19 | 報道機関の発表を “うのみ” にせず、「自分の目で」現実を確認してみる

<< 続きです >>


前ページでリンクした、複数の動画。
これらが、嘘であるかどうか、あなたの目で、まずは確かめてみて。


オーストラリア、ニュージーランド。
アメリカ、フランス、イギリス、イタリア。
保守的と言われる、イスラム圏(モロッコやイラン!)にまで、”何か” の波が広がっている。


私たちは単に、「知らなかった」だけかもしれない。


でも……ちょっと待ってください。
今って、日清戦争前夜の時代(19世紀)じゃ、ないですよね。

インターネットが発達した、21世紀。
地球の裏側のことまで、瞬時に知れる時代です。

でも、もし、このことをあなたが知らなかったなら……なぜ?




この情報がフェイクでないかを確かめるために、もちろん、以下の方法も取れます。
あなたはもう、武器をひとつ、得たはずですよね。


あなたには、力がある

力がないなんて、嘘です。
知ろうと思えば、知る権利もあるし、知ることもできる。



DuckDuckGo(ダックダックゴー)で検索キーワード以下 |

anti vaccine, demo
anti vax, demo
vaccine passport, demo



画像

画像

画像



重ねて、……何これ。
幾多の、動画のリンクです。



あなたもぜひ、自分で調べてみて。
そしてぜひ、動画も実際に、見てみてください。

なぜなら、これはあなたにとっても、あなたの大切な人にとっても、重要なことになる。
ぜんぜん、他人事じゃないです。






1つ目の、大切な問いになります。
こう考えることは、とても、自然なことだと思う。

「いったい、何が起こっているの?」


そう。あなたにも私にも、知る権利がある。
だから私は、あなたと、「知る方法」(のひとつ目)を分かち合いました。


そして、次の大切な問い。

「これって、世界中で広がっているということは、”明日は我が身” とは言えないの?」
「少し先の、自分の姿ってことは……ない?」




はい、ここです。

自分に関係のあることだから、きちんと、知っておかなければならない。
あなたや私の健康、自由、未来にとって、非常に重要なことになる。

あなたの大切な人、子ども、パートナーや親御さんにとっても、重要なこと。
(もし、あなたが親なら、我が子にとって重要なことは、知っておきたいはず)


だから、きちんと知っておきたいです。

「これは、何?」



<< 続きます >>