『書くことは、夢をかなえること』

BOOKS 出版書籍一覧 - 心を旅する
『書くことは、夢をかなえること』


画像
『書くことは、夢をかなえること』
発売日:2018年11月
出版社:Discover
価格:1500円(+税)

人生を動かす14のワーク。
『書くことは、夢をかなえること』

「書く」という、ありふれた行為。
その中に、あなたの人生を
根本から変えてしまうかもしれない、
大きな可能性が眠っています。


ストーリーに沿って、書き込むだけで、
「あなたの強み」
「本当にやりたいこと」
「夢への道筋」
……が見えてきます。

あなたの人生は、あなたが主役です。
あなたの「第一希望の人生」と、出会えますように。

画像
230ページ超の、充実の内容
画像
心と対話するためのワークスペース

もくじ

  1. STEP.1 – 暗闇
    変化が起こっていることに、気づく
  2. STEP.2 – 気づき
    ルールが変わったことを、自覚する
  3. STEP.3 – 宝ものをひろう
    弱点ではなく、長所をリストアップする
  4. STEP.4 – 作戦会議
    長所を活かした作戦を立てる
  5. STEP.5 – 挑戦
    「WIN – WIN」になれる場所を探す
  6. STEP.6 – 逆境
    決意の強さを、確かめる
  7. STEP.7 – 新たなステージへ
    新しい場所からの歓迎を、うけとってゆく

著者からのメッセージ

著者おすすめのつかいかた |本アイコン

この本を象徴する、いちばん好きなフレーズを、いちばんはじめにご紹介します。
それは、こんなものです。

「時間っていうのは、
スケジュール帳の枠とか線ではなくて、可能性なんだ。

命なんだよ。
ひまつぶしで、捨ててしまっていいほどの、重さじゃない。

だから、気づいたら、一刻も早く、自分に向き直れ。
自分に、本気になるんだ」


(『書くことは、夢をかなえること』より)


このフレーズが、この本のすべてを、象徴しているように……。

「あっ、人生の転機かも」
「ターニングポイントかも」


そんなふうに感じた時、手に取れるように。
あなたの役に立てるように、この本を作りました。


文節区切りの線


この本は、不思議な作りになっています。

第一に、ていねいな作りの、ワークブックです。

使ってくださる方が、ご自身と対話できるように、問いかけがあります。
その問いかけに答えてゆくうちに、少しずつ、自分が明らかになってゆくしくみです。

また、この本はストーリー仕立てになっています。
つまりは、フィクションなのです。
主人公が、いろいろな人や世界と出会ってゆくことで、みずからを深く知ってゆく……そんなストーリー。



文節区切りの線


自分を深く知った主人公は、やがて、現実を変えてゆきます。
現実のほうも、シンクロして、変わってゆきます。

それも、そのはず。

この現実世界は、徹頭徹尾、私たちの「内側」の反映。

そんなことが、主人公の動きをつうじて、きっと伝わってゆくでしょう。


ですので、もしかしたら誰しもが、
「あっ、これは私の話だ」
と感じる部分が、あるかもしれません。

そういう意味では、このストーリーは私たちにとって、ノンフィクションであるかもしれないのです。


文節区切りの線


言いたいことは、ひとつ。
この本を、あなたの人生のターニングポイントに、役立ててほしい。

ターニングポイントを、乗り越えるコツ。
それは、徹頭徹尾、「自分自身を知ること」ですから。






TO TOP