ゆめかなニュース2020 |『夢かな手帳』- TOP

画像
「ゆめかなニュース」へようこそ! 最新年度の『夢かな手帳』記事を、時系列でご覧頂けます。記事をまとめているため、最新の情報リリースと、タイムラグがある場合がございます。最新の情報につきましては、「ONSA 公式 blog」をご訪問ください。

2020年1月4日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

2020年年始から、やってますね。


なんの話かと言いますと、「『夢かな手帳』公式メールマガジン」でお届けしている、「夢をかなえる」チャレンジ。

弊社(ONSA)に届く、いろいろな情報から、伝わってきます。


......いいぞいいぞ!

本気でゆきましょー。

誰にどう見られたって、別に構わないですよね。

だって、心の中の本当のところは、自分以外には、見えないし。
それなのに、誰かの目線を気にして、自分で、自分を遠慮したり、あきらめてしまったら......。あきらめない人が、私の人生の中に、ゼロになってしまうから。



画像

[3]- 1月
『夢かな手帳』の「ワクワクリスト」に、夢を本気で書く。
書くことを通じて、自分の世界に、自分の夢を宣言する。


もしかしたら、今、
「もう、人生のいい部分は、終わったかも」
と感じてしまっているかもしれない。
いろいろなことが重くて、身体や心を動かす感触が、遠くなってしまっているかもしれない。


でも、こんなことが言えるかもしれませんよ。

そこは、ゴールテープを、とっくに過ぎた場所ではないかも。
新しいスタートテープの、手前かも。


時間という、それ自体が命を持っている、不思議なもの。
「あなたの時間」という、あなたのいちばんの味方。

その存在が、びっくりするような贈り物や物語、出会いを用意して、待っているかもしれませんよ。
あなたが、本気をむき出して、生きるべき人生を、本気で生きはじめるのを。


それでは、また!



2020年1月13日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

様子は、どうですか?
「『夢かな手帳』公式メールマガジン」でお届けしている、「夢をかなえる」チャレンジ。

1月ぶんは、こんなチャレンジ内容となっております。


[3]- 1月
『夢かな手帳』の「ワクワクリスト」に、夢を本気で書く。
書くことを通じて、自分の世界に、自分の夢を宣言する。

画像


......やってますね。
フフ。

ひしひしと、雰囲気が、伝わって参ります。

文節区切りの線


「まずは、目のまえの、ちいさなひとつ」
ひとつの力って、すごいでしょう?

たったひとつだって、取り組めば、進む。
自分自身に、自信と誇りが、持ててくる


(↑ これが、すごく大事!)


もじもじと躊躇しているうちに、1月も、半ばです。
つまり、1年のうち「24ぶんの1」が、もうすぐ、過ぎようとしているということ。


だから......さあ、宣言です。

自分の世界に、自分の夢・希望・やってみたいこと・実現したいことを、宣言しよう。
『夢かな手帳』に、書いてしまいます。

何が起こるかな?



文節区切りの線


「『夢かな手帳』公式メールマガジン」をつうじて、「夢をかなえる」チャレンジに参加したい方は、当ページを、ぐぐっと下がってください。
該当バナーから、メールマガジンに登録できます。

ちなみに、楽しくチャレンジを分け合うために、以下も、ご案内しておきますね。

ご留意点[1]
「『夢かな手帳』公式メールマガジン」は、毎月1日(ついたち)配信です。
配信されたかどうかは、「更新履歴(UPDATES)」で知ることができます。


「更新履歴(UPDATES)」は、自動更新ではなく、手動管理です。

弊社スタッフが、翌営業日に、手で更新しています。
情報がアップデートされるまで、中1日ほどお待ちください。


ご留意点[2]
「『夢かな手帳』公式メールマガジン」は、再配信がありません。
また、無料サービスですので、再配送等をいたしておりません。


確実に受け取るためには、「メールマガジン登録画面」にご案内がある通り、
@officeonsa.com
@yumekanatecho.com

を、強制的に受信できる設定にしておいてください。
お客様の側での設定を、お願いいたします。


ご留意点[3]
@docomo.ne.jp
@icloud.com

の、受信トラブル(受信できない/受信を拒否される)が、多く発生しております。
この場合は、[2]のように、強制受信にしておくことで、解決される場合が多いです。

また、
@gmail.com
の場合、gmail サーバ側での設定が、いろいろ変わるようです。
ちなみに、弊社の方では、基本的に、設定を変更いたしません。

そのため、「受信できていない」と不安に思う前に、@gmail.com のゴミ箱や迷惑メールフィルタ・フォルダの中を、よく探してみてください
これで見つかるケースが、非常に多いです。

おそらくですが、gmail と、世界中の「迷惑メール」送信者と間で、闘いが常にくりひろげられていると、想像いたします。
巨大フリーメールアカウントの、宿命ですね。
そのため、gmail 側での細かな設定変更が、刻々行われているのだと、想像しています。

gmail も、無料のメールアカウント。
そのため、確実に受信をするためには、自己管理しかないと思います。
お客様のほうでぜひ、その辺りもふくめまして、gmail アカウントと仲良くなってくださいね。


ご留意点[4]
受信状態が心配な方は、複数メールアドレスを登録しておくことも、可能です。
ONSA(弊社)の方では、そのような行為を、特に禁止しておりません。

興味のある方に、確実に、利用していただければ幸いです。
手持ちの、解決可能な選択肢の中で、いろいろ試してみてください。

それでは、また!

1月も、折り返し地点。
勇気をだして、思い切って、やってみます!



2020年1月24日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

どんな時間を、お過ごしですか?
『夢かな手帳』の上に、あなたの夢を、宣言してみましたか?


画像


......いいのいいの。
時間は、これほどまでに、一瞬の感覚で過ぎる。

だからこそ、「たったひとつ」を行動に移せることは、強いこと。

ほんの、1つだけでいい。
手帳に書いて、夢を宣言してみる。


(著者である私も、書いてみました (´∇`) )


手帳と一緒に、出かけてみる。
ともに、時間を過ごしてみる。
その、たったひとつのことを、根気づよく繰り返すと、やがて大きな差となってくるのは、そのため。

「かなってくる」のは、たとえ「細く」でも、意識できているから


個人的に、ここ(↑)、ものすごいポイントだと思っています。

文節区切りの線


もうすぐ、1月最後の週末が、やってきます。

「こんなにちょっぴりの時間では、無理」
こんなふうに、あきらめてしまわないで、自分と、時間を過ごしてみてくださいね。


その、「たった少し」。
その差が、やがて、大きな差になってくる。

つまるところ、この世界には、「自分」と「自分」との関係しかない。
自分との約束を、守れるようになってくるにしたがって、夢だと思っていたものが、現実にできてくる。

それは、自分との信頼関係が、できてくるから。
「自信」......文字どおり、「自分が信頼できる」状態が、できてくるから。

本当に、不思議なことです。



そのために、まずは、ひとつ。
『夢かな手帳』の上に、ぜひ、夢を宣言してみて。
自分と、たくさん、会話してみてください。

あなたの週末が、温かなものとなりますように。


それでは、また!



2020年1月31日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


こんにちは
「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

1月も、最後の1日となりました。
どんな時間をお過ごしですか?

私はといえば、びっくりするぐらい、慌ただしい1ヶ月となりました。
でもこれが、たぶん、時間の「本当のところ」ですよね。


何もかも、一気にはできないから、
「まずは、目のまえのひとつ」
「一気に考えすぎずに、ひとつ」
これが、すごく大事。

1月は、手帳に「夢」「望み」「したいこと」......を、書き出してみましたか?
宣言してみたでしょうか。


私は、書きました!


画像

1ヶ月に、ひとつずつ。
「夢をかなえる」チャレンジですが、こんなふうに進んでゆきます。

[1]- 11月
『夢かな手帳』に、予定を「書く」。

[2]- 12月
勇気を出す。
「ダメ」を、打ち破る。


[3]- 1月
『夢かな手帳』の「ワクワクリスト」に、夢を本気で書く。
書くことを通じて、自分の世界に、自分の夢を宣言する。


[4]- 2月
小さな親切をする。
この世界に、「先払い」をする。


[5]- 3月
「受け取る」アンテナを、立てる。

[6]- 4月
この世界に、心をひらく。
恐れを乗り越える。


[7]- 5月
『夢かな手帳』をめくってみる。
どんな小さなことでもいい。かなったことを、認める。


2月は、これ。

小さな親切をする。
この世界に、「先払い」をする。

これって、いうなれば、この世の中を「信頼する」ということなのだと思う。


自分が、無理に何かを、いやいや「払ったり」することでは、多分ない。
そうではなくて、「この世界が、自分に親切である」と、信じる。

この世界に、心をひらいてみる。



あなたのも、誰の夢も、ぶつかることなく「かなう」ぐらい、この世界は広い。
その上、あなたの夢や想いは、そう意図しなくとも、自然と、誰かの役に立つ。......その逆も、きっと、そのとおりだから。

そういう、すべての「よさ」を、信じること。
その「よさ」の中に、あなたの夢も、入っていること。

これが、次にすることなのだと思う。



......というわけで、もうすぐ、次の「指令」にまいります。

どうぞ、お楽しみに!



>> 本記事 " 『夢かな手帳2020』シリーズ | 2月は、この世の中と、仲良しになる月!"
元記事は、ONSA 公式 blog でご覧いただけます


2020年2月1日 UP
[ ONSA 公式 blog より転載 ]


「時間」と「心」がテーマの著者、藤沢優月です。

『夢かな手帳』と「『夢かな手帳』公式メールマガジン」を使って、「夢をかなえる」チャレンジ。
全7回のチャレンジのうち、3回目がスタートです。


今月も、1ヶ月。
「『夢かな手帳』公式メールマガジン」中の「指令」に書かれたことを、試してみよう。


ちなみに、「『夢かな手帳』公式メールマガジン」の2月号は、2月1日(正午)に配信です。
このメールマガジンの、「指令」欄に書かれたことが、今回のチャレンジ案件。
1ヶ月間、みんなで一緒に、試してみましょう。



画像


[3]- 2月のチャレンジテーマ
小さな親切をする。
この世界に、「先払い」をする。


いきなり、こんなはじまりかたで、すみません。

でも、自分の夢や望みを、真剣に検討しはじめると、こんな恐れが湧いてきませんか?
真剣に検討していなかった頃には、知らなかった感覚です。


「どうせ私は、とるに足らない」



そうです。
取るに足らないのです。

理屈では、完璧に、辻褄が合っています。
なぜなら、その時点では、その夢を「現実」にするスキルや手段を、持っていない。

だから、「夢」や「望み」なのですものね。

それが、「現実」になっていたら、そもそも、「取るに足らない」なんていう葛藤すら、持たないと思います。

(すでに本を書き上げている人が、「本を書いてみたい!」と、願うと思います?)



この、「どうせ、私なんて」。
理由なんて、無尽蔵に湧いてきます。

「あなたより上手い人は、山ほどいるし」
「あなたより、その資格のある人は、たくさんいるし」

そりゃあ、そうです。
その、全ての人に、打ち勝つことなんてできません。
現実として、無理です。



勝てないからこそ、立派な理屈に従っておくと、赤っ恥をかくリスクが、避けられます。

自分が「勘違いした」「痛い人」みたいな立ち位置になることを、避けられる。
常識の中にとどまって、自分を否定してさえいれば、恥という爆弾を、受けずに済むのです。


画像


でも、不思議です。

心は、納得がゆかない。
私たちの心は、そういう「つくり」には、なっていない。


「そうしたいの!」
「やってみたいの!」
「経験してみたいの!」

これが、心が本当に、叫んでいること。
裏切れない、心の叫びです。


画像


ところで、こんな瞬間に、心当たりはありませんか?
心が、ふわーっと温かくなって、大切なことを、思い出すような瞬間です。


犬が、こっちを見て、楽しそうに笑って、尻尾を振ってくれる。
「なにがそんなに、楽しいの?」
というぐらい、この世界を楽しみながら、弾むように生きている。

あるいは、子どもが、無邪気に話しかけてくる。
「ねえねえ」......と。


ちなみに私、このあいだ、見知らぬ子に、「ブロッコリー......」と言われました(笑)。
買い物かごに、ブロッコリーが入っていたんです。

ブロッコリーが好きで、欲しかったんでしょうね。
2個あったから、1個あげても、よかったよ。

別の日は、カフェのテーブルに置いていた、キティちゃんのリボン形のペットボトル水を、盗難されました(笑)。
お母さんが慌てて、
「こらっ! ......すみません!」
と謝られましたが、ちっちゃい手が、キラキラした目で、ボトルを抱えていました。

飲みかけだったので、あげられなかったけれど。
飲んでいなかったら、あげてもよかったよ。


文節区切りの線


私たちも、こうでした。

この世は「いいもの」だと、どこか無条件で、信頼していました。

もっと言えば、「知っていました」。


素直に「欲しい」と言えば、かなえられるかもしれない。
望みは、言ってみてもいい。

この世を、自分の側から「信頼する」という「先払い」を、当たりまえのように、していたのです。




さて。
2月は、この「先払い」に、チャレンジ。感触を、思い出してみます。

あなたの夢や望み。

それが、歓迎されていることの温かな感触を、思い出してみる。
誰かと共有されたり、一緒に「いいよね!」と言い合えると、信じてみる。

なぜなら、心をがちがちに閉じたままだと、どんな奇跡も笑顔も、善意も、受け取れない。
理由は、私の側が、がっちりと心を閉じて、はねのけているから。



だから、2月は練習です。
「先払い」の練習。

「この世界を、信頼する」という先払いを、試してみます。



画像


「夢をかなえる」ために、2月にすること。
具体的なチャレンジテーマの内容は、「『夢かな手帳』公式メールマガジン」中の「指令」で、お届けです。

メールマガジンは、事前告知通り、再配送がありません。
また、各回とも、1日(ついたち)の正午配信となります。

気になる方は、本記事下リンクから、メールマガジンにご登録くださいね。


それでは、また!


お知らせ |
『夢をかなえる人の手帳』シリーズ公認のコンテンツやワークショップを提供しているのは、藤沢優月(著者)が主催する「ONSA」ならびに「ONSA WORKSHOP」のみとなります。
藤沢優月(著者)ならびにディスカヴァー(出版社)は、いかなる個人や団体にも、『夢かな手帳』の名を使用して活動したり、コンテンツを使用させることを公認しておりません。「夢をかなえる」「手帳」「手帳術」セミナー等の名称を使用する第三者の活動は、『夢をかなえる人の手帳』シリーズとは一切の関係がございませんので、どうぞご注意ください。
| 情報、こちらから受け取れます