06 | 権威を疑うこと。自分の直感を信じること

<< 続きです >>


世界を、「共に分け合う」のではなく、「支配しよう」と考える人たち。
このタイプの人たちについては、実は、研究が進んでいます。

たとえば、有名どころで言えば、マーサ・スタウト博士。
著書『良心をもたない人たち』の中で、スタウト博士は、こう告げています。


画像
* 表紙画像を amazon より引用


「たとえば、話をわかりやすくするために、100人の成人で作られた社会があったとしよう」と、スタウト博士は語りはじめます。

すると、その中に「良心をもたない人」は、4人いるという。
実に、25人に1人という、高確率になる。



このことにスタウト博士は、こう告げている。


世の中には文字通り、良心のない人たちもいるという、苦い薬を飲み込むこと。

良心のない人たちは、チャールズ・マンソンや、「スタートレック」の悪役フェレンギ星のバーテンダーのように、凶悪な顔はしていない。
私たちと同じような顔をしている。

『良心をもたない人たち』(マーサ・スタウト/草思社)
(* 読みやすいように、著者が句点を加えました)



「良心を持たない」

この概念を、別の言葉で言えば、
「人の心が、わからない」
ということになる。


実は、遺伝的な要素が、けっこう大きいらしいと言われている。

でも遺伝とは、生物学で学んだ通りですよね。
10人いれば、10人が同じになるわけではない。

土台となる気質的なものが、全員に、遺伝するわけではない。
ましてや、環境的な影響もある。


私のように、気質的なものが遺伝していないので、親と同じようには考えられない人もいる。
そして、この二者が、同じ世界を分け合った時、苦しみや違和感は、ものすごいものになる。

いくら、同じ環境で育ったからといって、考えが異質すぎて、ついてもゆけない。
もちろん、考えに共感もできない。



いっぽうは、言ってみれば、「人の心がわからない」。
でも一方は、「人の心がわかる」。
そして、この2種類の人間は、互いに似たような顔をして、この世界を共有している。



それゆえ、スタウト博士は、こう警告しています。


自分の直感と、相手の肩書 — 教育者、医師、指導者、動物愛好家、人道主義者、親 — が伝えるものとのあいだで判断が分かれたら、自分の直感に従うこと。

権威を疑うこと。

自分の心を守ること。
幸せに生きること。


『良心をもたない人たち』(マーサ・スタウト/草思社)




……さて、このお話。
あなたには、いっけん関係ないように思われるかもしれません。

ところが、とんでもない。
これから、あなたにも、関係大ありだということに、気づいてくるはず。

そうでなければ私は、わざわざ自分のルーツを開示して、こんなに長々と、自己紹介をしたりしないです。





実はこのことは、「今ここ」の、ものすごく危急の問題に関係してくる。


私たち、いわゆる「経験者」にとっては、長年、苦しみもがいてきた問題です。
だから、学んできたことで、知識の土台もついているし、やり口もわかっている。


でも、もともとこのような境遇に、関係のない環境に育った方。
つまり、あなたのような方にとっては、なじみがない感覚かもしれない。


「えっ? 待って。そんなことが、あるはずがない」
「そんなふうに、人が悪意に、考えるわけがない」

「そんなに冷淡な考えの人が、世の中にいるわけない」
「結局は最終的に、私たちのことを、思ってくれているはず」
「……えっ? 本当に……?」

足元がぐらぐらし、天地がひっくり返るような感覚かもしれない。




だから、すでに経験して、知識も実戦も豊富な私(たち)が、理解のサポートをしたい。
理解できれば、あなたもまた、身を守ることができるから。


あなた自身も、守ることができる。
そして、あなたの大切な人たちの身も、守ることができる。


この苦労を味わってきた者として、共に、大切なものを守ってゆければ、すごく嬉しいです。


なぜなら、世の中には、一度壊してしまったら “終わり” というほど、大切なものがある。
その代表格が、「命」になるから。



<< 続きます >>