ゆめかなニュース2021 |『夢かな手帳』最新記事一覧

画像
「ゆめかなニュース」へようこそ! 最新年度の『夢かな手帳』記事を、時系列でご覧頂けます。記事をまとめているため、最新の情報リリースと、タイムラグがある場合がございます。最新の情報につきましては、「ONSA 公式 blog」をご訪問ください。

2020年9月25日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。


画像


『夢かな手帳2021』も、おかげさまで無事、発売日を迎えました。


それから、約1週間......。

流通の皆さまが、いつもどおりのお仕事をしてくださっているおかげで、
「届きました」
「受け取ったよ」

の声を、聞くことができています。


心底、ホッとする瞬間 (´∇`)
2021年度も受け取ってくれて、ありがとうございます。



心から、ホッ  (´∇`)

文節区切りの線


そんな中、やっぱり、お礼がお伝えしたい。
迷ったのですけれど、書かせてください。

お礼って、思っているだけではダメで、言葉にして伝えないとですものね。


数々の、優しいお心づかいに、感謝して。
ありがとうございます。



画像


話は少しさかのぼりまして、ありがたいことに、「チーム夢かな」は、本当に、周りに恵まれています。


いまだ、ちゃんと覚えています。
嬉しかったので。

『夢かな手帳』シリーズが、はじめて発売された当時、mixi にグループを作っていただいたのです。
記憶するかぎり、2つも。



私も、参加したかったぐらい(笑)。

でも、本人がきたら、そりゃー邪魔だろうと想像。
遠くから、眺めておりました。

-

ある時は、こんなことも。

"うわさ" にうかがったのですが、『夢かな手帳』の名言を集めて、まとめてくださっている方が、いらっしゃるとか。


基本的に私、エゴサーチ的なものは、ぜんぜんしない。
けれど、周りに恵まれているおかげで、こういったお話は、どこかから必ず、耳に届けられる。

気に入ってくれて、ありがとう。
とても、心が温まっています。



画像


そして、こんなこともありました。
たしか、2年前ほどだったでしょうか。


『夢かな手帳』の編集者が、初代千葉さんから、2代目担当の渡辺さんに、変わった年となります。
渡辺さんにとっては、いわば、最初の仕事の年。


事実とは異なる内容が含まれるコメントを、amazon に早々に投下されて、星が下がった時です。

-

めったに、感情を表に出さない編集者が、とても落ち込んで、悔しがっていました。

「気に入らないなら、それはそれで、構わない」
「あくまで、個人の感想だから」

「でも、少なくとも、事実は調べてから、書いてほしかった」
「事実と異なることを書いて、真剣な仕事に、応えないでほしかった」


そうだね。
それはやはり、誰に対しても、最低限のリスペクトだと思う。



画像


溜飲をこらえた、数年前。
それをへて、私たちもいつしか、amazon をみるのが、怖くなってしまった。


もちろん、いろいろな問題があって、たとえば雇われて、「下げ」コメントをしている人もいたり、高評価のコメントが「売買される」こともあったり......。


でも、amazon はあくまで、自由な発言が保障されていい場所。
そうでないと、話がどんどん、ねじれてくる。


だから、わざわざこちらから踏み込んでいって、コメントにコメントするみたいな真似は、したくない。

言葉でわざわざ、確認しなくとも。「チーム夢かな」制作部は、その時も一貫して、こんな気持ちを共有していたと感じています。


画像


そんな中、いただいていました。
『夢かな手帳2021』で、愛情のある、温かなコメント。


心が、温まりました。
わざわざ、時間をとって書いてくださったこと。

最初のコメントって、きっと、どきどきしますよね。
あなたの、温かな気持ちに、とても感謝しています。


-

コロナで、みんなが少しずつ、ぎくしゃくしている中......。
これでまた、「チーム夢かな」作る部は、がんばれます。

「楽しい情報、心がホッとする情報を、これからも、出し続けてゆくぞ」
その元気を、分けてもらえました。


これからも、楽しい時間を、一緒に重ねてゆけたらいいですね。
そして、そうしてゆこう。



今までのぶんも、今のぶんも。

どうしても、何度でも、お礼をお伝えしたかったので、まずは。
また、メッセージを書きにきますね。


お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。