や他人を、「支配してしまえ」「思いのままにしてしまえ」と考える人。
「自分は特別なのだから、その権利がある」と、考えるかもしれない人。



たとえばですが、私の父のような人たち。

「こういう人も、いるかもしれない」
そのことを、知識として知っておかないと、話は先に進められないように、私は思っています。

<< 続きます >>