ゆめかなニュース2017 バックナンバー |『夢かな手帳』+『夢スタ手帳』- p.03[No. 11-15]

画像
「ゆめかなニュース」へようこそ! 最新年度の『夢かな手帳』記事を、時系列でご覧頂けます。記事をまとめているため、最新の情報リリースと、タイムラグがある場合がございます。最新の情報につきましては、「ONSA 公式 blog」をご訪問ください。

2016年8月24日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]

こんにちは、藤沢優月です。
著者のひとことコメントとともに、12ヶ月のテーマをチラ見中。

前回の記事の続きです。赤バージョンの、後半6ヶ月をチラ見。
2017年5月から10月までの、時間のテーマを見てゆこう。



| それは、あなたの考え? それとも、誰かの考え? 自分の考えに集中することで、時間は、穏やかで幸福に変わる。


| 「ゆきどまり」は、あきらめポイントではない。「別の道があるよ」という、時間からのサイン。


| 周りの意見や「世間」に惑わされそうになったら。ライフサークルで、あなただけの時間のバランスを確認。他人は、置いておこう。あなたは、どっちに行きたい?


| 誰かの答えに人生を左右されていたら、あなたらしい時間は、いつまでたってもやってこない。それなら、その逆を生きよう! 私のために、私が変わろう。


| 「ダメ」「べき」に集中するよりも、得意をのばそう。その方が、あなたらしさへ、ずっと近道。


| 「ぐるぐる思考」からの抜け道は、身体にある。思わぬところに、思わぬ抜け道。実はこれが、時間のいちばんの秘密。


私たちの時間は、もうすぐ、9月へと移り変わりますね。

さあ、大切な時間。
『夢かな手帳』と一緒に、もっともっと、イメージしてみよう。


また次回、お会いしましょうね!


2016年8月25日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]

こんにちは、藤沢優月です。
今日は、ちょっとした前フリを。
何やら、思わせぶりなタイトルで、すみません。

というわけで、何の前フリなのか、気づいた方はいらっしゃいますか?
「私、気づいていたよ!」という方がいらっしゃいましたら、ぜひぜひ「ONSA 公式ブログ」のコメント欄に書き込んで、教えてくださいね!


不思議なことが起こっている。これは、いかに?



藤沢が、とうとう間違いをしたのか。
あるいは、「チーム夢かな」が、やってしまったのか。

気づきましたか?
今までご紹介してきた、赤と青バージョン違いの、各月のトビライラスト。
トビラに書かれているテーマが、微妙に異なっていることを。


いくつか、見てみましょうか。
たとえば、こんな感じ。

11月のトビラ例 |

| 青バージョンは、こんな感じ


| 赤バージョンは、こんな感じ

10月のトビラ例 |

| 青バージョンは、こんな感じ


| 赤バージョンは、こんな感じ


もっとまんべんなく、比べて見てみたい方は、過去記事をどうぞ。
見比べやすいように、過去記事にリンクを貼っておきました。

過去記事を見比べてみる |
→ 『夢かな手帳2017』、最初の6ヶ月はこんな感じになっています
→ 『夢かな手帳2017』、5月から10月までのテーマとイラストはこんな感じ

→ 『夢かな手帳』シリーズ、赤い色で月別テーマも見てみましょう。まずは、最初の半年分
→ 『夢かな手帳』シリーズ、赤い色で月別テーマも見てみる。後半の半年分は、こんな感じ


むむ?
び、微妙に違っている。

これは、どういうこと?


というわけで、このヒミツは次回。
あっさりとした前フリになってしまいましたが(笑)、そこは

 ジャジャーン

  ジャジャーン

    ジャジャーン


とやらない、控えめ「チーム夢かな」らしいということで、お許しあれです。

ではでは、また次回お会いしましょうね!

>> 本記事 " 『夢かな手帳2017』、気づきましたか? ちょっと内容が違うことに。その正体は……"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます


2016年8月26日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]

こんにちは、藤沢優月です。
謎が謎呼ぶ、『夢かな手帳』ついに間違いか? 疑惑。

この疑惑は、実は、この数次とつながっています。

当初お伝えした、この数字を覚えていらっしゃる方、いらっしゃいますか?
『夢かな手帳2017』には、「1+1」+1という数字が、存在します。


→ 『夢かな手帳2017』 2017年度は、謎の数字が存在中。

画像
| 2017年度版は、謎の「?」が存在。

さあ、では。
謎数字の答え、見てみましょうか。

赤青テーマの相違は、藤沢の間違いでも、「チーム夢かな」がやっちゃったわけでも、ありません。
こういうことになりました♪


フフフ、15周年ですもの。
ガツーンと参ります♪♪


| チラッ


| チラッチラッ


| ドスン!

あらためまして、こんにちは!
『夢かな手帳』のかわいい妹、『夢をスタートする人の手帳』です。

よろしくお願いします。

「チーム夢かな」から、夢かな手帳ユーザの皆さまへ。

2017年、『夢かな手帳』シリーズは、例年の
『夢をかなえる人の手帳(red)』 『夢をかなえる人の手帳(blue)』 に加えて、
『夢をスタートする人の手帳』
を、新しくお仲間に加えました。







通称『夢スタ手帳』が、『夢かな手帳』シリーズに、新しく仲間入りです。


「おお! 何それ?」
「どうやって使うの?」
そんな疑問は、次回以降の記事で。


すぐにお会いしましょうね!

>> 本記事 " 謎数字の答えです。『夢かな手帳』シリーズの2017年は、こうなっています。"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます


2016年8月27日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]

こんにちは! 藤沢優月です。
『夢かな手帳』シリーズ15周年を記念して、新しいお仲間の登場をお知らせした前回。

さっそく、『夢をスタートする人の手帳』......通称『夢スタ手帳』がどんな感じか、ひとつずつ見てみましょうか。
続々、情報 OPEN です♪


『夢をスタートする人の手帳』......通称『夢スタ手帳』は、こんな感じ



まずは、『夢かな手帳』シリーズ中・『夢スタ手帳』をもう一度、チラ見。
こんな感じになっています。


| チラッ。全体をデータで見ると、こんな感じ。


| チラッチラッ。通称『夢スタ手帳』です♪ よろしくお願いします!


| ドスン! こんなお顔で、本屋さんでお会いしましょう!

お色は、赤1色のみ。

そうです。『夢をかなえる人の手帳』のように、2色ということはありません。
シンプルに、赤1色の展開となります。



| シンプルに、赤1色の展開となります♪ よろしくね!

でもでも、サイズに工夫があるのですよ。

『夢をスタートする人の手帳』......通称『夢スタ手帳』のサイズは、A5サイズ。
つまり、『夢をかなえる人の手帳(red)(blue)』よりも、ひとまわり大きめ。


(まだ手元にモノがないので、比べてお見せできず、ごめんなさいね!)

サイズが大きいだけに、罫の間も広い!
スケジュールをガッツリと書き込みたい方には、『夢スタ手帳』もお勧めです。



| サイズはA5です。ちょっと大きめ入門サイズ♪

内容はといえば、『夢をスタートする人の手帳』という名前通り、『夢かな手帳』シリーズの入門編。

時間術の基礎を、毎月追ってゆけるように、内容を工夫しました。

どんな内容構成になっているかは、次の記事で、あらためてお届けします。


| 内容は、入門編的位置づけになります♪



気になっていた3テーマ、問題解決です♪



ところで、以前から著者(藤沢)は、3つのことが気になっていたのです。
その3つのことが解決となるために、『夢をスタートする人の手帳』がデビューしました♪

| 気になっていたこと[1]

気になっていたことの1つ目は、新しいお仲間さんのこと。

本当にありがたいことに、『夢かな手帳』は毎年、新しいお仲間さんをお迎えします。


「今年が1年目です!」
「長いこと眺めてみましたが、今年から参加します!」
こんなユーザ様が、毎年お仲間入りしてくださいます。

こんなお仲間さんに、いきなり高いハードルを跳ばせないように。
『夢をスタートする人の手帳』......通称『夢スタ手帳』は、『夢をかなえる人の手帳』への前哨戦の1冊として、とてもお勧めです。


まず最初に、大枠をつかんだ方が、自分の時間にとっては、よい選択になる。

実際に、時間が改善されることが、『夢かな手帳』シリーズを使う目的ですもの。
目的にかなったスタートがあった方が、いいに決まっています。



| 気になっていたこと[2]

本当にありがたいことに、『夢かな手帳』シリーズは、こんな使い方の方も多いんです。

「友だちに、プレゼントしちゃいました」
「後輩に、あげました。『がんばれよ!』の代わりとして」


こんな使い方をしてくださっている方にも、『夢をスタートする人の手帳』はおすすめ。
なにせ「スタート版」ですから、贈り物にぴったりです。


| 気になっていたこと[3]

気になっていたことの3つ目は、いちばん大事なこと、つまり「基礎」です。
ONSA でいつもお伝えしている、基礎基礎基礎です。

日々の時間を本気で立て直したいと思ったら、やっぱり基礎が重要。
これは、『夢かな手帳』が一貫してお伝えしてきたことです。

そしてこれは、すでに『夢かな手帳』を何年も使っていて、その上で「基礎固めをしたいなあ」という方にとっても、重要なテーマ。


このたびデビューした、徹底的に基礎に特化した、『夢をスタートする人の手帳』。
基礎固めをしたい方にぴったりの道具が、やっとリリースできました。

15周年を記念して、あらためて、時間の基礎固め♪

今まで『夢かな手帳』を使っていたけれど、実は一度、基礎をしっかり整えたかった。そんな既存ユーザ様にも、『夢をスタートする人の手帳』はお勧め。

『夢スタ手帳』をつうじて、1年の時間の基礎を、ガッツリ伴走しちゃいます。




| 基礎基礎、基礎です♪


では、その内容は、いかに?
次回の記事では、あらためて『夢をスタートする人の手帳』......通称『夢スタ手帳』の内容をチラ見。

すぐに、お会いしましょうね!


2016年8月28日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]

こんにちは、藤沢優月です。

8月もあと、残り数日。
悔いの残らない時間になるよう、ワクワク参りましょう♪

妹分が加わった『夢かな手帳』シリーズ。

『夢をかなえる人の手帳』のかわいい妹分、『夢をスタートする人の手帳』......通称『夢スタ手帳』。
その構成を、あらためて見てみましょうか。



| 『夢スタ手帳』は、どんな構成になっているかな?


『夢スタ手帳』の構成は、こんなふうになっています。



基礎、基礎基礎、基礎。
時間の基礎を大事にした、『夢スタ手帳』。

『夢スタ手帳』は、どんな構成になって、私たちの時間を、道案内してくれるのでしょうか。
ちょっと見てみましょう。

画像
| 「鳥ブロック」は、もうご解禁! 『夢スタ手帳2017』の、各月テーマをご紹介♪

11月
「自分サイズ」の夢をさがそう。

なぜなら夢は、あなたの人生を守るから。

12月
「まいにち60%の法則」

スケジュール帳は、私の時間の「DF(ディフェンダー)」。

1月 TO DO リストをマスターしよう。
行動しよう。
失敗と、仲よくなろう。一歩ずつ進もう。

2月
境界線を意識しよう。

他人の問題を抱え込んで、時間を浪費する習慣を、
ストップしよう。

3月 「灯台の時間」をとろう。
もし本気で、人生を変えたいのなら。

4月
パーフェクトに「ならない」決意をしよう。

完璧主義の罠に気づこう。

5月 グレー時間をチェックしよう。
「情報ダイエット」で、驚くほど人生が変わるから。

6月
「消えたはしご段」を探そう。

ゆきどまりは、人生からの拒絶ではない。
新しい道を探して、時間の冒険に出よう。

7月 ライフサークルを 作ってみよう。
夢や憧れは、前へと進む、原動力になる。

8月
私が考えを変えることで、私の世界を変えよう。

私がすすんで変化するなら、世界はもっと私に温かくなる。

9月 BE - DO - HAVE の表をつかってみる。
かしこく「得意」をのばそう。

10月
身体の声を聞こう。

周りの声に惑わされるかわりに、あなたの時間を生きよう。



『夢スタ手帳』は、「公式マニュアル」に忠実な手帳。



少しだけ、話の時間軸が戻りまして......。

『夢かな手帳』シリーズの、教則本的な存在として、『夢をかなえる人の手帳術』という本があります。
(タイトルが紛らわしくて、すみません!)

『夢をかなえる人の手帳術』というのは、『夢かな手帳』シリーズ15年の歴史の中で、いちばん最初に出た本。
いわば、『夢かな手帳』式の手帳術の源流であり、公式マニュアル的存在の本です。


この本の中では、著者(藤沢)が愛好する時間術が、ぎゅぎゅっと凝縮されて提案されています。
ポイントは、「人間らしい時間術」です。
私たちは、機械ではありませんものね。


正直、毎日いろいろあります(笑)。


で、ですね。
『夢をスタートする人の手帳』......通称『夢スタ手帳』は、この「公式マニュアル」に、いちばん忠実な内容の手帳といえます。
言葉をかえれば、提案の内容のひとつひとつが、本当に「基礎、基礎基礎、基礎」......「基礎がいちばん、大事だよ!」になっているのですよね。

基礎は、私たちの時間を、いちばん広範囲に底上げしてくれる。
いちばん基本的なものだからこそ、取り組めば、いちばん強い。



そんな「基礎、基礎基礎、基礎」な内容は、こんなふうに使うこともできる。

あなたの2017年の時間を、豊かにするために。
あるいは、2017年という年を、変化に満ちた1年にするために。



| 基礎のお話です♪ 次の記事をぜひ、お楽しみに!

次回は、基礎のお話を、一緒に見てみましょうか。
ということで、次の記事をお楽しみに!

>> 本記事 " 『夢をスタートする人の手帳』=『夢スタ手帳』。あらためまして、月別テーマです"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。
「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
| 情報、こちらから受け取れます