「コース3/STEP.2(前期日程)」【実体のある現実に、触れてゆく】| 望む人生を、生きるために。新しい基礎計画を、ひとつずつ立てる

ONSA Web. WORKSHOP(ウェブ・ワークショップ)各コースご案内
「コース3/STEP.2(前期日程)」
【実体のある現実に、触れてゆく】| 望む人生を、生きるために。新しい基礎計画を、ひとつずつ立てる


「学ぶから、できる」
新しい知識を学ぶことで、
新しい人生計画を、はじめることができます。

| PAY FORWARD(ご参加者のご感想)

これまでの私の知っている世界や生き方とはまったく違いました。
そもそもまず、生きる世界の土台がまったく違いました。
私は、健康な生き方をまったく知りませんでした。
でも、
「私は本当に、まったく知らない」
ということを知ることができたのは
とても良かったです。
私は自分が好きなこと、快適に思えることを知っていて、
幸せになるための地図の一部も手に入れている。
だから、知識として得たこと、そして自分の直感を信じて、
心の声を聴きながら、まだまだ歩き続けよう。


| 本コースが、あなたのためにできること
– 「コース3/STEP.2(前期日程)」
コース内容


「現実世界」と、仲直りします。
 


いわゆる「共依存」現象の、中身が見切れてきた

用語でいうところの、いわゆる「共依存」という現象。
もっと一般的な言葉でいうと、
「自分の人生なのに、主役の自分が不在」
現象。

違和感の正体が、つかめない。だから、外側だけ演技して、必死に合わせているような感覚。
「自分の人生なのに、主役の自分が不在」

いわゆる「共依存」現象とは、このような現象でした。
そして今や、現象を見切る知識と動体視力が、刻々培われてきました。

「なぜ」、そして、「いかにして」。
この現象が、どんなふうに自分を襲い、覆っていたのかが、詳しく理解できてきました。



「ノー」一択ではなく。選択肢を探す、練習を重ねる

いわゆる「共依存」の世界観は、「建前と本音」「0か100か」の、両極端な世界です。

そのような、歪んだ世界観の中で、「現実的」に選択できるものといえば、
「完璧にできる(=100)」
「完璧にできないなら、ゼロ(=0)」

2つの選択肢しかありませんでした。

しかし、この現実世界は、

 「 トライ&エラー(=試行錯誤)」 × 無数の選択肢

無限の組み合わせが、作れる世界。
「できない」を「できる」にする選択肢は、現実的に、無限にあります。



「現実的に考える」ことは、可能性を広げてくれる

いわゆる、「共依存」現象の影響を受けた者にとっての、「現実的に考える」という、言葉の意味。それは、「妥協」と「あきらめ」を、意味していたかもしれません。
「現実的に考える」とは、限られた、大して望まない選択肢の中から「選ばされる」ことを、意味していたかもしれません。

しかし、本当の意味で、「現実的に考える」こと。
それは、まず、この現実をよく知ることからスタートします。

本コースでは、現実世界の「現実の手触り」を、文字を通じて、ひとつずつ知ってゆきます。
ものごとの、意味理解。
それを、歪んだ世界観ベースではなく、健康な文脈で、定義し直して、理解し直します。
この世界の別な側面……さいしょから存在していた側面を、あらためて、知ってゆくのです。



見えていることが、すべてではない。
現実を、新しい目で「観察する」習慣をつけます。


言われたことを、うのみにしない。自分の心で、判断する

歪んだ目によってではなく、開かれた目で見ると、この現実の中にある様々な可能性を、見つけ出すことができます。

逆もまた、然りです。
健康な人なら、当然知っている「この世界の、暗い側面」。
「子どもの、魔法の解決法」によって、理解を飛ばされていた側面も、のぞいてみます。

明るい側面と、暗い側面。
どちらもから、目をそらさないことで、「現実を土台にして、工夫すること」が、できるようになります。

適切な状況判断ができる目が、培われてゆきます。
適切な状況判断に、「無限の可能性」を組み合わせると、現実的な選択肢を、増やすことができます。


「限られた選択肢に、無理に、自らを押し込んで、合わせてゆく」
そのような、病んだ、なじみのやり方ではなく。

自分の価値観を重心にして、自分の判断で、選択肢を生み出す練習をする。
学び、練習することで、自分に合った生き方を選ぶ機会を、「現実的」に増やすことができます。




 

コース進行表 |



「コース3/STEP.2(前期日程)」
【実体のある現実に、触れてゆく】
望む人生を、生きるために。
新しい基礎計画を、ひとつずつ立てる

| コース内容
第1週
  • 自己紹介をしよう。自分のテーマを宣言しよう。
第2週
  • 生きる権利・働く権利を確認する(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第3週
  • 生きる権利・働く権利を確認する(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第4週
  • ズルと「賢さ」(1)ズルの代償の、「影響」「広がり」の桁数を理解する。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第5週
  • ズルと「賢さ」(2)ズルの代償の、「影響」「広がり」の桁数を理解する。
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第6週
  • 現実的な計画:基礎プランを立てる(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第7週
  • 現実的な計画:基礎プランを立てる(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第8週
  • 現実的な計画:基礎プランを立てる(3)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第9週
  • 現実的な計画:基礎プランを立てる(4)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第10週
  • 本気で「自分を持つ」練習を、本気でスタートする。
    オッケーと NG のラインを決めておく(1)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第11週
  • 本気で「自分を持つ」練習を、本気でスタートする。
    オッケーと NG のラインを決めておく(2)
  • 日々の気づきをシェアーしよう。
第12週
  • 3ヶ月のあしあとをまとめよう。
  • 振り返ろう、自分を褒めよう。PAY FORWARD をまとめよう。

  • 1.

    「コース3/STEP.1」を終了された方がご参加可能です。
  • 2.

    「コース3/STEP.2(前期日程)」でおやめになり、「コース3/STEP.2(後期日程)」に進まれないことも可能です。
  • 3.

    「コース3/STEP.2(前期日程)」が完了した段階で、必要なサポートに回られた方がよい方、あるいは、必要な再訓練不足のため「ONSA WORKSHOP(対面式)」を受講された方がよい方には、お知らせ申し上げる場合がございます。
  • 4.

    「コース3/STEP.2(後期日程)」よりも先に、必要なケアーを受けられた方がよいと思われます方にも、フィードバックを申し上げる場合がございます。

    また、「コース3/STEP.2(前期日程)」に必要となる再訓練が不足している場合、お客様の安全性のため、継続しての受講をお断りする場合がございます。


おすすめのご参加タイミングと、ご参加期間中のアドバイス

1回目/1周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

日々、目にしていた現実が、まったく違った風に見える。
気持ちのアップダウンの激しい、12週間になるかもしれません。
一度で、全部を理解することを、自分に求めないことにします。
| 心がけると励みになること

挑戦している自分を、讃えます。
ゆっくり丁寧な消化で、1週ずつ、取り組んでゆきます。

2回目/2周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

新しい価値観に、目が開かれた後……。今度は、その価値観に、自分からなじんでゆく回を迎えました。
まったく同じ現実を、生きているにもかかわらず、その捉え方が変わってきたことに、驚くかもしれません。
| 心がけると励みになること

1週ずつていねいに、消化してゆきます。
自分の心を確認しながら、着実に、進めてゆきます。

3回目/3周回目でご受講される方へ |

| 大まかな方向性

3回目/3周目を受講する頃。肯定的な意味で、現実の中で、しっかり立ち回れるように、なりはじめているかもしれません。
| 心がけると励みになること

この現実を、安全に生きる「権利」は、誰にでも、当たり前にあるものです。
自分にも、あらゆる権利が、当たり前に「ある」。そう分かっていれば、争ったり、声高に叫ぶ必要さえない。
このことを「分かっている」という感覚に、実感として、慣れてくるかもしれません。
この感覚が、「自分重心」という感覚です。

他コース・他サポートと一緒にご受講される方へ |

| 大まかな方向性

必要なライフスキル(生きる技術)を学ぶ講座を、ニーズに合わせて、取るタイミングです。
必要に応じて学習し、現実的に必要とされるライフスキルを、伸ばすことをお勧めする時期です。

いわゆる「共依存」状態を健全に自覚され、回復作業中の方へ |

| 大まかな方向性

いわゆる「共依存」問題に、巻き込まれた者にとって、適切な「現実感覚」を身につけることは、非常に大事です。
「適切」という意味は、「現実で、動作する範囲」ということ。
過去に学んだ、
「現実的になること = 妥協してあきらめること」
こんな考え方を、手放すことを意味します。
| 心がけると励みになること

真に、現実的になること。
それは、「この現実」を土台にしつつ、その上で、さまざまな選択肢を見つけられる力が、つくことです。
そのためには、理想(=空想・妄想)や建前ではなく、現実にもとづいて考える力が必要。

本コースでは、それらの2者のあいだの、「些細」で「決定的」な違いを、ひとつずつ丁寧に、言葉にして理解してゆきます。
いわゆる「共依存」者にとっての、粘りどころです。





TO TOP