「コース0/STEP.1」| 何がおかしいのか、問題の核心を知る

画像

・「がんばってもがんばっても、『すべきこと』が次々に押し寄せてくる」
 「自分以外の誰かを助けてしまい、自分は、自分のことをする時間がない」
 この謎現象の理由を、心理学の知識と、実地のワークで理解してゆくコースです

・4週間をかけて、この「謎現象」の大まかな輪郭を理解します

・どのような方法をとってゆけば、この「謎現象」から脱せられるのか
 みずからの人生を、自分の手に取り戻してゆくための作戦を、共有します


| ONSA Web. WORKSHOP
「コース0/STEP.1」

[ステージ・難易度]
Stage.1[圧倒的基本]

[ご参加順位・ご参加資格]
【なし】
どなたでも、ご参加いただけます
ONSA WORKSHOP がお初めての方でも、
ご参加になれます

画像

「”無自覚型” 共依存」に向き合うための、エントリーコース

いわゆる「"無自覚型" 共依存」を一般的な言葉でいうと、このような感覚の現象です。

「これは、自分の人生のはず」
「それなのに、自分はいつも、誰かの世話をしている」

「自分の順番が、なかなか回ってこない」
「自分の人生なのに、主役の自分が、いつも不在」


-

「自分」という感覚が、どこか、ぼんやりしている。
(でも、他人を助けることや、仕事への責任感に対しては、てきぱきしていて優秀)

揉め事や衝突を回避するために、周りに合わせてしまう。
自己主張をすることが、ほとんどない。
別にそれを、大きな問題であると思ってはいない(=無自覚型)。


-

いわゆる「普通の人」が、なぜ、あんなに自信を持って、堂々と生きられているのか、わからない。
それどころか、自分にはいつも、こんな感覚がついて回っている。

「私はここにいて、本当に、いいのだろうか」
「何をどれだけがんばったら、ここに存在することを、許されるのだろうか」


このような感覚が、いわゆる「"無自覚型" 共依存」現象の、中核となります。


・新しい習慣のスタート:「自分と向き合う」一歩目を踏み出す
→ ウェブのワークを通じ、自分自身と向き合いはじめる

・4週間で、大まかな輪郭を理解することを目標に
→ 4週間で「解決」は不可能。でも、4週間で「スタート地点に着く」ことは可能

・輪郭が理解できれば、次に、どのように対処してゆけばよいかが見える
→ 次の一歩が決まることで、具体的な対処のプロセスがスタートできる


PAY FORWARD |
実際にご参加になった皆さまのご感想

4週間、経ってしまえばあっという間のようだけれど、なんと濃密な1か月だったことだろう。
以前とは、見えている景色がだいぶ変わったように感じます。
このワークショップで「私の思うことを大切にしてよい」と知ることが出来て、本当に良かったと思います。
人の助けを借りるとこんなにも前進するんだ、ということを実感してちゃんとサポートを受けよう、もっと科学的なことを学ぼう、と思いました。
今までどこにいるかも良くわかっていなかったところへ、道が現れたのは本当に、大進歩です。
Read more.
「PAY FORWARD(ご参加者のご感想)」は、本ページ下のリンクから、さらに読むことができます。500クラス以上のご参加者様のご感想が、リストされています。

「生きづらい。でも、何が問題なのかわからない」
そんな方のために開催している、4週間のミニコース

「"無自覚型" 共依存」

この現象の大枠を、短い期間で理解するための、「大づかみ」入門用コース。
短い期間で、基礎的な理解を頭に入れたいため、コース設計はタイトに行われています。

-

本コースは、入門コースとして最適の設計。

ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)の通常のコースは12週間。
12週間にチャレンジする前に、様子を体験してみたい方、感じが知りたい方に適しています。

-

いわゆる「共依存」からの人生「回復」は、自己流で試みても、うまくゆきません。
それほどまでに、桁の「小さい」問題ではないためです。


ですが幸いなことに、最適な進め方は、すでに確立されています。
本ワークショップは、確立されたやり方に、忠実なコース設計。


そして、本コースは、そのための入門コース。
ご参加者様は、コースの中で知識を得ながら、大づかみに、進め方の感じを体験することができます。


コース進行表

「コース0/STEP.1」
[ 何がおかしいのか、問題の核心を知る ]
| コース内容
第1週
  • 自己紹介をしよう。自分のテーマを宣言しよう。
  • 何かがおかしい。でも、何が問題なのか分からない。
  • 何が苦しいのか、書き出してみる。
第2週
  • 「それは、普通なのだろうか?」
    自分の中の「普通」の感覚を、いったん置いておく。
    客観的な知識から、バランス感覚を見つめ直す。
  • 私の人生のバランスは、どこがひずんでいるのだろう。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第3週
  • 誰が、世界の中心になっている?
  • 「私は、本当に『自分の考え』で動いているの?」
    「なぜ、他人の感情に、いちいち反応してしまうの?」
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第4週
  • 「ここから出るには、どうしたらいい?」
    あなたがまだ知らない、でも誰にも隠されていない、実際的な方法。
    (* レクチャーではなく、情報のご案内です)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
  • 振り返る、自分を褒める。PAY FORWARD をまとめてみる。

画像

| ONSA WORKSHOP は「回復者」が「主催者」のワークショップ

ONSA WORKSHOP は、「体験者」であり「回復者」が主催者のワークショップ。
実際に回復(リカバー)した者が主催であるため、現実的・実践的な内容が特徴です。

「その状況も気持ちも、"体験して" "知っている"」
詳しい略歴は、「私たちの想い | 運営者情報」からもお読みいただけます。