ゆめかなニュース2022 |『夢かな手帳』最新記事一覧

画像

| 最新年度の『夢かな手帳』記事を、時系列でご覧頂けます。
上からお読みいただき、いちばん下が、いちばん新しい記事となります。

| バックナンバーは、「『夢かな手帳』情報 | 過去記事一覧」をご訪問ください。

2021年06月26日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。


ついに、1本目の記事投稿。
『夢をかなえる人の手帳2022』、制作が進んでおります。


画像
| 表紙に関係するかもしれない、謎図


私の担当パート......全体コンセプトの立案と原稿作成は、完了。
今は、デザイナー様・イラストレーター様が、暗躍している段階です。



このあたりの作業タイミングになると、デザイン案が出てきたり、連絡が密になったりしてきます。
著者的にも、「進んでいる」という実感が、しみじみ湧いてくるパート。


ひるがえって、自分の原稿パートだと、
「もしかして、これって、ドッキリなのでは?」
と、ドキドキしながら進めることになります。


「今年こそ、ドッキリでは?」と疑いながら、早20年......。
でも幸いながら、毎年ドッキリでなく、おかげさまで、今があります。


1年ずつ、全霊入魂。

だって、この1年は、一生に一度きり。
二度と戻ってこない、思い出を刻みつけたい時間ですよね。



画像
| 原稿が終わると、眼球が激疲労


今はまだ、情報のすり合わせの段階ですので、具体的にお見せできるものは、特段なし。
ですので、雰囲気だけシェアです。



今年も、デザイン・イラストは素敵で、コンセプトもおもしろい。
(編集者+デザイナーのイケメン男子二人組が、また、何かおもしろいことを、コソコソ決めたらしいですよ)

早く、お見せするのが楽しみ。
一緒に、
「わー、素敵!」
「プロプロ、プロの仕業!」
と、盛り上がろう。


それでは、また、情報を更新しにきますね。
素敵な週末を、お過ごし下さい。


>> 本記事
"『夢かな手帳2022』| 2022年度の『夢かな手帳』も、制作進行中"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます


2021年07月01日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


「時間」と「心」が活動テーマ、文筆業・藤沢優月です。


2021年の、7月1日。
『夢かな手帳2021』的には、残り4ヶ月の時間となりました。


梅雨が明けて、太陽が照ってくれば、そこから時間は一気。
1日ずつを、大切に、愛おしんで過ごしたいです。

文節区切りの線


コロナ禍の影響もあり、2021年の今も、依然として、時間感覚を失いがち。
だから、2022年度の『夢かな手帳』も、季節のリズムを、できるだけ感じられたらいい。


そんな中、ずっとやってみたかったことに、オッケーが出ました(ので、間髪入れずに現実化しました)。

『夢かな手帳』に、もっと、時間感覚を盛り込みたかったです。
でも、エッセイ中心の作りの中、やりすぎかなと思って......。


ところが、「いいですね!」が出たので、さっそく既成事実化。
まだ、制作途中ですが、途上の様子をチラ見せです。


画像
| まだ画の入っていない、レイアウト途中の画面


まだ画が入っていないので、画面全体が、まっしろです。

おまけに、色もアタリ(仮色)なので、マゼンダになってます。
(ですが、本番はマゼンダではないです)


1ヶ月の、月のリズム。
これってなんとなく、人のバイオリズムと、一致している感じがしますよね。

加えて、季節を味わうために、知っておきたい知識を盛る。


「第一番目の読者」である編集者の反応は、「おおーーーーっ」。
「おおーっ」は、いい反応ですね。


これに、美しい画がレイアウトされて、やがて、全体像が見えてきます。


-


明けない夜はなく、だんだん、夜明けてきています。

2022年も、自分史上最高の、自分を過ごせたらいい。

大丈夫。
あなたの1年は、1年ごとに、どんどん素敵に。



そんなあなたを、身近に感じるための道具が、着々制作進行中です。
それではまた、情報を書きにきますね。


>> 本記事
"『夢かな手帳2022』| 毎月、毎日。季節のリズムを感じて生きる"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます

お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「Dream Quest WORKSHOP」「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、ご留意ご了承くださいませ。