11 |「コロナワクチン」なるものの中身、国の公式発表の書類(原典)

<< 続きです >>


あらためまして、現在流通している「コロナワクチン」と呼ばれるものの中に、何が入っているのか。

調べたいと、思いませんか?
ましてや、自分が打つものなら、なおさらです。


何が入っているかわからないものを注射するなんて、不安ですよね。

しかも、モノは「治験中」で、決して完成品とは言えないもの。
治験中ということは、安全性が担保されている、完成品の製品でなない。






私なら、知りたいです。
だから、調べます。

というわけで、調べました。
ここに、現物の書類へのリンクがあります。中に、成分等詳しいことが書いてあります。


「原典確認」は、理解の鉄則。

あなたもぜひ、書類を見てみてください。
意味がわからなくとも、まずは「目で見て確認」「目を通す」が鉄則です。


書類元は「独立行政法人医薬品医療機器総合機構」。
担当部署は、「医薬・生活衛生局医薬品審査管理課」です。

この書類が本物か、問い合わせて、聞くこともできます。
もちろん、上級官庁である厚生労働省に、問い合わせることもできます。

あなたには、問い合わせる力も、権利もあることを忘れないで。
意味がわかる権利も、自分の命を守る権利があることも、忘れてはダメなこと。






見ましたか? ……幾多の黒塗り。


私の、率直な疑問です。

「……なぜに、黒塗り?」


画像
↑ これは、ファイザーのもの


自分に注射するものなのに、何が入っているか、事前に教えてくれないの?
おかしくない?

それって、打つ人との間に、信頼関係が成立する行為だと思っている?

みずから隠して、黒塗りにしているくせに、
「安全です、信じてください」
と言って、誰が信じます?

信じるための具体的な根拠は、どこに?






私は、「反ワクチン」と言っている方々が、感情論者とも思わないし、陰謀論者とも思わないです。


非常に簡単なこと。

黒塗りされた、正体がわからない物質を「信じろ」「注射しろ」と言われても、無理筋な話。
その進め方に、疑問を覚える方が、思考が正常だと思っています。




あなたも、私の言うままを信じ込むのではなく、上の書類を、自分の目で見て、現物確認してください。
もし打ったのなら、自分のことですから、なおのこと、確認が大事です。

原典確認は、いつでも、基本中の基本。
だからまずは、基本から一手ずつゆこう。


<< 続きます >>