25 |「コロナワクチン」接種率が高いほど、コロナ感染率が高い事実[医学誌・科学誌]

<< 続きます >>


私たちは当初、「コロナワクチンを接種すると、感染予防効果があります」と習いました。

その言葉を、素直に信じた人もいると思う。
しかも、けっこう大勢。


でも、いつのまにかこの考えは、ごまさかれるようにして、取り消された。
代わりに、差し替えられた考えは、これ。

「コロナワクチンを接種すると、重症化を防ぎます」
でも、この考えもまた、今や風前のともしび。


すると、こんな疑問が湧いてくる。
「そもそもこのワクチン、何の意味があって、接種するの?」





本当に、まったく、同じことを言いたいです。
それゆえ、何となく、うやむやにしてごまかされないために、データを丁寧にひろってゆきたい。

私が解説するよりも、解説してくれた方のお仕事を、紹介する方がわかりやすい。
ですので、まずは一緒に、以下の動画(複数)を見てゆきたいです。


100%ワクチン接種率のジブラルタルでは、新規感染者数が依然として急増している。何のためにワクチンを接種するのか? |
画像



「ワクチン接種率100%、なのに、感染が急増」

もう、この事実自体が、何かを物語っているでしょう。



ニュージーランドの医師は、ワクチン接種率の高い国が感染者数の急増に苦しむ、しかも入院の感染者の大部分が接種者だと明らかに |
画像



「ワクチンを打てば打つほど、コロナ感染率が上がる」
不思議ですよね。一般的に、「大本営発表」されていることと、科学調査の結果が異なっています。


ですが、仕組みを知れば、なぜこんなことが起こっているのか、わかってくる。

何の驚きも、そこにはない。
ただ、仕組みどおりのことが、素直に起こっていることがわかる。
後のページで、研究者や医師たちが、仕組みを説明してくれている動画も、一緒に見てゆきたい。

でもまずは、現実から目を背けないことから。
続きを見てみよう。






次は、ハイライト。医学誌『ランセット』の、衝撃的なレポートから。

「ワクチン接種者こそ、コロナの主な感染源となっている」



最新研究成果:ワクチン接種者はコロナの主な感染源 |
画像



これは、まずいと思う。
だって、こうなったらもう、何で接種するのか、理由すら不明になってきますよね。


とどめは、こちらです。

イスラエルの結果も、出揃ってきました。

イスラエルと言えば、言わずもがな、ワクチン高接種率を誇る国。
ところが、ワクチン接種者のほうが、なんと、コロナ感染率・重症化率が高くなっている。





上のリンクからぜひ、IN DEEP さんの解説で、記事を読んでいただきたいです。
(IN DEEP さん、いつもありがとう)
その上で、IN DEEP さんのページから、重要な要旨をご紹介するなら、私は以下が決定的だと思う。


論拠となるデータは、イスラエルの「250万人」のデータベースを調査した規模の、大きな研究です。250万人分のデータ分析ということで、ここにはなかかな異論が入る余地はないと思われます。

その結果、このような結論になりました。

・二倍、三倍の話ではなく、「ワクチン接種した人々は、デルタ株に対して、非常に脆弱である」

・コロナに対しては、ワクチンより「自然感染による免疫のほうが強い防御を獲得する」ことが明確となった

これを受けて、科学誌「サイエンス」での発表から |

この新しい分析は、約 250万人のイスラエル人を登録しているマカビ・ヘルスケア・システムのデータベースのデータが使用された。
(中略)
医療システムの 32,000人以上を比較したデータから、症候性 COVID-19 を発症するリスクは、ワクチン接種を受けた人たちで 27倍高く、入院のリスクは 8倍高かった。

イスラエルの大規模な研究によると、SARS-CoV-2 感染後に発生する自然の免疫保護は、ファイザー社ワクチンの 2回接種よりもコロナウイルスのデルタ変異体に対する保護のかなり多くを提供することがわかった。

発表されたデータは、かつて SARS-CoV-2 に自然感染した人たちは、ワクチン接種を受けた人たちよりもデルタ株に感染したり、デルタ株により症状を発症したり、深刻な状態で入院したりする可能性がはるかに低いことを示した。
(Science 2021/08/26)

原典データはこちら |
Having SARS-CoV-2 once confers much greater immunity than a vaccine
過去にコロナに自然感染していた方がワクチンより強い免疫が得られていた
(Science)



『ランセット』や『サイエンス』の調査結果によると、要するに、こういうことです。


「ワクチンを打つよりも、人間に備わる “自然免疫” の方が、ずっと強い」
「ワクチンを打つと、感染に対して、脆弱になる」


刻々、洗脳から目覚める時だと思う。

「ワクチン接種、意味ある?」
「このワクチン、あの高い副作用をおしてまで、打つ必要がある?」



しかも、データはこれだけではない。
世界中の科学者や医師が、決死の善意で発している警告が、山ほどあります。

ただ、知らないだけだと思う。
だから、どんどん、ご紹介します。
現実から目を背けるのではなく、さらにデータを読み込んで、現実を見つめてゆきたい。

<< 続きです >>