基 11 |「4点セット」のどさくさ作戦 – “抱き合わせ販売” は許さない




ところで、お気づきでしょうか。
「4点セット」の、どさくさ作戦。

4つの条項を「セット方式」にして、どさくさに紛れて可決するかのような方式。



たとえるなら、「福袋作戦」とでも言いましょうか。

もっと目を惹く他のもので注意を引いて、どさくさに紛れ、一緒にセットで在庫処分してしまう作戦。
業界用語で言いますと、バンドル(抱き合わせ販売)というやつですね。



(1)9条への自衛隊明記
(2)緊急事態条項創設 ← 【ここに、実質上の「治安維持法」が入れこんである】
(3)参議院選挙区の合区解消
(4)教育の充実


画像


こんなことに騙されたり、惑わされてはいけないです。


重ねて、言葉づらだけを見れば、どれも害のないように「見える」。

でも、一見無害そうに「見えるだけ」。
重ねて、要するに「治安維持法」と同質という、日本国憲法の枠外で動作する条項が紛れ込んでいます。


(1)9条への自衛隊明記
(2)緊急事態条項創設
(3)参議院選挙区の合区解消
(4)教育の充実


こんな、どさくさ「セット作戦」に、騙されてはいけない。
自分たちの権利は、自分たちの手で、しっかり守ってゆかないと。権利は、失ってからでは、遅いのだから。