ゆめかなニュース2020 バックナンバー |『夢かな手帳』- p.06[No. 26-30]

画像
「ゆめかなニュース」へようこそ! 最新年度の『夢かな手帳』記事を、時系列でご覧頂けます。記事をまとめているため、最新の情報リリースと、タイムラグがある場合がございます。最新の情報につきましては、「ONSA 公式 blog」をご訪問ください。

2019年9月20日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

おかげさまで、18周年。
『夢をかなえる人の手帳』が、2020年度も無事、公式発売日を迎えることができました。

ありがとうございます (´∇`)




| 2020年度も、公式発売日をむかえました!


著者としては、嬉しいという以上に、安堵する瞬間。
2020年度も、あなたの元に、手帳を届ける責任を、ぶじ果たせました。

ホッとしました......。
(↑ 毎年、脱力できるのは、この瞬間)

2020年度は、紙の手触りが、やわらかで、頑丈です。
お手にとっていただいたら、ぜひ、触ってみてください。



| やっぱり、かわいいセット


『夢をかなえる人の手帳』専用の、本革手帳カバー。
ONSA Yukkuri Store でご予約ご購入いただけます)

うわさの「令和ピンク」ですが、こちらもやっぱり、大人気。
用意していた革では足りず、早くも、革を追加発注済。

職人も今ごろきっと、革用ナイフを、とぎまくっていると思います (′ェ`)ゝ




| みんな気になる、令和ピンク。早くも、革追加発注済


ONSA WORKSHOP(対面式)にお越しのお客様に、またまた、現物を見てもらいました。

「青だ」
「いや、やっぱり赤だ」
「レモンの帯が、赤色の手帳の上に、かかっていたらいいのに」

できたての『夢かな手帳』を前に、わいわいと盛り上がる時間。



| 2020年度も、すてきな時間がいいな


手帳カバーも、現物を満喫。

手触りを、確認する人あり。
やはり、革のにおいをかぐ人も、あり。......革のにおいって、くせになりますよね。



| きゃー! いい手触り


| 2020年度も、あらためて、よろしくお願いします!


2020年度の『夢かな手帳』は、雰囲気も、華やか。
ONSA Yukkuri Store のカバーも、心がうんと明るくなる。

あらためて、素敵な時間にしましょうね。
2020年度も、『夢かな手帳』と一緒に、どうぞよろしくお願いします (^_-)☆




2019年9月20日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

公式発売日付近は、ニュースが続々。
出版社からも、『夢かな手帳2020』関連のニュースが、届いています。

皆さまにも、続々、お届けしますね。
わけましょう (´∇`)

まずは、どーん。

紀伊国屋書店(新宿本店)に、棚ができたそうです。
ディスカヴァー営業部の、戦士の皆さまから、ご連絡あり。


書店さんからも許可をいただいているので、お見せしちゃいます。



| な、なんと、センター......。なんて名誉な


「センター」って、すごい響き。
感謝申し上げます。

すみっこに寄らないうちに、お近くの方、ぜひ実況見分に!
(↑ 自虐 (TwTlll) )


そして、出版社の手帳ページが、仕上がりました。
こちらも、お知らせを。



| 2020年度も、一緒にたくさん思い出を作ろう!


時は、ちょうど三連休ですね。
新しい手帳を迎えて、どんな時間計画を立てますか?


それでは、また!


>> 本記事 " 『夢かな手帳2020』シリーズ | 出版社の手帳サイトも、オープンです"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます


2019年9月24日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。
おかげさまで無事、『夢かな手帳2020』が、店頭にならびはじめました。

やっと、ホッと脱力です。
さっそく、感想をくださった皆さま、ありがとうございました (´∇`)



| ありがとうございます!


「こっちを買ってみたよ!」
「ここが気に入った」
とか......。
生の声を届けていただけること、本当に光栄で、感謝です。


代表して、弊社から、ご返信を差し上げています。
でも、あたりまえですが、全部、大切に拝読しています。
メッセージを通じてですが、あなたとご縁をいただけて、とても嬉しいです。

時間をとって、感想をお聞かせくださって、ありがとうございます。



2020シーズンも、一緒に、「夢をかなえる」を楽しみましょうね。
「『夢かな手帳』公式メールマガジン」で、もうすぐ「指令」が届きます。

話の意味がわからない方は、こちら(↓)をどうぞ。


文節区切りの線


ところで、自分でもびっくりするのですが......。

著者なのに、こんなところでびっくりしていては、ダメだという話です。
ですが、そんな著者でも、毎度ながら、びっくりしてしまう。

それは、
「書いたことが、本当にかなっている」
ということ |||(゚Д゚;)


しかも、
「こんなこと、書いたことすら、忘れていたよー!」
ということが、あっさり、かなっている。

今日、ざざっと書き流していた「ワクワクリスト」のページをチラ見して、驚愕です。

「えっ? これって、かなっているの!?」
と。



| あたりまえですが、まず書く、使ってみるって、大事ですね


ふだん、夢って「かなえてゆく」という意識を、持っています。

でも、こんなふうに、知らないうちに「かなっていた」夢を、ふと、発見した時......。

18周年を迎えても、新鮮な驚き。
手帳の神秘、時間の不思議を、深く感じます。



それでは、また!


>> 本記事 " 『夢かな手帳2020』シリーズ | 夢がかなっている様子に、自分でびっくりする著者"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます


2019年9月26日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。



| お手元に、届きましたか?


過日告知をさせてただきましたら、「『夢かな手帳』公式メールマガジン」へのエントリーが、続々です。
(↓ こちらの案件です)


ウエルカムです!
どうぞどうぞ!


1年の時間は、正直、怒涛。
あっという間ですよね。
ペースメーカーなしだと、たるんじゃいます......(゚~゚)

ですので、折々に、
「ハッ! 今、『夢かなタイム』だ!」
そんなふうに、思い出していただけるように。

著者・藤沢が、「『夢かな手帳』公式メールマガジン」を通じて、ペースメーカーになります。



| ようこそです!


「夢かなタイム」に気づきやすいよう、各1日(ついたち)に、配信いたします。

伴走してほしい方は、「『夢かな手帳』公式メールマガジン」に、登録しておいてくださいね。

(バックナンバーは配信していませんので、ご留意ください)

みんなで、こんな順番で、チャレンジしてゆこう。
小さく、確実に、ひとつずつ。

ひとつでも、できたなら、成果ですから。


[1]- 11月
『夢かな手帳』に、予定を「書く」。

[2]- 12月
勇気を出す。
「ダメ」を、打ち破る。


[3]- 1月
『夢かな手帳』の「ワクワクリスト」に、夢を本気で書く。
書くことを通じて、自分の世界に、自分の夢を宣言する。


[4]- 2月
小さな親切をする。
この世界に、「先払い」をする。


[5]- 3月
「受け取る」アンテナを、立てる。

[6]- 4月
この世界に、心をひらく。
恐れを乗り越える。


[7]- 5月
『夢かな手帳』をめくってみる。
どんな小さなことでもいい。かなったことを、認める。



| ちいさく、確実に、確実に。


「一人じゃない」と、元気が出ますよね。

「みんな、つながっている。みんなどこかで、同じように『夢かな手帳』に向き合っている!」
そんなふうに思うだけで、
「じゃあ、私もやってみる!」
こんなふうに、やる気が出てくる。

月に、一度。
ちいさく、確実に、変えてゆきますよー!




最初の「指令」の配信は、11月1日。

それまでも、準備運動のために、「『夢かな手帳』公式メールマガジン」を配信いたします。
みんなで、ウォームアップから参りましょう (^_-)☆


それでは、また。



2019年10月8日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

す、すみません。
ちょっと、くつろがせてください。

『夢かな手帳2020』の公式発売日から、約2週間......。
やっと、すこしホッとしております。



| くつろぐ時は、しょっぱいポリポリが、必須だね


| 葱味は、神。台湾人に、心からのシンパシー


いやいや。
余談ですが、台湾の皆さまの葱好きは、半端ないですよ。
ちなみに私、勝つ自信、ありますけど。

台湾の皆さまに、「あんたの葱好きは、どうかしてる」と言わしめるほどの、地味な葱好き。
台湾は、葱クラッカーとか葱餅とか、葱フレーバーが普通に売っていて、おいしいんです。

文節区切りの線


そんな中、『夢かな手帳』時事ネタです。
「『夢かな手帳』公式メールマガジン」の登録数が、増えています。

みんな。
夢を、かなえるわよ。




| ようこそ。そして、一緒に夢をかなえるわよ


なぜ、こんなに多くの人が、夢に憧れるのか。
夢を無視しようと思っても、そうは、ゆかないのか。

それは、夢というものが、実はとても現実的なものであり、人生を引っ張ってくれるものだから。


「あなたの人生」に、「あなたの夢」が、ないということ。

(「あなたの」というところが、まさに、ポイント)

それは、人生を進めてゆく方向が、手探りになってしまうということ。

言い換えれば、気づかないまま、誰かの都合のままに、「あなたの」人生が、進んでゆくということ。
理由は、自分の人生の方向を示す指針が、ないから。




日々の時間が、「夢をかなえる」とつながっていることって、大事です。


「メールマガジン」経由だから、もちろん、ほんのちょっとのボリューム。

でも、夢の大切さと、少しでも、日々の時間で、つながっていたい。
2020年度は、一緒に「夢をかなえる」で。

それでは、また!


>> 本記事 " 『夢かな手帳2020』シリーズ | 「あなたの夢」は、「あなたの人生」の基準となるもの"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。
「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
| 情報、こちらから受け取れます