補講的勉強会 | 「心」と「身体」の勉強会

画像

| ONSA WORKSHOP(対面式)
「心」と「身体」の勉強会

[テーマ]
ライフステージごとの、健康さ・普通さの「度合い」について学びます。
[効果]
「自分は、何を持てていたのか」
「ひるがえって、何を奪われていたのか」
不健康・健康の「度合い」が、ライフステージごとに理解できます。

画像
私は以前から「ていねいに生きる」ということを夢のひとつにしてきました。
でも、実際にどういうことが「ていねいに生きる」ということなのかがまだよくわかっていませんでした。

それはささいなことでしたが「豊かさ」「あたたかさ」「彩り」のある習慣でした。
自分が今までなにかあったとき(自分ではなく他人を優先するとき)真っ先に削ってきた部分でした。
私が求めていた「ていねいさ」とはこういうことなのかもしれない、と思いました。
正しい知識を補うこと、学び続けること、学びを止めないことは今のわたしの命綱であると実感した。

わたしの中からはそれらは出てきようがないからだ。
本当のところをわたしはまだまだ知らないし、なかなか身体ごと理解できない。
毎回、機能不全家族の中で育ったということがどういうことなのかを、本当に突き付けられます。
私は教えてもらわないと健康な人の当たり前の習慣を「知らない」ことすら気づけない。

そのズレに全く気付けない。
ワークショップに出るとそのことを痛感します。
座学であるのに、どんどん自分の中に内容が入ってきました。
知識を得つつ、お仲間さんの活きた体験から追体験的に学べる、心とからだに浸透するようなそんな貴重な勉強会でした。

健康さの「度合い」について、知識で学んでゆきます

いわゆる「共依存」とは、別名「調節障害」とも呼ばれます。

何が「健康」なのか、どれぐらいが「普通」なのかが、わかりません。
「『普通』の範囲」の体験がないため、度合いが、わからないのです。


-
厳密に言えば、多様性にあふれたこの世界に、「普通」はありません。
誰もが、自分なりの「普通」を持っています。

その上で、「『普通』の範囲」「『健康』な範囲」というような一種の "度合い" は、存在します。

この「普通」「健康」を逸脱したものが、いわゆる「やり過ぎ」。
「がまん」と「がんばり」をもとにした、「『異常』の範囲」です。

-
本コースでは、いわゆる「普通」「健康」を、レクチャーを通じて学びます。
比較するものがないと、苦しい行動(=異常性)に気づけません。
そのため、言葉や事例で確認しながら、いわゆる「普通」「健康」を、後づけで学習してゆきます。



各回のテーマについて、詳しい内容は以下リンクから